最近のトラックバック

カテゴリー

« 今日から社会復帰!の巻 | トップページ | いとしのマミー!の巻 »

結局、事業創発って?の巻

社会復帰 2日目。不思議なことに時差ボケは全くありません...という訳で昨日からエンジン全開で頑張っています!さてさて、下記は 26 ( )の講義報告です。

-------------------------------------------------

土曜1~5限:事業創発マネジメント応用研究⑪⑫⑬⑭⑮

1)「事業創発総論③(事業創発のプロセスとマネジメントシステム)」に関する講義があった。主な内容は下記の通り。

・プロスペクト理論:環境によって変化に対する人間の評価は変わるという理論。例えば、人間は目の前に利益があると、利益が手に入らないというリスクの回避を優先し、損失を目の前にすると、損失そのものを回避しようとする傾向があるということ。

・変革を抑制する要因:①情報システムの部門間統合が進んでいること(IT は経営の足を引っ張る?)、②業務における自主性を重視する組織文化

Corporate Entrepreneurship のタイプ:①Corporate Venturing(企業内ベンチャー、新規事業開発)、②Intrapreneuring(外部起業家の発想と行動形態の吸収)、③Organizational Transformation(組織変革を伴う新規事業機会開発)、④Industry Rule-Breaking(業界に従来と違う競争方法を持ち込む)

・コーポレートアントレプレナーシップの障壁導入環境:①些細なことでも多くの上司の了解を得なければ決定できない、②専門分野中心に組織されており、異部署間の意思疎通がとれない、③業務のやり方がルールで規定される度合いが強く、機会本位の考え方とは相容れない、④集団的な稟議制度、⑤保守的な文化、⑥不明確、不適切な戦略、⑦チャンピオン(擁護者)の不在

2)「構造変化と事業創発のイシュー③(社会環境展望)」「事業創発のマネジメント③(社会変革と事業戦略)」「事業創発事例研究②(新しい価値の創発と社会変化)」に関する講義があった。主に民主党のマニフェストと税・社会保障番号制度について説明があった。⇒詳細は省略します!

3)「ビジネスシステム設計総合演習(クラウド・コンピューティングのビジネスシステムまとめ)」に関する講義があった。主な内容は下記の通り。

・場のマネジメントの仕組み設計CARMEN:①Contents(コミュニケーションのコンテンツ)、②Attribute(主体の属性)、③Rule(コミュニケーションのルール)、④Mode(コミュニケーションのモード)、⑤Enabler(実行能力/手段・資格・権限)、⑥Needs(コミュニケーションのニーズ)

-------------------------------------------------

今回は、民主党のマニフェストについて丁寧に説明いただく講義がありました...なるほどねえ。でも、イマイチ事業創発との関係はわかりませんでした(笑)いやあ、事業創発って難しいですね!

« 今日から社会復帰!の巻 | トップページ | いとしのマミー!の巻 »

リコヤンと事業創発マネジメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179561/33396066

この記事へのトラックバック一覧です: 結局、事業創発って?の巻:

« 今日から社会復帰!の巻 | トップページ | いとしのマミー!の巻 »