最近のトラックバック

カテゴリー

« いとしのマミー!の巻 | トップページ | いよいよ修論1本に集中?の巻 »

ハンサムストリートにグローバルハンサム現る!の巻

さて、下記は 29 ( )の英国企業訪問の報告です。

-------------------------------------------------

1)Oxford University Press (OUP)を訪問した。

企業概要

OUP 1478年に創立された世界で2番目に古いUniversity Press 。(最古はソルボンヌ大学)Oxford University の稼ぎ頭であり、75カ国以上に事業を展開している。従業員は約 5,000名。

OUP Children & Teenager 向けの分野に強く、UK・スペイン・イタリア・インド・南ア・カナダ・中国などの国では教科書を出版している。また、売上・余剰金ともに順調に伸びている。⇒私企業ではないため、「利益」ではなく「余剰金」という呼称を使用していた。

訪問内容

ELT Managing Director によるプレゼンテーション

OUP Historyのビデオ鑑賞& Museumツアー

気づき

・利益を追求する組織ではないと言いながらも、ここ数年、売上・余剰金が右肩上がりである点はちょっと不思議であった。

・各国の政府と良い関係を構築できている点が、安定した収益につながっていると感じた。

・「新興国向けの販売価格はどうしているのか?」という質問に対しては、「価格はDistributor とのネゴで決まる。新興国には安く卸している。例えば、タイには定価の3% で卸している。また、Volume discount も採用している。」との回答あり。

-------------------------------------------------

企業訪問 2日目が終了。この日の午後はオックスフォードの街を散策。アリスショップ、クライストチャーチ、 Gap(なんでやねん!)、ハンサムストリート(マジで!)、カレッジを回りました。そういえば、クライストチャーチには Student料金があり、それを見たサーギーが、日本語の学生証を見せて強引に受付を突破していました。恐るべし、サーギー!(酔ってないよ)

この日の晩はチケットも持たずに、とりあえずフルハムスタジアムへダッシュ。スタジアム到着後、窓口へ行くと「席空いてるよ。」とのこと。ラッキー!という訳で、我ら 3人(リーダー、コーヒーI 本、リコヤン)は正規料金30ポンドでチケットを購入し、「フルハムvsバーンレイ」戦を観てきました!席は前から7列目くらい。近っ!やっぱ生はいいですね!試合はフルハムが3 0で勝利。点もたくさん入り、盛り上がりました!

この後、ホテルの近くでペリペリチキンを食べて、この日は終了!充実!満足!最高!

« いとしのマミー!の巻 | トップページ | いよいよ修論1本に集中?の巻 »

リコヤンとRST」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179561/33407142

この記事へのトラックバック一覧です: ハンサムストリートにグローバルハンサム現る!の巻:

« いとしのマミー!の巻 | トップページ | いよいよ修論1本に集中?の巻 »