最近のトラックバック

カテゴリー

« 予算が余ると無理やり全部遣おうとするのはちょっと...の巻 | トップページ | 個人(コジん)的には期末コジレポもコジティブに!の巻 »

コジってコジってコジり倒した先に見えたものとは?の巻

下記は 926 ( )の講義報告のつづきです。

-------------------------------------------------

土曜3~5限:経営戦略応用研究⑬⑭⑮

1)「事業戦略」に関する講義があった。印象的な話は下記の通り。

・後発優位のほとんどの会社はコスト・イノベーションで先発会社を逆転しており、後から独自優位を高めていく戦略をとっている。

・製品投入初期は個性的なデザインをした商品も、生産工程の変革とマーケットの荒波にさらされてイノベーションを繰り返していくうちに、同じようなデザイン、ドミナント 支配的な デザインになっていく、という法則がある。

・競争領域を決める時には、移動障壁(= 優位源泉を作り出せるか について考えておく必要あり。

2)「事業システム」に関する講義があった。印象的な話は下記の通り。

・顧客価値顧客便益 顧客コスト 何を上げて、何を下げるのが顧客にとって良いのか を考える必要がある。

MRO(Maintenance Repair and Operation): 消耗品・補修用品など、企業内で日常的に使用されるサプライ用品のこと。企業向け電子商取引の有望な分野として早くから注目され、大企業向け購買支援システムから中小企業向け物販サイトまでさまざまな業者が参入している。

・顧客価値を考える場合、一次顧客だけでなく、二次顧客や最終顧客の価値まで考える必要がある。

ESI(Early Stage Involvement) 活動開発プロセスの早い段階から、部品供給メーカーの協力を得る活動

・価値連鎖バリューチェーン ):製品やサービスを顧客に提供するという企業活動を、調達 開発 製造販売 サービスといったそれぞれの業務が、一連の流れの中で順次、価値とコストを付加・蓄積していくものととらえ、この連鎖的活動によって顧客に向けた最終的な「価値」が生み出されるとする考え方。

Valuechain

----------------------------------------------

つづく

« 予算が余ると無理やり全部遣おうとするのはちょっと...の巻 | トップページ | 個人(コジん)的には期末コジレポもコジティブに!の巻 »

リコヤンと経営戦略応用研究」カテゴリの記事

コメント

はじめまして
頭がハンサムになりそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179561/31544957

この記事へのトラックバック一覧です: コジってコジってコジり倒した先に見えたものとは?の巻:

« 予算が余ると無理やり全部遣おうとするのはちょっと...の巻 | トップページ | 個人(コジん)的には期末コジレポもコジティブに!の巻 »