最近のトラックバック

カテゴリー

« シミッチョロの国際経営⑪の巻 | トップページ | 脳に汗かくほど!の巻 »

【ブログ部企画第三弾】飛行機

今回はブログ部企画「共通ブログタイトル」です。テーマは新米課長推奨の「飛行機」。何を書こうかと悩みましたが、飛行機に初めて乗った時の話を少しだけ書きたいと思います。

私の飛行機初体験は、高校2年の修学旅行。福岡から沖縄までの1時間のフライトでした。ちょっと遅咲きですかね?当時、極度の「高所恐怖症」だった私は飛行機に乗ることを極端に嫌っていました。しかし、そこは天下の男子校。「怖いっす」なんて口が裂けても言えませんでした。(高所恐怖症はバレてたけど...)

なんやかんやで修学旅行当日をむかえ、初めての離陸を経験。初めて経験するGの強さに全身に力が入る。気分も少し高揚。気分はすっかりアムロ・レイ。

「(私)アムロ、イキまーす!⇒注:下ネタではありません」

離陸後、すぐにシートベルト着用のサインが消える。が、気流のせいでかなり揺れる。この時点で「ああ、間違いなく落ちる...」と人生を半ば断念。そして、

「(私)短い人生だった...」

とすっかりネガティブモードに入り、急にグッタリしてくる。その時、友人から

「(友人)お前、怖いんちゃう?」

の一言が。その瞬間...優等生気取りの悲しい性(サガ)でしょうか。人にカッコ悪いところを見せたくないという「しょうもないプライド」が急に大きくなり...ここで怖いとは言えない。ここは全身を使って「余裕」をアピールしなければ!ということで

「(私)ザケンな!怖くなんてないわあああ!」

と立ち上がった瞬間!あああああ!な、な、なんと、テーブルの上のコーヒーをこぼしてしまいました...あああ、最悪...制服も床もカバン(注:はて?どこかで?)もコーヒーまみれ。や、や、やっちまった...機内は爆笑。CAは失笑。先生は激怒。この後、先生にこっぴどく怒られたことは言うまでもありません。

以上が私の飛行機初体験の話。その後、場数を踏みまくったので、今では飛行機も平気になりました。(注:観覧車はいまだに苦手ですが...だから、実はロンドンアイに乗るのはちょっとイヤだったのだ)

ところで飛行機って不思議ですよね。なんであんな重たい物が空を飛ぶことができるのか?疑問に思ってインターネットで少しだけ調べてみました。

「飛行機はなぜ空を飛ぶのか。航空工学の教科書に従えば、ベルヌーイの定理で説明できる。翼表面では気流の流れが速くなり、それが揚力を生むという。(中略)曲を描く翼の上面を流れる気流は、下面よりも速く流れていることは、よく知られている。ベルヌーイの定理によれば、流速の速いところは遅いところよりも空気の圧力が低くなる。つまり、翼の下面は上面より圧力が高く、その圧力差によって翼が上に押し上げられるという。」

なるほどねぇ...(わかったような、わからないような...)でも、人間が何千メートルもの上空を時速700800kmで行ったり来たりしている姿って、想像するだけで怖いですよね。

« シミッチョロの国際経営⑪の巻 | トップページ | 脳に汗かくほど!の巻 »

リコヤンとブログ部」カテゴリの記事

コメント

おもしろいですーーーhappy02
今回もカバンがコーヒー浴びていたようなっcafesmile

funfunさん、コメントありがとうございます。
実は高い所と読書は超苦手です(笑)しかしながら、コーヒー(&I本くん)は大好きです!
今後とも(シミッチョロさんの回のコメントも)宜しくお願い致します。

コーヒー(笑)
さておき、ロンドンアイ、有無を言わせず
乗せてしまい、すみません・・・。
しかも、大騒ぎしてしまいました。
かくいう私も、高いところと、落下のGが苦手です。

Rednoseさん、コメントありがとうございます。
ちなみに私は観覧車は苦手ですが、ジェットコースターは好きです(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179561/33487697

この記事へのトラックバック一覧です: 【ブログ部企画第三弾】飛行機:

« シミッチョロの国際経営⑪の巻 | トップページ | 脳に汗かくほど!の巻 »