最近のトラックバック

カテゴリー

« 実録!ニカラグア物語②の巻 | トップページ | MOT(もっと)頭を整理します...の巻 »

実録!ニカラグア物語③の巻

JICA突撃訪問メモの続きです。

-------------------------------------------------

4.ニカラグアのその他の問題(つづき)

・コーヒー農家は、地主と小作が居る(※産業振興をしても小作にはまわらないのではないか)。地主には外国資本もあり、Kさん自身、ニカラグアでコーヒーづくりを検討している企業から案内を頼まれたことがある。

・首都には台湾の服飾メーカーの工場がある。が、「働かせすぎ!」と評判が悪い。また、キューバ企業のタバコ工場があるが、非常に環境の悪いところで小さな子供が働いている。

・ニクラグアのひとは日本のことを知らないので、中国人と思われたり、評判の悪い台湾企業のひとと間違えられたりした。そこで、生徒たちには紙芝居で日本のことを紹介した。

・道路は首都やメインの道路は舗装されているが、ちょっと外れると舗装されていない道路が多い。

・現地ではホームステイだった。停電は毎日、水が出ないことはしょっちゅうだった。

・主食はトルティージャ+米+豆の煮たもの。フルーツは豊富なので(マンゴなど)、フルーツばかり食べていた。

・教員の給料で8千円~1万円/月程度。ただし、これだけでは食べていけないので、アルバイトをしている人が多かった。

・教育を受けてもそういう良い人材は海外(アメリカ・メキシコ・コスタリカ等)へ出て行ってしまう。アメリカで「お手伝いさん」になる人も多いらしい。海外へ出て行った人は、故郷へ仕送りしている。

・公務員は安定した良い職業らしいが、公務員になるのは非常に難しい。血縁なども関係あり。

・ニカラグアには巨大ファミリー企業(Pellas一族ぺジャス)がある。ラム酒(フロール  カーニャ/サトウキビの花という意)やビール等が有名。学校や病院も持っている。

・大統領は選挙で決まる。反米意識が非常に強い。

・市場に行くと、同じような店ばかりがずっと並んでいるのが不思議だった。そもそも「差別化」ということに関心がないのかもしれないと思った。別の機会にケニアを訪れたときも、同じような光景を見た(※もしかすると、商業や経営に関する教育も必要なのかも?)。

-------------------------------------------------

見知らぬ国の現状に関するヒアリングは、思った以上に勉強になり、また刺激になりました。当面は途上国の情報収集に努めたいと勝手に思っています!国際協力推進員のKさん!今後とも宜しくお願いします!

« 実録!ニカラグア物語②の巻 | トップページ | MOT(もっと)頭を整理します...の巻 »

リコヤンとRST」カテゴリの記事

コメント

>・市場に行くと、同じような店ばかりがずっと並んでいるのが不思議だった。そもそも「差別化」ということに関心がないのかもしれないと思った。

売られていた物にも依るので、あまり詳しくは分かりませんが、
需要より供給が少ないと、差別化する意味は無いです。

パンを主食にしていて、
毎日1億個のパンを消費する市場があるとします。
パンを生産する企業が2社あって、
両社とも最大限生産すれば1億個生産できるとすると、
2社が目一杯生産すると、1億個余ってしまうわけですから、
価格競争を避けるために差別化が必要になります。


しかし、例えば、材料が収穫できずに、
最大限生産しても4千万個ずつしか生産できないとなると、
どうなるでしょうか。

市場としては1億個消費したいんだけど、
生産できるのは合計8千万個。
どっちの企業のパンかは関係なく、パンは売れるので、
コストをかけて差別化する必要性はなくなります。

ですので、教育が必要かどうかを考える前に、
その財の需要と供給のバランスがどうなっているのか、
また、その財は生活必需品なのかかどうか調査が必要ですね。

本流とは関係の無いところでゴメンナサイ。

真下さん、コメントありがとうございます。
需要と供給!さすがビジエコの申し子!帰って教科書を復習します。貴重なアドバイス、ありがとうございましたgood

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179561/30993377

この記事へのトラックバック一覧です: 実録!ニカラグア物語③の巻:

« 実録!ニカラグア物語②の巻 | トップページ | MOT(もっと)頭を整理します...の巻 »