最近のトラックバック

カテゴリー

« 良い研究って何ですか?の巻 | トップページ | 私にとって最大のチャレンジは...の巻 »

先行研究の再々積み上げ開始!の巻

先週土曜日にゼミ教授との個人面談がありました。修論を進めるにあたり、いろいろと悩んでいたのですが、かなりスッキリしました!下記は教授からの主なコメントです。

-------------------------------------------------

・レビューに含めるべき文献がどのように選択されているか、がわかりにくい。バックグランドにある知識が違う論文があると、読んでいる方が混乱する。どのバックグランドの知識で勝負しようとしているのか。

・一番やりたい問題は何なのか。一番の狙いは何なのか。⇒(リコヤン)競合企業間で協調するための成功要因が知りたい。

・であれば、アライアンスに関する蓄積が結構あるので、それをベースに研究するのがいい。先行研究は石井先生、桑嶋先生、Hamel & Prahaladなど。

・共同設計のあり方がプロジェクトの成果にどう影響を及ぼすか、という話か。であれば、プロジェクトの成果を表層と深層に分けて議論したらどうか。例えば、5章で表層に関する議論、6章で深層に関する議論をするなど。

・先行研究も、表層に影響を与える要因と深層に影響を与える要因に分けて書くとわかりやすい。例えば、まず2.1で製品開発のベーシックな先行研究(藤本クラークなど)を挙げ、2.2で表層に影響を与える要因に関する先行研究、2.3で深層に影響を与える要因に関する先行研究(アライアンスとイノベーションの関係:著書イノベーションM 7章など)を挙げるなど。

・論文の流れとしては、「過去にこういうことが指摘されている」「で、インタビューをした結果、過去の指摘と同じなのか、別の要因があるのか、について議論する」でどうか。

・深層については、少しタイムスパンを広げ、よりディープに聞く必要あり。

・本質的な問題は何なのか。自動車メーカーの問題やゼネコンのJ/Vの問題と何が違うのか。⇒(リコヤン)自動車メーカーは自社で組立を行うため、組立しやすくなるよう、契約などをうまく使って、部品メーカーをコントロールしているように思える。ゼネコンのJ/Vは設計も建設も分担するので、鉄道車両の共同設計とはちょっと違う。

・では、本質的な問題は何なのか。⇒(リコヤン)相手の設計に自社の意思を入れてもらう必要があるところに本質的な問題があるような感じがするが...まだハッキリとは言えない。

・ということは、うまくいったかどうかは作る際のコストが安かったり、品質が高かったりすることで、うまくいっていないというのはコストが高かったり、品質が悪かったりすることなのか。それは表層なのか、深層なのか。

-------------------------------------------------

とりあえず、先行研究を再々積み上げすることになりました。まだまだ頑張りますよ!

« 良い研究って何ですか?の巻 | トップページ | 私にとって最大のチャレンジは...の巻 »

リコヤンと修士論文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 先行研究の再々積み上げ開始!の巻:

« 良い研究って何ですか?の巻 | トップページ | 私にとって最大のチャレンジは...の巻 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ