最近のトラックバック

カテゴリー

« コア技術戦略?ポジショニング?の巻 | トップページ | バンドーです!(⇒似てね~)の巻 »

意外な場所で再会...SPSSの巻

先程旅行から帰ってきて早くも戦闘モードです!さて、下記は718()からスタートした「サーベイリサーチ法応用研究」の講義報告です。

-------------------------------------------------

土曜1~2限:サーベイリサーチ法応用研究①②

1)「コース概要」に関する説明があった。主な内容は下記の通り。

・本講義の目標は、修士論文等でアンケート調査を一通り自分でできるようにすることであり、統計ソフトウェアとしてMS-ExcelSPSSを利用し実践的に授業を進めていく。

2)「経営学研究法」に関する講義があった。印象的な話は下記の通り。

・経営学研究法には、①定量的分析(アンケート調査法・実験法・二次データ分析法)、②定性的分析(インタビュー・参与観察法・資料分析による事例研究)、③数学モデル(経済モデル・数理モデル・シミュレーションモデル)がある。

・一次データ:ある特定の研究目的のために、アンケート調査や実験等を行って自ら収集したデータ。⇒(特徴)協力企業等の状況にもよるが、基本的に研究目的に合致したデータが収集できる。が、手間隙がかかる。

・二次データ:他人が他の目的で収集したデータ、あるいは政府機関等が公表する公共のデータ。⇒(特徴)客観性に富んだデータが入手できる。が、研究目的と完全に合致している場合は少なく、実際に測定したい変数を既存の二次データの変数で近似的に利用することが多い。

・アンケート調査や実験法は一次データを、既存資料あるいはデータに基づく二次データ分析法は二次データを利用する。

・参与観察法:例えば、ある組織内の営業部と技術部の人間関係の形成を探るのに、実際にその組織内に入ってみて観察する研究方法。

・資料分析による事例研究:ごく普通の事が新聞記事になるようなことはないので、新聞記事には特殊例が多いということに注意しなければならない。また、会社にとって都合の悪いデータは一般的に公開されていないということも留意しなければならない。本にしても、当たり前の事実をただ並べているだけでは誰も読まないので、面白い本を強調している可能性、あるいは、特殊例を並べている可能性があることに注意を払わなければならない。

----------------------------------------------

本講義ではSPSSという統計解析ソフトを利用するのですが、実は私はこのソフトとは仕事上で少しだけ縁があり、昨年東京恵比寿にあるSPSS社を訪問したこともあります。だからこれを機に、SPSSの理解を深めたいと思っています!

« コア技術戦略?ポジショニング?の巻 | トップページ | バンドーです!(⇒似てね~)の巻 »

リコヤンとサーベイリサーチ法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179561/30636989

この記事へのトラックバック一覧です: 意外な場所で再会...SPSSの巻:

« コア技術戦略?ポジショニング?の巻 | トップページ | バンドーです!(⇒似てね~)の巻 »