最近のトラックバック

カテゴリー

« 絶対能力の巻 | トップページ | ブログで失礼なことを書くかもしれませんが、よろしいですか?の巻 »

ネクスト・マーケット!の巻

MBA コースも24週目が終了。最近は仕事 テーマ&コジ&GSEC&ゼミと盛り沢山過ぎて、完全に溺れています... が、なんとか生きていますっていうか、実は...割りと元気です 不思議だ 。実はこの激流も慣れてしまったら、むしろ心地良かったりして?( 半分冗談です

さて、最近GSEC のためにと「ネクスト・マーケット/CK プラハラード著」という本を読んでいます。今まで真剣に向き合ったことのない世界... かなりの衝撃を受けています。この世界は根が深いし、ホントいろいろと考えさせられます。本の中で印象に残った内容は下記の通りです。

---------------------------------

40億以上の人々が「ボトム・オブ・ピラミッド (BOP)」、すなわち経済ピラミッドの底辺で生活し、 12 ドル未満で暮らしている。

・貧しいがゆえの不利益は世界中に存在している。

・農村部市場への販売アプローチは、依然として厄介であり、ほとんどがラジオやテレビを使えず、「メディア・ダーク」と称される。

・消費や選択の幅を広げるため、BOP市場で急速に発達しているアプローチとは、1回分の「使いきりパック」であり、量を少なくした手頃な値段の製品である。

BOP 市場の基本となるのは「パッケージ単位が小さく、一単位当たりの利潤も低い。市場規模は大きいが、少ない運転資本でも利益を出せる」ビジネスである。

---------------------------------

この本を読んでいての気づきは、途上国のビジネスを考える際、「ネクスト・マーケット」のように顧客を貧困層とする場合と、マザーハウスのように顧客を富裕層とする場合があるということ。(今ごろ気づいたのかよ!っていう感じですが...)我々が目指すのは前者ではなく後者だろうな、と思いつつも、貧困層と協力し合いながら、いかにしてビジネスを立ち上げ、そして回していくか?が大きな課題になりそうです。全然想像つかない。

また、「我々自身が実際に直接できる支援は無いか?」という切り口で考えた時に、「教育」というキーワードが浮かんできました。教育であれば、機材も不要ですし、我々自身でも出来そうな気が...しかしながら「誰を顧客とするのか?」「どうやってビジネスに結びつけるのか?」等については、いまだ全く思いつきません。ああああ、無力だ ...

« 絶対能力の巻 | トップページ | ブログで失礼なことを書くかもしれませんが、よろしいですか?の巻 »

リコヤンとRST」カテゴリの記事

コメント

「教育」ですか??地球全域くらい(アフリカ、中東、モンゴル、南米などなど)色んなとこで教育関連のお仕事してきた友達、今大阪にいるので話聞いてみます??何かヒントが得られるかもです!
小ネタ集以外で初めて絡めて、今非常に自己満足してます(・∀・)ニヤニヤ

funfunさん、コメントありがとうございます。
いろんな友達の方がいますね。さすがです。その方と話をしてみたいです!教育を支援する上での「苦労話」を聞かせていただければ幸いです。よろしくお願いします!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179561/31343279

この記事へのトラックバック一覧です: ネクスト・マーケット!の巻:

« 絶対能力の巻 | トップページ | ブログで失礼なことを書くかもしれませんが、よろしいですか?の巻 »