最近のトラックバック

カテゴリー

« ラストピーチ!の巻 | トップページ | いつも通り「お上品に!」の巻 »

ポジティブか?ネガティブか?それとも、コジティブか?の巻

下記は912()の講義報告のつづきです。

-------------------------------------------------

土曜3~5限:経営戦略応用研究⑩⑪⑫

3)「事業戦略」に関する講義があった。印象的な話は下記の通り。

・競争優位のタイプ:①独自優位、②コスト優位、③時間優位⇒競争優位のどれを追及するかを、戦略目的として明確に設定することが重要!

・時間優位:買い手によって価値のある製品・サービスの提供を競争相手よりタイミング良く、早く始め、追いつかれないスピードで続けることができること。先発優位が含まれる。⇒時間は常に新たな事業環境の変化を作り出している!

・競争優位源泉:①独自優位源泉(製品開発力・調達力・マーケティング力・ブランド力・生産力・販売力・顧客対応力など)、②コスト優位源泉(製品開発力・調達力・生産力・規模の経済性・範囲の経済性など)、③時間優位源泉(タイミング・先発力・スピードなど)

・戦略の窓:市場での競争優位に導く需要・環境要因と企業の持つ独自能力となる戦略資産が適合する限られた期間。⇒特定企業にとって独自の市場機会となる!

・ビジネスライフサイクルの所々に戦略の窓がある。⇒次の局面で優位な源泉を持ってさえいれば、局面が変わる時に十分チャンスがある!

4)「ケース:トヨタ自動車㈱」に関する全体討議があった。印象的な話は下記の通り。

・成長戦略に対する評価○:北米市場を拡大し、ビック3を追い抜く!⇒資産効率をやや落とし、生産拡大・金融事業による販売拡大!(我がチームの見解)

・成長戦略に対する評価×:金融危機を境に販売激減、設備過剰と逆のサイクル!⇒米国の経済バブルに対する余剰生産能力の調整必要!(我がチームの見解)

・短期的には、余剰生産能力の削減(閉鎖・売却・人員削減)が必要では?⇒生産能力1,000万台から実需要650万台へ(我がチームの見解)

・今後の提案に「人員削減」とあったが、具体的な数字が無い。これではスローガンであり、戦略の策定とは言えない。(教授)⇒地域別の固変費用データが開示されていないので、これ以上の検討は無理ではないか?(学生)

・「適時・適地・適車」の観点で言うと、適車の戦略に少し問題があったと言えるのでは?(教授)⇒単年の赤字を見て、戦略が失敗だったと言っていいのか疑問。アメリカの景気が回復した時に、生き残っているのは間違いなくトヨタ。ビッグ3を追い抜くための成長拡大戦略に問題があったとは言いにくいのでは?(学生)

-------------------------------------------------

トヨタの戦略をポジティブに取るのか?ネガティブに取るのか?は難しいと思います。ただ個人的には、現時点ではあまりネガティブに考える必要はないのでは?と思っています。

« ラストピーチ!の巻 | トップページ | いつも通り「お上品に!」の巻 »

リコヤンと経営戦略応用研究」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰してます。お元気ですか?がんばってますね~すごいバイタリティ!!尊敬します!


近況からいろいろ学んでいますので、少しだけフィードバックします。Business Administrationの仕事では、曖昧なデータ・少ない情報(時には情報すらないか、嘘の情報)で、損益を予測したり、戦略を作ったり、意思決定する機会ばかりになります。それでも、自分のクビを掛けてCEOやCFOへ説明する責任はあったりもします。

MBAの間に「データがなくても、意思決定する」
能力を身に着けると、将来強いと思います。

経営の実際では、不確実性だらけですし、経営学のセオリーも役に立たないことが多いです。仮説検証能力と、”黒いものを白い”と説き伏せる能力は、必ず役に立ちます。

あらーきーさん、コメントありがとうございます。(元気そうで何よりです)
不確実性が多い中で戦略を決める必要があること、勉強しております。今後は戦略のロジックを更に学んでいくことで、間違った判断した場合にフィードバック(反省&学習)が出来るようになりたいと思っています。
いやあ、MBA最高です!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179561/31383782

この記事へのトラックバック一覧です: ポジティブか?ネガティブか?それとも、コジティブか?の巻:

« ラストピーチ!の巻 | トップページ | いつも通り「お上品に!」の巻 »