最近のトラックバック

カテゴリー

« お手々のしわとしわをあわせて「しわ寄せ(ちがうか?)」の巻 | トップページ | お願いですから、そっとしておいて下さい...の巻 »

資格はかっこいい服...の巻

そういえば最近、名刺交換をすると「たくさん資格を持っていて、スゴい(ヒマ?or資格マニア?)ですね~」とよく言われます。ちょっと悲しい。そこで先日、社内誌に「私の資格に対する考え方」の記事が掲載されましたので、参考に紹介したいと思います。

---------------------------------

---Professional EngineerPE)の資格を取ろうと思ったきっかけは何ですか

私は、20051月に当時のプラントBCからものづくり推進部に異動しましたが、異動して初めて「何も武器がない、裸の自分」に気付いたのです。そこで「今までのキャリアを形に残したい」という思いが強くなり、資格取得を目指すことにしました。

その結果、ここ34年の間に、PE資格、技術士/経営工学、一級建築士、PMP(米国プロジェクトマネジメント資格)、VEスペシャリストなどを取得しています。これらは、業務改善やコストダウンなどに関する社内コンサルタント業務に携わるようになったことも影響しています。社内コンサルタント業務では、対象が会社本体およびグループ企業全体であるため、業種や製品の種類が多様で、非常に幅の広い知識が要求されているからです。

---PEとはどんな資格ですか

PEは、アメリカ版の技術士で、エンジニアとして工学的な基礎知識を有していることを証明する資格です。エンジニアとしての免許であり、アメリカではPEの資格を取得しないとエンジニアとしては認められません。海外でのエンジニアリング業務では、設計図にPEのサインが求められる場合もあります。また、PEFEという一次試験の合格を経て受験が可能となります。

---試験勉強はどのように進めたのですか

200710月から東京でも受験できるようになったことを知り、技術士の二次試験が終わってからの2か月間、集中して勉強しました。平日は帰宅後に3時間、休日は10時間、受験用の参考書と問題集で勉強しました。途中で挫折しないように、試験を受けることを周りの人に宣言し、自分にプレッシャーをかけ続けました。

---いろいろな資格を取ったメリットは何ですか

PEなどの資格を通じて社内外に人脈が広がったことが一番のメリットです。仕事の可能性も広がるのはもちろん、キャリア意識の高い人からいろいろな刺激を受けられます。私は「資格はかっこいい服」だと思っています。もちろん一番大事なのは中身(実力)ですが、今までのキャリアを示すために一着ぐらいかっこいい服(資格)を持っていた方が、自分も家族もより安心するのではないかと思います。

私が調べた限り当社の中でPEの資格を持っている人はいなく、この掲載がきっかけとなって興味を持つ人が増え、グループ内でも情報交換できたら嬉しいですね。興味を持った方は是非お声をかけて下さい。

---------------------------------

上記のような記事を掲載した結果、約100名を超える方からメールをいただきました。そのうち半分は「お前、載っとったな~!ヒューヒュー!」という冷やかし。残りの半分は「共感しました!私も何かやらねば!でも、忙しいのでなかなか...」という当たり障りのない回答。そんな中...唯一独りだけPE志望に名乗りをあげ、実際にFE受験まで漕ぎ着けてくれました。私が心から尊敬する同士(後輩)の一人。こんな同士がいる限り、私もどこまでも昇り続けなければ「示しがつかないぜ!」という思いもあり、MBA入学を決意したと言っても過言ではありません。

Takahiroさん、将来偉くなっても私のことを見捨てないでねん。

« お手々のしわとしわをあわせて「しわ寄せ(ちがうか?)」の巻 | トップページ | お願いですから、そっとしておいて下さい...の巻 »

リコヤンの独り言」カテゴリの記事

コメント

出ましたね、あの名言(笑)
RSSリーダーで表示された瞬間思わずクリックしてしまいました。

お互い打てなくなるほど出てしまった杭を目指しましょう!

Takahiroさん、コメントありがとうございます。
そうですね、お互い叩かれても叩かれても闘い続けましょう!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179561/29702827

この記事へのトラックバック一覧です: 資格はかっこいい服...の巻:

» PE・FEについて [mono-B-LOGue]
試験もひと段落したので、これまで説明なしに記事にしていた、「FE試験」について少し書いておこうと思います。 FE試験とは、「Fundamental Engineer」試験の略で、PE試験の1次試験に相当します。 PEとは、「Professional Engineer」の略で、アメリカの技術士資格です。 日... [続きを読む]

« お手々のしわとしわをあわせて「しわ寄せ(ちがうか?)」の巻 | トップページ | お願いですから、そっとしておいて下さい...の巻 »