最近のトラックバック

カテゴリー

« ザ・経営学!の巻 | トップページ | そろそろ飲み方を変えないといけないのですが...の巻 »

間違いない!は間違いだった?の巻

下記は 919 ( )の講義報告のつづきです。

-------------------------------------------------

土曜2限:マネジメント・コントロール応用研究①

1)「コース概要」に関する説明があった。主な内容は下記の通り。

・本講義のテーマは、マネジャーが組織を管理するための会計に関わる仕組みの考察。

・仕組みの役割は、戦略を実現する、つまり戦略をいかに組織構成員の行動につなげ、パフォーマンスに結びつけるかという点にあり、具体的には組織業績管理とコストマネジメントから構成される。

・組織業績管理は、組織目標や戦略を実現するための組織活動を計画・コントロールする一連のプロセスであり、コストマネジメントは、継続的にコスト低減を図りながら、顧客に提供する製品やサービスの価値を向上させる活動である。

2)「戦略実行とマネジメントコントロール」に関する講義があった。印象的な話は下記の通り。

・必読文献:ロバート・サイモンズ「戦略評価の経営学:戦略の実行を支える業績評価と会計システム」⇒この本から読み取れるのは、戦略がしっかりしていないとマネジメントコントロールは意味が無いということ!

・経営の問題を解決するには人へのアプローチと仕組みへのアプローチがあり、マネジメントコントロールは仕組みへのアプローチである。

・誤った原価情報で組織全体の収益性が低下?⇒例:山武/小型バルブにはあった競争力が大型バルブには無かった。後日、コスト構造に問題があることが判明!

・厳格な予算管理で短期的利益を確保できているが、将来の成長性に向けた投資ができない?⇒例:パナソニック/厳格な予算管理は、ライフサイクルの短い製品には不向きな面がある? (厳格過ぎると、変化に対応しにくい? )

・戦略実行のためにプロセスマネジメントを導入したが、リスクテイクできなくなってしまった。⇒例:研究開発部門/研究者はチャレンジしなくなる!

・内部管理の仕組みは組織成員の行動に影響を与える。⇒仕組みは経営にとって大事!

Return on Management(ROM):マネジメント投下利益率。不足しがちな経営者の時間と関心を、投資して得られるリターンで測るもの。ROM=( 消費された生産的なエネルギー)÷(マネジメントに投資された時間と関心 )

-------------------------------------------------

実は以前RST で准教授の英語による講義を聴いたことがあったのですが、今回ガラリと印象が変わりました。( メチャわかりやすかった!)今後の講義も非常に楽しみです!

しかし、似てますね...昨年アメリカへ行ってたとか、最近テレビに出たとか聞くと、益々「あの人」とカブッてしまいます。テレビってひょっとしてエンタの神様?その人風に言うと「私の講義は日本語だったら間違いない!」と言ったところでしょうか?

« ザ・経営学!の巻 | トップページ | そろそろ飲み方を変えないといけないのですが...の巻 »

リコヤンとマネジメントコントロール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179561/31453900

この記事へのトラックバック一覧です: 間違いない!は間違いだった?の巻:

« ザ・経営学!の巻 | トップページ | そろそろ飲み方を変えないといけないのですが...の巻 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ