最近のトラックバック

カテゴリー

« 読書の秋とは言うものの...巻 | トップページ | ネクスト・マーケット!の巻 »

絶対能力の巻

人の絶対能力を六角形とか八角形のような多角形で表現する場合、どこが尖っているか等の形は人それぞれ違えども、「合計の面積にそれほど個人差はない!」と言うのが私の持論です。どんなに優れた人でも合計面積は一緒、人の絶対能力は2倍も3倍も差はつかないはず。何かに長けていれば、何かで劣っている。人間、そんなものではないでしょうか。

ただし、努力をすることによってのみ、その合計面積を少しずつではありますが、増やすことができる!とも思っています。そして、ここが大事なのですが、努力して少しずつ増やした能力は、不思議なことに他人へ容易に伝わる。つまり、ちょっとした差(努力)が非常に目立つのだと思っています。

という訳で、ちょっとでも自分の面積を増やすべく、今日も朝からサーベイリサーチの授業を受けております...

« 読書の秋とは言うものの...巻 | トップページ | ネクスト・マーケット!の巻 »

リコヤンの独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179561/31340867

この記事へのトラックバック一覧です: 絶対能力の巻:

« 読書の秋とは言うものの...巻 | トップページ | ネクスト・マーケット!の巻 »