最近のトラックバック

カテゴリー

« なるほど!まあ、基本的に「はんさむ」ですから!の巻 | トップページ | 明日から4連休です!の巻 »

今年もきました3月病!の巻

3月に入り、少しパワーが落ちている気がします...毎年この時期ペースダウンするんですよね。とりあえず、あと2日頑張って、今週末はゆっくり休みたいと思います!(ちなみに今週末は4連休です!)さて、下記は313()の講義報告のつづきです。

-------------------------------------------------

土曜1~5限:M&A戦略応用研究⑪⑫⑬⑭⑮

1)「敵対的買収についての考察と防衛策」に関する講義があった。主な内容は下記の通り。(つづく)

・ホワイトナイト:敵対的買収防衛策のひとつで、敵対的買収を受けた隙に買収対象となっている企業の株式をその意を受けて友好的に買いとってくれる第三者及び第三者企業のこと。

・スコッチド・アース(焦土作戦):敵対的買収防衛策のひとつで、敵対的買収を仕掛けられた買収対象企業が、敵対的買収者の買収意欲を削ぐ為に、自社の優良資産や収益性の高い事業を関連会社等に売却し、自社を魅力のない会社にすること。

・近年の株主総会における論点:20072008年はコーポレートファイナンス論を盾にした「キャッシュは残すな!投資効率が悪い!ROEを上げろ!」といった議論が多かったが、2009年はリーマンショックの影響もあってか「リスク対策には、ある程度のキャッシュが必要!」という議論に変わってきた。

・狙われやすい企業の類型と対応策:①企業が保有する資産に起因するもの(ネットキャッシュが多い・剰余金が豊富・含み資産が大きい)、株価に関する要因(PBRは低い・時価総額が小さい)、③その他の要因(安定株主比率が低い・資本のねじれ・業界再編が遅れている業種)

・狙われないためには:①現状分析/会社の現状を株主及びその他のステークホルダーの視点から分析、②経営判断/現状分析に基づき企業価値をどのように維持・向上させるかについて経営判断を実施、③情報開示/株主及びその他のステークホルダーに対し、経営判断について具体的に説明する

-------------------------------------------------

つづく

« なるほど!まあ、基本的に「はんさむ」ですから!の巻 | トップページ | 明日から4連休です!の巻 »

リコヤンとM&A戦略」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179561/33793758

この記事へのトラックバック一覧です: 今年もきました3月病!の巻:

« なるほど!まあ、基本的に「はんさむ」ですから!の巻 | トップページ | 明日から4連休です!の巻 »