最近のトラックバック

カテゴリー

« 計画はあらかじめ行動を規定する!の巻 | トップページ | またまた新グループ発足!の巻 »

新米ノーズのはんさむMBA立志伝!の巻

今回、な、なんと 200回記念です!これもすべて皆様のお陰。本当にありがとうございます+今後とも宜しくお願いします。さて、下記は 103 ( )の講義報告のつづきです。

-------------------------------------------------

土曜3~5限:オペレーションズマネジメント応用研究①②③

1)「コース概要」に関する説明があった。主な内容は下記の通り。

・本講義のトピックは、SCMの枠組み、戦略的提携、プロセス分析、JIT、在庫管理、需要予測と生産計画、SCMと事業システム、マスカスタマイゼーション、グローサリー産業のSCM BPR、サービス OM、フィールドサービスからなり、日本と米国の事例を基に、そのコンセプトと分析方法を習得する。

・企業の活動をプロセスとしてとらえ、その改善と改革を行うことの重要性と考え方、さらに企業戦略、事業システムとの関連を理解すること、問題解決の切り口と手法を取得することが本講義の目標となる。

2)SCM の枠組み」に関する講義があった。印象的な話は下記の通り。

・サプライチェーンの定義:商品が最終消費者に届くまでにかかわるすべてのビジネスプロセスの連鎖。

・ビジネスプロセスの定義:インプットを顧客に価値のあるようなアウトプットに変換する一連のステップ。

・サプライチェーンマネジメント(SCM) の定義:サプライチェーンに含まれるすべての、或いは、主要なビジネスプロセスを統合的に管理すること。⇒この「統合的に」がポイント!

・企業のCapabilityとは企業のプロセスの能力。⇒プロセスの能力が経営戦略における選択肢を決める!

・サプライチェーンの構造を変えるのは難しく、時間がかかる。(模倣しがたい)⇒だから、GMはトヨタになかなか追いつけなかった!

SCM 4つの戦略的評価軸:①Agility(機動力)、②Flexibility(可変性)、③Adaptability(改善能力)、④Alignment(ベクトルあわせ)⇒日本の企業はAdaptability はあるが、Agility Flexibilityは弱いとされていた。

・デルの事例:電話で注文が入り、入金されてから部品を購入し、組立・発送していたから、絶対に損をしないビジネスモデルの事例。

・フリトレイの事例スーパーの棚の直接管理 +Facingの工夫 ドロップフレームのトレーラ垂直統合などで成功した事例。

----------------------------------------------

ちなみに今回のブログタイトルは、卒業時に出版する予定のブログ本のタイトル案です。(思い切り私案ですが)今後、ブログ部員が増えた場合は、タイトルも再考します!

« 計画はあらかじめ行動を規定する!の巻 | トップページ | またまた新グループ発足!の巻 »

リコヤンとオペレーションズマネジメント応用研究」カテゴリの記事

コメント

ローズ?!さておき、
おめでとうございます~!
すごい継続力、尊敬します。
本出版、楽しみですね。

もーりーさん、コメントありがとうございます。
失礼しました。最近、よくやるんです。タイトルを修正しましたので、御確認願います。

いや、むしろ私が部長に合わせようかと
思いました。
Google検索したら、2番目に出てきたので、
やめました・・・。
ありがとうございます!

200回突破おめでとうございます。しかし絶対に売れなさそうなタイトルですね。

副部長、コメントありがとうございます。
別に販売する訳ではないので、タイトルは何でもいいでしょう(笑)今後メンバーを追加した場合は、最後に「(再入門編)」とか「(夏期講習編)」と付け加える予定です!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179561/31639367

この記事へのトラックバック一覧です: 新米ノーズのはんさむMBA立志伝!の巻:

« 計画はあらかじめ行動を規定する!の巻 | トップページ | またまた新グループ発足!の巻 »