最近のトラックバック

カテゴリー

« 異国(母国?)の子供達の将来のために!の巻 | トップページ | おーい、レッド・ノーズ!の巻 »

伝説の始まり!の巻

今回は昔懐かし「ケースプロジェクト研究」の番外編にして感動編。
3週間ほど前のこと...会社帰り、自宅の近くで西遊記チームのリーサル氏に偶然会いました。たしか彼の自宅は甲子園だったはず。だから、すごい偶然!なんでも、この近くの店で接待だったとか。でも、なんかとても懐かしい感じがしました。
そして、ここからがスゴいのですが、リーサル氏はその日、古野の役員の方々(社長&創業者含む)を前に、ケースPJのプレゼン&報告を行ってきたとのこと。そんな日に偶然、自宅近くで会うなんて!これって運命?ちょっとスゴ過ぎ!下記、後日リーサル氏からの届いたメールの抜粋です。
-----------------
(リーサル氏からのメール)
リコヤンさん、本当に偶然でしたね。10秒でもずれていたら、会わなかったですね。さすが、西遊記チームの引力はすごい。
さて、古野の出席者は創業者、社長ら8名。と、そうそうたる顔ぶれでしたが、社長からは
「よく、まとめていただいた。ちょっと、照れくさい。改めて、現場種技といった当社強みの説明を聞くと、非常に参考になったし、今後の経営や人材育成に活かしていかなければならない。それにしても、MBAは面白い授業をしているよね。再来年から、うちからも1or2人ぐらい受験させよう!」
とのことでした。それを聞いていた人事の部長がマジな顔で、私に年間の授業料を聞いてきたので、再来年あたり、古野の方が我々の後輩になるでしょう。あと、ある役員の方が
「昔は本当に若手時代に海外に飛ばされて経験値を上げていた。最近はないなあ...」
ともこぼされていた。最後に社長が
「この品質の作りこみプロセス、現場主義は組織が大きくなればなるほど、実現が難しくなる。現在、力を入れている舶用機器のレーダーや医療用機器にも展開しないとあかんなあ。」
と発言されていました。
-----------------
リーサル氏に発表を託したことが、役員へのプレゼンで、すべて繋がった感じがします。ちょー満足!心からスッキリしました!そして将来、古野の方が本当にMBAに入学したら...これこそ本当のレジェンド!今...僕らの「09年度入学者の伝説」が始まったような気がします!

« 異国(母国?)の子供達の将来のために!の巻 | トップページ | おーい、レッド・ノーズ!の巻 »

リコヤンとケースプロジェクト研究」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179561/32032895

この記事へのトラックバック一覧です: 伝説の始まり!の巻:

« 異国(母国?)の子供達の将来のために!の巻 | トップページ | おーい、レッド・ノーズ!の巻 »