最近のトラックバック

カテゴリー

« 少年のように?の巻 | トップページ | 地獄の文字起こし!の巻 »

時には「はんさむ」のように?の巻

もうすぐ講義サマリーを纏めなくていいようになることが、ちょっと寂しい今日この頃。以前にも書きましたが、講義サマリーは直後の日曜にほとんどを作成し、それを分割してブログに毎日アップしています。(毎日復習しているわけではありません)「日曜は復習、月曜から金曜は予習」というサイクルを意地になって1年間続けてきましたが、「ブログ以外に一体何が残ったのだろうか?」と少し疑問に感じることがあります。あと23年、こういう生活を続ければ、更に一皮むけそうな気もするのですが...さてさて、下記は417()の講義報告のつづきです。

-------------------------------------------------

土曜3~5限:ゼネラルマネジメント応用研究⑦⑧⑨

5)「組織マネジメント/コムデギャルソンの川久保玲」に関する講義があった。印象的な話は下記の通り。

・クリエーションを要求されるファッション業界では、カリスマデザイナーがすべてを決定し、従業員へ指示する中央集権型が一般的。しかしながら、川久保玲はその逆、チームワーク重視の分権を行った。⇒20年間、新しいものを生み続けるためには個人の力ではムリでチームワークが必要。そして、非凡なものを生み出すプロセスが重要となる!

・クリエーションも一発屋は結構いる。しかしながら、クリエーションを生み続けている企業は少ない。⇒非凡なものを生み出すプロセスが重要となる!

・コムデギャルソンの店舗にはショーウインドウが無い。つまり、はじめからコムデギャルソンの熱狂的なファンしか相手にしていない。⇒同じシェア5%でも、結果としてシェア5%だったのと、狙ったシェア5%では全く意味が違う!

・新しいものを生み出し続けているという意味ではアップル社も同じ。⇒スティーブ・ジョブズと川久保玲の共通点はFreedom(束縛からの解放)とAnger(大企業への怒り)!

・ジョブズの概念:類人猿と人間の違いは道具を使うことにある。一方、最も移動効率の良い生物はコンドルである。ただし、人間は自転車に乗れば、コンドルの移動効率を大幅に上回ることができる。私はPCでそれをやりたい。人間がよりクリエイティブになるための道具を作りたい!⇒ジョブズはやりたいことを「概念化」している!

General Managerは、企業をドライブするための「発信源」でなければならない。

-------------------------------------------------

川久保さんのスゴさは、新しい価値を生み出し続けることによって、「コムデギャルソン=新しい価値」という地位を確立した点にあると思いました。それにしてもこの方、凄まじいまでの「芯の強さ」がありますね。スゴいの一言につきます。

« 少年のように?の巻 | トップページ | 地獄の文字起こし!の巻 »

リコヤンとゼネラルマネジメント」カテゴリの記事

コメント

まだ2、3年も同じ生活ってすごいこと言いますね~。とても真似できません。
一体どこまで行けばはんさむになれるのか、遠い道ですな。
しん

しん元はんさむさん、コメントありがとうございます。
あと2~3年は言い過ぎたかもしれませんね。言うだけなら誰でもできますし。
でも、なんとなく中途半端な感じがするのも事実です。そろそろ向こう2~3年の計画を真剣に考えたいと思います。
真のはんさむ(注:貴殿ではない)への道のりは遠い...

何が残ったか?!
はんさむ→グローバル ハンサムへ
アップグレードです!

私は、頑張っても、全然出来ないままでしたが、
リコヤンさんは、すごいですよ、本当に。

Rednoseさん、コメントありがとうございます。
これからの頑張りで更に「一皮」むけたいところですが、残り時間もあとわずかになってしまいました。いまだ「はんさむ」にもなれず...ああ、はんさむへの道は険しい...

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時には「はんさむ」のように?の巻:

« 少年のように?の巻 | トップページ | 地獄の文字起こし!の巻 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ