最近のトラックバック

カテゴリー

« ロバート・デニーロじゃないよの巻 | トップページ | 前例をつくるのだ!の巻 »

イライラスイッチ押しましょか?の巻

そういえば、先週の講義でこんなことがありました。

必読文献:巨大銀行の消滅/長銀「最後の頭取」10年目の証言 鈴木恒男著 東洋経済新報社 に関する全体討議の時のことです。

 「(受講生A)私は.....だと思います。」

 「(教授)おっ、正解にだんだん近づいてきましたねえ。」

 「(受講生B)私は.....だと考えました。」

 「(教授)今の人の方がシャープなコメントでしたねえ。」

討議は終始なごやかな雰囲気で進んでいました。教授も仏のような顔をしています。

 「(私の心)おっ、俺も発言しちゃおうかな?」

実は講義が始める前から「今日は初日だし、ガンガン攻めた方がいいかな?」と密かに思っていました。でも、私は金融の専門家ではありませんし、必死に上記文献を読んできたにもかかわらず、ほとんど内容を理解できませんでしたし...でもでもでもでも♪(⇒最近笑いに疎くなった私でも、さすがに「そんなの関係ねえ!」とは思いませんでしたが...)その瞬間、私の中にかすかに存在する「ちょっとだけ目立ちたい!」というお調子者の性(さが)が...気がついたら手を挙げてしまっていました。あちゃ~。

 「(教授)どうぞ!」

おおおおおおおっ、ホントに当たっちゃった。ど、どうする?言っちゃえ。私が発言したポイントは下記の通り。

 ①政府やアメリカ等の外部環境の変化に対する対応が少し甘くなってしまったのではないか?(内部環境の問題があまりに大きすぎて、少し視野が狭くなってしまっていたのではないか?)

 ②将来の見通しが少し甘かったのではないか?本件は長銀だけで解決できる問題ではないように感じる。もっと早い段階で政府等へSOSを出した方が良かったのではないか?(ここを凌げば、なんとか回復できるかも...と思っていたのでは...)

 「(私)私は技術系ですので、間違っているかもしれませんが.........だと思います。」

すると...先程まで仏のような顔をしていた教授の顔が急に赤くなり、みるみるうちに鬼の形相に変化していきました。そして...

 「(教授)長銀の頭取の・し・や・が・せ・ま・い・だ・と~!(視野が狭いだと~!)」

なんと、教授を怒らせてしまいました。え~~!やっばー。でもそんなに怒らなくてもええやん。よくわかりませんが、教授のイライラスイッチをドンピシャで当ててしまったようです。あああああああ、そういえば高校時代にもある先生を急に怒らせてしまって、20発くらい連続ビンタをくらったことあるな~、なんてまたしても若かりし頃を思い出してしまいました。(⇒懐かしいやろ、チャー)

あとで隣の友人から「(友人)全然おかしいコメントとは思わなかったけど...」と慰められました...まあ、全然気にしていませんけど、なにか?(おぎやはぎ風)

« ロバート・デニーロじゃないよの巻 | トップページ | 前例をつくるのだ!の巻 »

リコヤンの独り言」カテゴリの記事

コメント

ハンサム日誌ちょいちょい読ませてもらってます
とっても大変そう、でも教授も視野が狭い?
ところでダントツの品質を実現している企業 
エイベックスとか??(ノ∀`) アチャー ワカンネーェ

ゆかってぃさん、コメントありがとうございます。エイベックスは気づきませんでした。やりますね。私が最初に思いついたのはディズニーランドです。久しく行ってないですが(笑)

経営学や経済学ってほんと難しそうですね。
私は昔から不思議に思っていたのですが
食糧ならまだしも、10年20年壊れない製品が
次から次へと作られていて、よう物が飽和状態に
ならんもんやなと。
誰かうまいこと調整しているんでしょうか。
素人考えですんません。

自分の興味を持っていない分野を強制的に勉強させられる大学っていいもんだと思いますね。
さっそく私も長銀破綻の経緯、本読んでみます。

>モリさん
日本で物があふれないのは外に出てってるからでは。
中古車が海外へ出てっているのは有名っすが、最近の家電リサイクルなんかも怪しいとにらんでいます。

ぱんちんぐ・ぱんちさん、コメントありがとうございます。長銀の本は「知らなかった世界を知ることができた」という意味では非常に良かったです。もう読み終わっているので、今度お貸ししますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179561/29021217

この記事へのトラックバック一覧です: イライラスイッチ押しましょか?の巻:

« ロバート・デニーロじゃないよの巻 | トップページ | 前例をつくるのだ!の巻 »