最近のトラックバック

カテゴリー

« めくるめくくめの会計制度⑧の巻 | トップページ | あれがゴールか?の巻 »

Good luck(涙)の巻

昨晩、恩師が亡くなった。享年70歳。1年前まではあんなに元気だったのに...ビアホールで生ビールを飲みながら、ドでかい唐揚を食べまくる「あの姿」は今でも鮮明に覚えています。そんな恩師も病魔には勝てなかったということか。

その恩師と初めて出会ったのは2005年。私が本社部門に転籍してすぐのこと。「プロジェクトマネジメントを勉強するなら、良い研修がある」と上司に紹介された研修の講師が恩師でした。最初の印象はとにかく元気。とても65歳には見えない!「俺もこんな風にトシを取りたい」そう思わせる人でした。

私はこの人の下でプロジェクトマネジメントの基礎を学びました。そう、この恩師は私のプロジェクトマネジメントの師匠。この方がいなければ、私がPMPやPEを取得することもなかったし、MBAに来ることもなかったかもしれない。

この恩師がいなければ、間違いなく今の私はいない。

しかし、実は一つ大きな心残りがあります。それはMBAへ入学して1ヶ月後のこと。

http://rico-yuan246.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-61a9.html

このセミナー責任者が恩師。当時、私は頭にきて、「私もMBAで非常に忙しいので、当分セミナーには顔を出しません!」と生意気な態度をとってしまったのを覚えている。ブログに書いたように、当時すぐに反省したのですが、「生意気な態度をとって申し訳ありませんでした」の一言が本人の前ではついに言えませんでした。

「お前は素直じゃない」本当によく言われます。自分でも十分わかっているのですが、これだけはなかなか克服できない。そして、また大きな心残りだけが残ってしまいました。

恩師は私がMBAへ通うことをすごく喜んでくれていました。そして私に後々、大学とプロジェクトマネジメント教育を結ぶ「架け橋」になって欲しいと言っていました。私はこの期待に応えることこそが「恩師への恩返し」だと思っています。

そして今晩、お通夜へ行って、「あの時は本当に申し訳ありませんでした」と素直に謝罪してきます。最後に恩師が大好きだった一言を天国にいる恩師に捧げたいと思います。

Good luck! ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

« めくるめくくめの会計制度⑧の巻 | トップページ | あれがゴールか?の巻 »

リコヤンの独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179561/35421845

この記事へのトラックバック一覧です: Good luck(涙)の巻:

« めくるめくくめの会計制度⑧の巻 | トップページ | あれがゴールか?の巻 »