最近のトラックバック

カテゴリー

« シミッチョロの戦略マネジメント⑪の巻 | トップページ | 【ブログ部企画第六弾】旅のつづき »

シミッチョロの戦略マネジメント⑫の巻

文章を書くのって大変ですね...(って、毎日ブログを更新している私が言うのもなんですが...)さてさて、今回は「戦略マネジメント」の講義報告です。

-------------------------------------------------

金曜5~6限:戦略マネジメント⑦⑧

8)相互依存、相互独立の事例(つづき)

・自動車メーカー:トヨタ自動車は、フルライン戦略を採っている。若者がエントリーモデルとしてカローラを購入し、いつかはクラウンに乗り換えてもらう戦略である。カローラから徐々にランクアップしていくことが重要であるため、途中の車種でどれか人気が悪く他社へ乗り換えられてしまうと、クラウンまで到達しなくなってしまう。トヨタ自動車の車種間には相互依存関係がある。一方、ホンダやBMWは逆である。単品勝負で、いかに突出したクルマ作りをして顧客の心を掴まえるかであり、車種同士は相互独立の関係にある。

9)まとめ

・そもそも戦略ってどんな戦略が正しいのか?

Photo

・通常の企業活動においては、パターン1が求められるが、全ての戦略がこれだけで良くない。ホームランの可能性があるパターン4もチャレンジすべきである。ヤマト運輸の宅急便ビジネスは当時小倉社長一人がやりたいと言い、社員全員が反対した(×の戦略)。しかし、結果は○であった。

・パターン4を成功させるためにはポジティブシンキングが重要となる。

・ウォルマートの昇進試験では「どこに住んでいますか?」と尋ねられる。ポジティブシンキングの人は「遠くに住んでいるが、本を読む時間を確保できて良い、運動が出来る」のように答え、ネガティブシンキングの人は「遠くに住んでいるので寝る時間が減る、通勤に非常に疲れる」と答える。例え良くない×の戦略であっても、ポジティブシンキングの人であれば必ず成功させる力があると考えている訳である。

10)イントロダクションの答

5球ともマス7へ投げ続けるのが正解と言える。

・落合監督は選手時代、内角低めが苦手でここに投げられるとお手上げだったが、幸いなことにそこばかり攻めてくるバッテリーが居なかった。よって、選手として良い成績を残すことが出来たと語っている。野球経験者ほど、球を散らそうとか、眼が慣れてくるので違うところへ、と考えてしまいがちである。

-------------------------------------------------

今回で戦略マネジメントの講義も終了。shimicchoroさんのおかげで、非常によくわかりました。(ブログ更新も超ラクでした(笑))shimicchoroさん、本当にありがとうございました!

« シミッチョロの戦略マネジメント⑪の巻 | トップページ | 【ブログ部企画第六弾】旅のつづき »

リコヤン(shimicchoro)と戦略マネジメント」カテゴリの記事

コメント

shimicchoroさん
すっごく分かり易いまとめですね。12回、一気読みしちゃいました。内容を良く理解しておられるからこその簡潔さだと思います。教科書だけ買って一度も授業に行ってないんですが、何だかトクした気分を味わってます。本当にありがとうございました。
そしてリコヤン、いつも有益なブログをありがとう!

ZZTさん、コメントありがとうございます。
shimicchoroさんのサマリーは本当にわかりやすいですよね!もっと早くアウトソーシングすればよかったです(笑)
MBA生活もあと3ヶ月。今後も可能な限り更新していきますので、よろしくお願いしますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179561/34989619

この記事へのトラックバック一覧です: シミッチョロの戦略マネジメント⑫の巻:

« シミッチョロの戦略マネジメント⑪の巻 | トップページ | 【ブログ部企画第六弾】旅のつづき »