最近のトラックバック

カテゴリー

« 昼はエンジン全開も、晩は小休止?の巻 | トップページ | 協調は競争を抑制するのか?促進するのか?の巻 »

ケースPJ完全燃焼!の巻

さて、下記は212()の英国C大での講義報告です。

-------------------------------------------------

1)CGraham Clark教授の「Global Operations Strategy」の講義を受講した。⇒詳細は省略します!

2)CDavid Simmons教授の「British Culture」の講義を受講した。⇒詳細は省略します!

3)CMark Jenkins教授の「Performance at the Limit: Business/ Lessons from Formula 1」の講義を受講した。⇒詳細は省略します!

4)K大企画のプレゼンテーションAB&チームディスカッションを行った。

プレゼンテーションA

・プレゼンテーションAとして、ケースプロジェクト研究の報告「古野電気(金賞受賞)」を行った。(発表者:リコヤン)

・その後の質疑応答も活発に行われた。⇒【質問例】「古野電気は多くの特許を押さえているとのことだが、既に切れている特許も多いのではないか?」「現場種義の遺伝子はキチンと伝承されているのか?」「古野電気は株式を公開しているのか?」「古野電気には海外の競合メーカーはいるのか?」など

David Simmons教授より「ユーモアあり、シリアスありのプロフェッショナルなプレゼンテーションであった」とのコメントをいただいた。

プレゼンテーションB

・プレゼンテーションBとして、O西さんがケースプロジェクト研究の報告「マニー(銅賞受賞)」を行った。

チームディスカッション

3チームに分かれてチームディスカッションを行った。テーマは「モチベーション(リーダー:S山さん)」「国際金融(リーダー:Aレイさん)」「ワークライフバランス(リーダー:M浦さん)」の3つ。

30分間という短い時間であったが、各チームとも活発な議論が行われた模様。

-------------------------------------------------

古野のプレゼンは英語の説明が少しグダグダになってしまいましたが、お蔭様で完全燃焼することができました。注目の八戒ダイブパートは「笑い(スベり?)」というより、「なるほど!」といった感じで受け取られたようです。英国人も「真の現場種義」に感心?

念願だった古野のプレゼン...これで本当にスッキリしました!私のケースPJもこれで本当に終了です!終わった...
これにて英国訪問の報告は終了。あとは修論へGO!!!です。

« 昼はエンジン全開も、晩は小休止?の巻 | トップページ | 協調は競争を抑制するのか?促進するのか?の巻 »

リコヤンとRST」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179561/33416430

この記事へのトラックバック一覧です: ケースPJ完全燃焼!の巻:

« 昼はエンジン全開も、晩は小休止?の巻 | トップページ | 協調は競争を抑制するのか?促進するのか?の巻 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ