最近のトラックバック

カテゴリー

« ウルトラマンケティングの悲劇!の巻 | トップページ | 楽しく&過酷な車旅!の巻 »

メガシャキを開けるだけで目がシャキ?の巻

下記は125()の講義報告のつづきです。

-------------------------------------------------

土曜3~5限:マーケティング応用研究⑦⑧⑨

2)「ブランド・マネジメント」に関する講義があった。主な内容は下記の通り。(つづき)

・ブランド・マネジメントのポイント:①様々な機能のどれをどのタイミングで求めるか、②名前やマークを付与するだけでは限定的な効果しか生まれない、③ブランドは一朝一夕には出来上がらない、④ブランドとマーケティングは相補的な関係にある

・ブランド価値経営の構成要素:①評価軸の転換(ブランド育成に向けた社内の取組を促す成果指標の導入)、②組織構造の転換(ブランド・マネジャー制の導入)、③ブランド拡張による企業成長

・ブランド拡張の際の留意点:①ブランドを使用する際のルールを明確に定める、②ブランドを一元的に管理する

・ブランド効果の測定項目:①知名度・認知度、②イメージ・連想、③ロイヤリティ・価格プレミアム・流通業者へのパワー、④ブランド拡張・ライセンシング

・ブランドを基軸とした成長例①:ファブリーズの市場拡張。布の臭いを取る効果をアピール→部屋の臭いを気にする人たちへ拡張→ユーザーの拡張(父親や子供たちへ)→製品ラインナップの拡張→使用技術の拡張(室内用置き型・トイレ用置き型)

・ブランドを基軸とした成長例②:キットカットの市場再構築。低価格戦略→ブランディングによる再構築→「ストレス・リリース」→受験生へ「きっと勝つ」

----------------------------------------------

タイトルは講義中のエピソードです。少し眠そうにしていたShimicchoroさんをジロジロ見ていた時のことです。それに気づいたShimicchoroさんは、おもむろにカバンからメガシャキを取り出し、「私にはこれがありますから」的な目をしながら、静かにキャップを回した瞬間...「プシュッ!シューシュー!」と中身が噴き出て、こぼれてしまいました。目がテンになるリコヤン、目がシャキッとなるShimicchoroさん。

教訓:メガシャキを開ける際には注意が必要!ではなく、講義の前日はキチンと睡眠を取ろう!(注:Shimicchoroさんはいつも講義中に寝ている訳ではありませんので、あしからず)

« ウルトラマンケティングの悲劇!の巻 | トップページ | 楽しく&過酷な車旅!の巻 »

リコヤンとマーケティング」カテゴリの記事

コメント

うっかり、電車の中から携帯アクセスで読んでしまいました。
面白すぎるのに、笑えずつらいです(>_<)
どなたか分からず、気になるところ。
またコッソリ教えてくださいませ~!

メガシャキ、目薬と思ってましたさすが小林製薬!って書こうとして何気に調べたら違うし知ったかぶりしなくてよかった
ところでメガシャキのメガは「目が」?「メガ」(メガマックとかの仲間)どっちですかね??
ね、shimicchoroさん

Rednoseさん、コメントありがとうございます。
楽しんでいただけたみたいで何よりです。
ちなみにShimicchoroさんは最近「マリオ」に夢中らしいです。

リコヤンさん、ブログに自分の身に起きたことながら笑えます。なはなはなは。

Shimicchoroさん、コメントありがとうございます。初コメントですね。
メガシャキの時は大変でしたね!しかし、なはなはなはって(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メガシャキを開けるだけで目がシャキ?の巻:

« ウルトラマンケティングの悲劇!の巻 | トップページ | 楽しく&過酷な車旅!の巻 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ