最近のトラックバック

カテゴリー

« 200件安打?までカウントダウン開始!の巻 | トップページ | 予算が余ると無理やり全部遣おうとするのはちょっと...の巻 »

私こう見えても結構「気遣い(きぃつかい)」なんです!の巻

下記は 925 ( )の講義報告のつづきです。

-------------------------------------------------

金曜5~6限:コーチング⑦⑧

3)リーダーシップアセスメントの返却があり、その内容に関するコーチング・エクササイズを行った。エクササイズの中での自分なりの気づきは下記の通り。

・自分が予想していた以上に、周囲の方(現在コンサルをしている社内プロジェクトのメンバー)からは評価されていた。

・しかしながら、評価されている=気を遣われているor いまだ真の仲間と認められていないのでは?と疑ってしまう部分が多少ある。⇒そして、(ここからが重要なのだが)なぜ疑ってしまうのか?についてコーチングを受けたところ、「本当はもっともっと踏み込んだサポートを行いたいのだが、現状それが出来ていない」という、自分の中に後ろめたさがあるからではないか?という点に改めて気づくことができた。

4)鈴木社長とK 教授の対談式インタビュー講義があった。印象的な話は下記の通り。

・コーチングでは、相手の気持ちになるということが大事。⇒電車に乗っていても、前の席の人と同じ体勢をとり、「この人は今どんな気持ちなのか?」について考える訓練をしている!

・コーチングにとって、クライアントの視点を変えてあげることが大事。そのためには、その人のスタンスを理解して、そのスタンスの逆に立って質問をすると、上手くいくことが多い。⇒例えば、過去にこだわっている人には未来の話を、など。

・波風が立たない研修にするための工夫:①冒頭に深々と頭を下げる(低姿勢)、②最初にインプレッシブな話をする( この人は、自分が経験したことのないことを経験した人なんだということを印象づける) 、③1日目は断定的な表現をなるべく避ける (ただし、2 日目は断定的な言葉も使いまくる)

・人の意識は徐々に変わるのではなく、瞬間的に変わる。⇒幼少時に蜘蛛を見て以来、蜘蛛が怖い、など。恐怖を学習するのも瞬間だが、治すのも瞬間で出来る!

5)1013 ( )までに下記2 つのレポートを提出すること。

・自分がコーチングを受けたいテーマを設定、それに対して自分で質問を30 個作成。

・まずは周囲でひとりコーチングをする相手を決め、コーチングを実施。そして、そのコーチングの戦略とセッションの振り返りの検討内容について纏める。

-------------------------------------------------

実は、私も社内研修で年上の方々を相手に講師をする機会が多いのですが、波風が立たない研修にするための工夫に関しては、全く同じことをしているのでビックリしました。(低姿勢+インドネシアの血尿話+断定的な表現は避ける)このコーチングの講義は本当に気づきが多く、大変勉強になりました。機会があれば、一度コーチ Aの講義を受けたいと思います!本当にありがとうございました!

« 200件安打?までカウントダウン開始!の巻 | トップページ | 予算が余ると無理やり全部遣おうとするのはちょっと...の巻 »

リコヤンとコーチング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179561/31541631

この記事へのトラックバック一覧です: 私こう見えても結構「気遣い(きぃつかい)」なんです!の巻:

« 200件安打?までカウントダウン開始!の巻 | トップページ | 予算が余ると無理やり全部遣おうとするのはちょっと...の巻 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ