最近のトラックバック

カテゴリー

« 夜食に英語漬けでお腹いっぱい?の巻 | トップページ | MBAフットサル部マネジャー募集!(by F川)の巻 »

オダくんを管理せよ?の巻

今日はこれから学校へ行って、1日中「事業創発マネジメント」の講義を受講してきます!さてさて、下記は123()の講義報告のつづきです。

-------------------------------------------------

土曜1~5限:事業創発マネジメント応用研究①②③④⑤

4)「構造変化と事業創発のイシュー(ITに対するビジネス要求)」に関する講義があった。主な内容は下記の通り。

価値の源泉をどこに求めるか?

・顧客フロントでの課題:①複雑化・高度化するサービス、②供給側だけでは決めきれないサービスの生産性、③消費行動の多様性を如何に受け止めるか

・顧客起点のしくみ設計例:①サミット(組織の枠を越えたPOSデータの共有)、②旭化成(顧客との長期にわたる関係性を構築/ロングライフ住宅のアフターサービス重視へ)、③りそな銀行(プロセス重視型店舗から対面フロント重視型店舗へ)、④生保A社(営業職員とコールセンター窓口の連携)

・バックヤードの改革は限界に近づいてきている。⇒「有人化」による顧客接点の強化やマーケティング機能の顧客フロントへの組み込みが始まった!

ビジネスのフォーメーションをどう組み立てるか?

・米国テスラモーターの例:自動車のパソコン化。産業の構造変化に併せて基盤も見直す必要がある。

・リクルート社の例:出版事業からネット事業&フリーペーパー事業へ大転換。ビジネスの原理が大幅に変わってしまった。⇒ITサービスも大改革した!

・東京海上日動の例:営業第一線の業務効率が低下した。原因としては、商品が複雑になりすぎたこと、20年前に構築した情報システムに機能を継ぎ足していたこと、などが挙げられる。⇒商品のシンプル化&業務・システムの抜本改革へ!

・ソニーの例:ITによる業務の硬直化が、大きな環境変化のもとでの柔軟なルール変更を阻害した。⇒需要予測のノウハウも減少した!

何をマネジメントするか?

OODAループ:Observe(観察)→Orient(状況判断)→Decision(意思決定)→Act(行動)

5)「クラウドコンピューティングに潜む問題の本質」についてA4サイズ12枚に纏めて、提出すること。(締切:128日(木))

-------------------------------------------------

午後の講義内容のポイントは、事業創発のイシュー(本質的論点)として、①顧客起点、②ビジネスシステム、③マネジメントの3つの視点がある、と理解しました。

« 夜食に英語漬けでお腹いっぱい?の巻 | トップページ | MBAフットサル部マネジャー募集!(by F川)の巻 »

リコヤンと事業創発マネジメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179561/33157301

この記事へのトラックバック一覧です: オダくんを管理せよ?の巻:

« 夜食に英語漬けでお腹いっぱい?の巻 | トップページ | MBAフットサル部マネジャー募集!(by F川)の巻 »