最近のトラックバック

カテゴリー

« シミッチョロの国際経営⑫の巻 | トップページ | どんどんM&Aをやりましょう?の巻 »

【祝350回記念】シミッチョロの国際経営⑬の巻

な、な、なんと、今回で本ブログも350回目を迎えました。まさかこれだけ続くとは...毎回WordA4サイズ1枚程度書いていますので、全部で計350枚程度。これって修論にならないですかね?(笑)目標はズバリ500回!MBA生活もあと半年ちょっとですが、なんとか頑張って続けたいと思いますので、皆様、今後とも宜しくお願い致します!(コメントもお待ちしております!)さて、今回は「国際経営」講義報告の最終回です。

-------------------------------------------------

土曜1~5限:国際経営応用研究⑪⑫⑬⑭⑮

10)グローバルSCM:企業とは、①資源の連鎖(Resource)、②付加価値活動の連鎖(Value-Chain)、③関係の連鎖(Relationship)によって差別化優位を構築しようとするグローバルネットワークと見ることが出来る。更に、企業同士でグローバルネットワークを統合し、より多様なニーズや環境変化に対応する事例として、様々な企業がサプライチェーン上で連携する事例(グローバルSCM)の紹介があった。

JCペニー(アメリカの百貨店)

・アメリカの店舗で予想外の売れ行きとなった女性用ブーツの欠品を防ぐために、サプライチェーン上の企業が連携し、納入リードタイムを短縮して対応する。

・中国工場:残業による増産、選抜チームによるスピード生産

・日本海運業者:緊急空輸の手配

JCペニー:ホットシップメント(高速トラック)の手配

UPS

・リードタイム短縮のため、UPS職員が空港でパソコン修理を行っている。また、ロブスターの鮮度管理のため、空港に生簀を作ってしまった。

製薬会社

・空港に薬品の冷蔵保管倉庫を作り、緊急用の薬品を一定量備蓄している。

ハニーズ(日本のアパレル)

・デザイナーが渋谷や新宿で定点観測し、売れ筋商品をキャッチし1ヶ月で製品化。「流行の先取り⇒流行を見定めてから作る」方式により、確実に売り切って稼ぐ。

-------------------------------------------------

お陰様で国際経営の講義内容がよくわかりました。本講義は、私が受講した「事業創発マネジメント応用研究」の裏講義だったため、内容を知ることができて、かなり得した気分です!シミッチョロさん、本当にありがとうございました!

※読者の皆様、本ブログに掲載したい内容があれば、気軽に連絡下さい。ペンネームを前面に出して掲載させていただきます。(最終的に本にしますので、MBAの良い記念になるかも?)

« シミッチョロの国際経営⑫の巻 | トップページ | どんどんM&Aをやりましょう?の巻 »

リコヤン(shimicchoro)と国際経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【祝350回記念】シミッチョロの国際経営⑬の巻:

« シミッチョロの国際経営⑫の巻 | トップページ | どんどんM&Aをやりましょう?の巻 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ