最近のトラックバック

カテゴリー

« 新チーム発足!の巻 | トップページ | 祝100回記念!の巻  »

私をリコヤンと呼ぶなら、彼はリーマン?立志伝?の巻

ブログに強力リンク貼りました。その名も「サラリーマン立志伝」。知ってる人は知っている。知らない人は是非見てみてねん。これにて09MBA同期生の「ブログ部」正式立ち上げです!イエス!が、部員2名...部長と副部長のみ。サブいな~。部員募集中です!(新米課長?アサヤン?)

ちなみに「サラリーマン立志伝」は、本ブログより非常にわかりやすく授業の内容について纏めていますので、マジメな方は是非「サラリーマン立志伝」を参照下さい!(私のブログは、まあ暇つぶし程度で...)

さて、下記は627()の講義報告です。

-------------------------------------------------

土曜3~5限:ファイナンス応用研究④⑤⑥

1)「リスクとリターン:ポートフォリオとCAPM」「資本コストの推定」「資本コスト経営」に関する講義があった。印象的な話は下記の通り。

・資本コスト=投資家の期待収益率=DCF法の割引率=無リスク利子率(国債の利回り)+リスクプレミアム(リスクを負担することに対する報酬)

・平均が期待収益率、分散がリスク⇒リスク単位あたりのリターンで比較する!

・ポートフォリオ:複数の証券や資産の組合せ⇒うまく作るとリスクが小さくなる!

・分散投資は株主に任せ、企業は選択と集中に徹すればいい。(教授)

・ベータ係数β:TOPIXの変動率を1とした場合の個々の銘柄の変動率。⇒(参考推定値)保険会社1.82、サービス1.14、食品0.49、医療品0.42、電力ガス0.13

・資本資産評価モデルCAPM:個別資産のリスクとリターンの線形関係。株式資本コスト=無リスク利子率+β×マーケットリスクプレミアム ⇒式を覚えること!

CAPMの意味:個別株式はマーケットに連動していることがわかる。βが大きい証券はマーケットよりも変動が大きいという意味でハイリスク、βが小さい証券はマーケットよりも変動が小さいという意味でローリスクと言える。

・無リスク利子率:国債10年物利回りを採用することが実務的には最も多い。

・マーケットリスクプレミアム推定値=TOPIX平均収益率-国債10年物利回り平均

・加重平均資本コストWACC:負債比率×負債コスト+株式資本比率×株式のコスト

-------------------------------------------------

つづく

« 新チーム発足!の巻 | トップページ | 祝100回記念!の巻  »

リコヤンとファイナンス」カテゴリの記事

コメント

部長についていきますよ!

貴殿のブログリンクを貼った途端に、ココログブログの調子が悪くなってしまいました。負のパワー、恐るべしですね。

本当!!リコヤンサポートデスク、
ありがとうございました。
やっと、パソコンからアクセス出来ました☆
リンクのせいなのか・・・。
さすが副部長。

先日は弟さんが大活躍だったRST JAPAN ROUND打ち上げでしたが、またまた新チームを発足されたんですね。お祝い申し上げます!

もーりーさん、コメントありがとうございます。
毎日見ていただいているみたいで何よりです。今後もどしどしコメント下さいね。

ほっとせいさん、コメントありがとうございます。
新チームもRST同様、もーりー上げていきますよ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179561/30341102

この記事へのトラックバック一覧です: 私をリコヤンと呼ぶなら、彼はリーマン?立志伝?の巻:

« 新チーム発足!の巻 | トップページ | 祝100回記念!の巻  »