最近のトラックバック

カテゴリー

« 奴の名は... | トップページ | ガイダンス説明会に行ってきました! »

MBA志望のきっかけ②

今回もMBA志望のきっかけ(おっさんが今更自腹で学校行って、何を勉強したいのか?)について、もう少しだけ書きたいと思います。

研究計画書には下記のようことも書きました。

(研究計画書より抜粋)-------------------

社内コンサルタントという立場として、新製品開発プロジェクトや製品のコストダウン活動を支援している中で、その前段であるべき市場調査や製品戦略の検討が不十分なまま活動をスタートしているケースや、たとえ新製品開発や製品コストダウンに成功しても、競合他社との価格競争に巻き込まれ、その製品で計画通りの利益を上げることができないケースが目につくようになってきた。

 また、カンパニー制になってからは、本社部門がカンパニーに対し、経営戦略について助言し難い立場になったことに加え、私自身の得意分野がオペレーション・マネジメントの一部に限られていることもあり、市場調査や製品戦略、販売戦略といった技術経営(MOT)戦略の部分は、カンパニーの判断が「正」とした上で、活動を進めてしまっているのが現状である。

 そこで私は「重工メーカーにおける技術経営(MOT)戦略の現状とあるべき姿とのギャップ」について研究することで、戦略的に製品を開発し、それを効率よく生産し、それを高い利益率で販売するようなビジネスモデルを構築することができる企業体質へ改善するためのポイントを考察し、現在の社内コンサルタント業務に活かすと共に、将来、自身が経営者になった際のベースにしたい。

----------------------------------

伝わりますかね、私の考え。「うちの会社の戦略って誰がどうやって決めているのか?」について誰か教えていただけますか?⇒シーン...おそらく、この質問に対し、正しく回答できる人は少ないのでは?⇒これは私の仮説だけど...だったら、「自分で調べるしかなーーーーーい!!!」と思った訳です、36歳にして。(おそっ!!モリ、お互いトシ取ったなあ...)

まあ1.5年でどこまでできるかわかりませんが、MBA通学を通して、会社や世の中の仕組みについて少しでも理解が進めば良いかな?と思っております。よ~し、頑張るでえ、我が妻よ!

« 奴の名は... | トップページ | ガイダンス説明会に行ってきました! »

リコヤンの独り言」カテゴリの記事

コメント

私もはんさむに近づくべく
コツコツお勉強(業務に役立ちそうな)を始めています。
36歳から、ってもうすぐ37やし。

モリよ、お互いトシを取ったなあ...

全社orグループの戦略に、さほど意味は無く重要なのは、各カンパニーの戦略です。「カンパニー制」というのは、そういうものです。でも、「カンパニー制」は、もはや時代遅れです。

証券アナリストの友人が言っていました。
「総合重工とかって、何で儲けているかよくわかんないから、投資する気になれないよね。利益出ても、すぐに設備投資とかするから、株主に還元されない。そのへんをみんな知ってるから、株買わなくて株価も上がらない。」と。

ぜひ、研究で解き明かしてください!

カンパニー制が本来期待(みたいなものが明確にあったかどうかも定かではないですが)されるべき機能を発揮していないのは間違いないです。
構成している事業部も政治的理由でくっついたり離れたりでしたし。。。事業部内でも製担制とかですと、単なる中小企業の集まりみたいなもんで、カンパニーレベルの戦略の影も形も見当たらなくなったりしますからね。

個人的には事業部単位で持ち株会社制移行に1票です。
それと製造部門も利益責任を持つbenefit centerにすること。
真意はまた時間があるときにでも・・・。

TAKAHIROさん、コメントありがとうございます。なかなか興味深い考えですね。来週月曜にでも詳しく教えて下さい。(それより貴殿もFE試験頑張って下さい)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179561/28760045

この記事へのトラックバック一覧です: MBA志望のきっかけ②:

« 奴の名は... | トップページ | ガイダンス説明会に行ってきました! »