最近のトラックバック

カテゴリー

« 天竺までの道のり③~混戦模様へ...の巻 | トップページ | ジーセックって?の巻 »

天竺までの道のり④~一歩大人になった悟空の巻

下記、「西遊記チーム/優勝までの道のり」のつづきです。

-------------------------------------------------

◎7月23日(木):創業者との面談

ついに創業者の兄弟+社長との面談が実現。事前に「この面談は儀式みたいなもの!写真が撮れれば御の字!」と言われつつも、実際にお会いしてみな感動・感激!テンション上がってどんどん質問してしまいました...面談でのポイントは下記の通り。

1)現場種技=技術の種は現場にある!

2)昭和30年に「世界の古野」を宣言!⇒自由化を前に籠城ではなく世界へ打って出た!

3)モノを売るのではなく、効果を売れ!効果とは、魚を効果的に獲ること!

4)フルノを支える3つの経営理念「買って喜ぶ、売って喜ぶ」「経営は創造である」「社員の幸福は会社の発展と共にある」

5)80代にして、いきなりケンカを始める創業者兄弟...(元気だ~)

この晩、最終発表者についてメンバーで議論。第2回中間発表の出来から、当然「悟空」と思いきや、他メンバーはリーサルを指名。「えっ?うそ?悟空の中間発表での功労は無視?みんな勝ちたくないの?」と思いつつも、多数決で既に決着気味。その場は冷静を装うも、帰り道で一人、大声で叫ぶ。「(悟空)ふざけんなよ!」

◎7月24日(金):プレイヤーからプロデューサーへ

冷静になって一晩考えた上、発表者を譲ることで納得。下記メールをメンバーへ送った。

--------------------------------------------

(省略) 発表者の件は100%納得していますのでご安心を!「勝ちたい!」とか「見せつけたい!」と私が思っていたのは、実は「自分のことしか考えてなかった...」ということに改めて気づかされました。 昨晩、皆さんが「自分のため」より「チームのため」を考えていることを知り、非常に恥ずかしい気持ちになりました。このケース PJはチーム活動。最後の最後に、チームとして「本当の一枚岩」になるためには、 リーサルがやった方がいい、と私も100%納得しました。しかし、プレイヤーとして自分ですべてこなす方が「楽」でしょうから、正直これから更に大変ですね(笑) リーサル、マジで頼みますよ!
後で「なんで孫悟空 が発表者やらなかったの?」と言われないよう 残り2週間は「準備とサポート」に徹したいと思います。また個人的には、前回プレイヤーとしては見せつけたつもりですので、今度はプロデューサーとして見せつけたいと思います。 (省略)

◎7月30日(木):フィールドワーク⑧

古野電気㈱を訪問し、Y松取締役とA海課長へのヒアリングを実施。なぜ高い技術力が維持できているのか?に関する仮説をぶつけた。ここである程度、納得がいく回答が得られた。これでネタはすべて揃った!

-------------------------------------------------

つづく

« 天竺までの道のり③~混戦模様へ...の巻 | トップページ | ジーセックって?の巻 »

リコヤンとケースプロジェクト研究」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179561/30937323

この記事へのトラックバック一覧です: 天竺までの道のり④~一歩大人になった悟空の巻:

« 天竺までの道のり③~混戦模様へ...の巻 | トップページ | ジーセックって?の巻 »