最近のトラックバック

カテゴリー

« 一皮むけて何を学んだか?の巻 | トップページ | あなたのリーダーシップ持論は?の巻 »

人、人、人!の巻

MBA コースも52週目が終了。昨日は午前中、組織行動Ⅱで一皮むけた経験のインタビュー。午後はゼネでウェルチの人材育成について。晩は K林ゼミ(人系のゼミ)の飲み会に乱入。まさに「人、人、人」の1 日でした。いやあ、やっぱり経営は「人」ですね!

さて、下記は4 10 () の講義報告です。

-------------------------------------------------

土曜1~2限:組織行動Ⅱ③④

1)K井教授より「一皮むけた経験」に関するインタビューを受けた。主な内容は下記の通り。

・インドネシアプロジェクトでの経験

 http://rico-yuan246.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/post-f5ee.html

・モロッコプロジェクトでの経験

 http://rico-yuan246.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/post-64d7.html

・本社部門への転籍の経験

 ⇒次回ブログ部企画(4月26日9時)でアップします!

2)「リーダーシップを身につける三筋-経験、薫陶、教育・研修」に関する講義があった。印象的な話は下記の通り。

・一皮むけた経験は、その人の教訓を学べるだけではなく、他にもいろんなことが学べる⇒例えば、社員全員の教訓を集めれば、会社全体の課題が見えてくる!

・ビスマルクの名言:愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ⇒しかしながら、経験も20 年あれば、もはや「歴史」と言える。一皮むけた経験も複数挙げ、それぞれの教訓やそれらの繋がりを考えれば、立派な「学び」となる!

・リーダーシップの教育:一皮むけた経験を纏め、それをお互いにシェアするのが有効。また、社長の持論に関する本を読むのもよい。

・一皮むけた経験の7つのタイプ 大きな絵と実施細目の両方を描く経験、 ひととの関係を扱う、 基本価値に基づいて行動する、それを伝播する、 修羅場をくぐる、自分をより深く知る、 他の人びとへの依存状況に対処する、 経営幹部らしい思考・内省をする

-------------------------------------------------

今回インタビューを受けるにあたり、事前に「一皮むけた経験や教訓」について整理したのですが、経験はある程度思い出せても、教訓はなかなか整理できませんでした。しかしながら、整理したお陰で、今の自分を動かしている「原動力」みたいなものが何なのか、なんとなくわかったような気がします。皆さんも一度、「一皮むけた経験」を纏めてみることをお奨めします

« 一皮むけて何を学んだか?の巻 | トップページ | あなたのリーダーシップ持論は?の巻 »

リコヤンと組織行動Ⅱ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179561/34176312

この記事へのトラックバック一覧です: 人、人、人!の巻:

« 一皮むけて何を学んだか?の巻 | トップページ | あなたのリーダーシップ持論は?の巻 »