最近のトラックバック

カテゴリー

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

【祝500回記念】区切りと共にとりあえず仕上げたのだ!の巻

修論提出まであと24日。そして、ついに昨晩書き終わりました!よっしゃあああああああ!書きに書いて全73枚!ちょっと多すぎ?(笑)予定より1週間遅れました。何でも同じですが、やっぱり仕上げるって大変ですね。

と言いつつ、以前書いた1~4章の内容と最近書いた5~7章の内容が少しズレていたり、文章もこなれてなかったり、先行研究レビューも見直しが必要だったりするので、今日1日は修正できるところを修正してから、教授へ提出したいと思います。

今後の予定ですが、

 ・8月01日(日)~06日(金):教授&TA&副査からのフィードバック

 ・8月07日(土)~15日(日):原稿修正(注:9連休です(笑))

 ・8月16日(月)~20日(金):教授からのフィードバック&微修正

 ・8月21日(土):提出予定

で進めたいと思います!

そして、ブログも今回でちょうど500回。前人未到!とは言いませんが、我ながらよく続いたな~と思います。そして、明日から8月!ケースの金賞からもうすぐ1年。今日はなんだか少しだけ気持ちがいいです...

もう1章増やしたいんですけど...の巻

修論提出まであと25日。この期におよんで「もう1章増やしたい!」とバカなことを考え始めてしまいました...もう全然終わらない。

さて、修論もそうですが、本ブログのフィナーレも徐々に近づいてきました。もともと私はブロガーではありませんでした。改めて過去のブログを読むと、しょうもない記事の多さに愕然とします。それでも、一つだけ満足しているのは「更新頻度」。って、昨年は日曜にほとんど作成した記事を分割してアップしていただけですが、それでも「よく継続できたな」と自分のことながら感心します。

修論提出までは「産みの苦しみ」をツラツラ書くことになると思いますが、修論提出後はこの1年半の内省と今後の話をアップしていきたいと思いますので、最後までお付き合いいただければ幸いです。

さあ、今日も一日頑張りましょう!

あとちょっと×4?の巻

修論提出まであと26日。見直す度にボロが出てきて、全然完成しません。ああ、ああ。

昨日は最後のインタビューを行いました。鉄道事業者さんの元役員の方。お陰さまで非常に参考になりました!ただし、認識が間違っていた点もいくつか見つかりました。その部分については修正しないと(笑)

昨晩は最終章の原稿を少し書き始めましたが、「結局、本研究で何がわかったのか?」についてはなんとなく書けても、「本研究の限界」とか「今後の課題」って書こうとすると結構難しいことが判明。そもそも、大した研究やってないので、「限界」とか言われても(笑)という訳で、とりあえず「謝辞」から書きました(笑)

いずれにせよ、今晩も考えて考えて考え抜いて、なんとか最終章を仕上げたいと思います。(今晩、絶対に終わらすぞ!おー!)

あとちょっとちょっとちょっと?の巻

修論提出まであと27日。修論提出までタイトルの「ちょっと」が続いたらどうしようと少しだけ思ってきました...

さて、ようやく分析部分の小括と最後の章を残すのみとなりました。でも、ひょっとしてここからが大変?結局、7月末までかかるかな?

とりあえず今日&明日中になんとかしたいです!今日も1日頑張りますよ!

あとちょっとちょっと!の巻

修論提出まであと28日!いよいよシャレにならない状況になってきました(笑)このカウントダウンも賛否両論。「うっとうしいんじゃ、ボケ!」という人と「助かってます!」という人がいます。まあ、カウントダウンは続けますので、不快な人は冒頭を飛ばして読んで下さい(笑)
修論ですが、ここ数日間、分析パートの一つ一つの要素について深く考察しようと思い、非常に多くの時間を費やしてきましたが、いい加減もう時間切れですね。
とりあえず、あと数日で一度締めたいと思います。そして、残りの時間をつかって、出来る限りブラッシュアップし、納得いく論文に仕上げたいと思います!(8月に再度9連休がありますしね(笑))

【ブログ部企画第八弾】マイフェイバリットソング

今回はブログ部企画「共通ブログタイトル」です。ブログ企画も残り3回(9月に卒業できれば、ですが(笑))ということで、残りのテーマについてブログ 部員一同で検討した結果、今回のテーマは「マイフェイバリットソング」に決まりました。(って、最終的には私の独断で決めてしまいましたが(笑))

---------------------------------

マイフェイバリットソング。略してMFS。(略したら逆に言いにくい(笑))

私、実は結構「歌好き」です。という訳で、MFSは結構多い方かと思っています。思えば、幼少期に親に無理矢理「ドレミファ・ドン」に 出演させられた時から、「歌好き」への道は始まっていたかも(笑)たしか当時6歳。MFSは桑名正博の「セクシャルバイオレットNo.1」。

中学時代に最初に借りたCDは たしかブルーハーツの「YOUNG AND PRETTY」。MFSは マーシーの「チェインギャング」。よく聴いたな~。そして、高校時代に受験勉強しながらよく聴いたのはオフコースの「YES NO」、尾崎豊の「街路樹」、レベッカの「MOON」 などなど

その後のMFSもたくさん あります。大学時代の甘酸っぱい思い出を思い出すサザンの「勝手にシンドバッド 」や長渕の「巡恋歌」インドネシア滞在時によく聴いたミスチルの「Everything (it s you)」。一級建築士の勉強時によく聴いたミスチルの「未来」など。いやあ、やっぱ 歌はいいですね!

が、今回はMFSのエピソード を書こうということになって おります。そこで私は尾崎豊の「永遠の胸(エターナルハート)」を選びました。(多分 皆さん知らないでしょうが...)

当時、私は高校生。精神的にドンドン強くなっていった時期であり、ドンドンドンドン上を目指していた時期でもあります。そんなある日、借りてきた尾崎のCDを聴いていたところ、突然自分の中に 大きな衝撃が走り、意味もなく発狂しそうになった のを今でも覚えています。 それがこの「永遠の胸」という 特に下記の歌詞 が私にとって強烈でした

なぜ生まれてきたの?生まれたことに意味があり、僕を求めるものがあるなら...

ああ ああ、これって...この「問い」は私が幼少時代から漠然と感じていた 問い。その漠然としていたものが 、この曲を聴いた瞬間、急に大きくなってきて...この歌詞を聴いたなぜ自分は生まれてきたのか?について真剣に、何日も何日もみました。

「自分は本当に誰かに求められて生まれてきたのか?」

実はこの時以来、私はこの答えを探し続けているのですが、いまだ見つかっていないというのが現状です。文字通り、私にとって永遠のテーマなのかもしれませんね。しかし、歌ってスゴい!自分でも漠然としか感じていなかった大事な「問い」に気づかせてくれるのだから。ああああああああ、カラオケ行きたい(笑)

あとちょっと!の巻

修論提出まであと30日。さあ、本当にいよいよですね。

どうも7月末までに、とりあえず書き切った論文を提出するよう要求されているゼミが多いようですね。みんな顔つきが変わってきたような気がします。

私は言うと、ようやく分析部分が半分ぐらい完成しました。今日中の完成は厳しいですが、2~3日中にはなんとかしたいと思います!

さあ、今日も一日頑張りますよ!

ラスト1ヶ月の攻防!の巻

修論提出まであと31日そして、9連休も残り2日。修論のあまりの進捗の悪さにかなり意気消沈しておりますが、それでも一歩ずつゴールに近づいている感覚はあります。現在、論文執筆中。データの整理や分析に時間をかけたせいか、今のところ思ったよりスンナリ書けています。とりあえず、もう少しだけ頑張りたいと思います!さてさて、今週の講義予定は下記の通りです。

---------------------------------

土曜日

3限:現代経営学演習:修士論文の検討(自習)

4限:現代経営学演習:修士論文の検討(自習)

5限:現代経営学演習:修士論文の検討(自習)

---------------------------------

さあ、今日は朝から学校へ行って、修論を進めますよ!

【ブログ部サプライズ企画】 新米課長とかけまして

さて、今回のブログは変則 バージョンの3テーマ「静岡」「単身赴任」「管理職」 最後に一体何が出てくるのか?皆さん、整いましたか?(笑) 

---------------------------------

「静岡」と聞いて思い出すのは サッカー。キャプテン翼を読んで、「ああ、修哲小に行きたい!」と思ったのを思い出します。あとは大学時代の 親友かづき君が浜松 勤務している時代に、遊びに行った時のことを思い出します。 と言っても思い出すのは、美人理容師に丁寧に髪を切ってもらった甘い 思い出と、晩のフィリピンパ...この辺でやめておきましょう(笑)

「単身赴任」と聞いて思い出すのは 、テーマPJメンバーのミッチーヒコヒコ氏。 現在、某企業の上海事務所の総経理として上海に単身赴任中 です。今はゼミの関係で2週間に一度程度帰国していますが 、向こうの仕事もかなり大変みたいです。夜の接待も 大変!と 言ってましたが...少し顔がニヤけてましたね。本当に大変なのでしょうか?(笑)上海の カラオケの...おっと、 この話もこの辺でやめておきましょう(笑)

「管理職」と聞いて思い出すのは 来年。早ければ来年 管理職上がります と言っても、不安に思うことは全くなく、かつワクワクすることも全くありません。 気になるのは、管理職1年目は年収が下がるらしい という信じがたい これでは当然お小遣いアップは見込めない。今後も気軽に 飲みにも行けない。行きつけだった三宮のスナッ...おおっ、この話も この辺でやめておきましょう(笑)

と、いろいろ書きましたが、今日はこれらのテーマに関する方にとって特別な日でして。えー、結局のところ何が言いたいかと言いますと... さあ、整いました!(りこっちです) 新米課長、誕生日おめでとうございます。今年1年が新米課長にとって素晴らしい年でありますように!

注:全然落ちて いませんが、その辺りはご勘弁を!

分析は自分で!の巻

修論提出まであと33日です(笑)今日も朝から大学の自習室に来ております。

先程、K原先生とランチしてきましたが、

「(K原先生)分析部分は自分で頑張って下さい!」

との、激励(?)の言葉をいただきました。

うーん、たしかに。分析こそが研究の「キモ」の部分であり、この部分でアドバイスを貰ってばかりでは、自分の研究とは言えなくなるかも。ということで、午後も、引き続き分析を進めたいと思います。(しかし、いつになったら原稿作成が進むのやら...)

網羅的に書くか?掘り下げて書くか?の巻

修論提出まであと34日です。今日は朝から大学の自習室に来ております。

さて、最近の修論に関する悩み事は、分析部分を網羅的に書いた方がいいのか?重要因子に絞り込んだ上で掘り下げて書いた方がいいのか?です。ケースPJやテーマPJの経験から、私は当然「掘り下げて書くべし!」と思ってたのですが、先日の担当教授との面談では下記のようなアドバイスをいただきました。

「(K原先生)専門職学位論文では、重要因子に絞り込んで掘り下げて書くより、全部の因子について網羅的に記述する方がよい。まずは書き物に残すことが重要。(注:私のテーマの場合に関するアドバイスです)」

うーん...本当かな?でも、今は信じるしかありませんね(笑)とりあえず、今週中に網羅的に書いた論文を完成させたいと思います。そして、いろいろな方に読んでいただき、フィードバックコメントをいただいた上で、「網羅的でいいのか?掘り下げるべきか?」の最終判断をしたいと思います!

めくるめくくめの会計制度⑰の巻

9連休の4日目、 修論提出まであと35日です(笑)今日も引き続き分析を行い、できれば原稿作成を進めたいと思います。さてさて、下記は 先々週の「会計制度応用研究」のつづきです。

-------------------------------------------------

土曜1~2限:会計制度応用研究⑫⑬⑭⑮

4)第13回の概要

・利益調整と投資戦略

5) 主な内容

・利益調整と投資戦略について論じる。

6) 内容の詳細

・会計発生高にはアノマリーがあるかもということで、いろいろな研究がなされた。その結果、会計発生高と裁量的は発生高から、将来リターンを予測することが可能であり、投資戦略として実用性があることがわかる。これは、投資家が利益の持続性を適切に評価していないことに起因すると考えられる。

・異常から、会計情報を分析することで、異常株式リターンを獲得できることを示唆している。会計情報の実際的有用性をこれは意味する。

7)第14回の概要

IR に関するMBA生からの発表⇒詳細は省略します!

8)第15回の概要

・講義のまとめ⇒詳細は省略します!

-------------------------------------------------

会計制度応用研究の講義サマリーも、今回で最終回です。 私は講義に出席しませんでしたが、めくるめくくめさんのお陰で大変よくわかりました。めくるめくくめさん、 本当にありがとうございました!(サプライズもありがとね!)

文字起こし終了?の巻

修論提出まであと36日(笑)
やっとフォーカスグループの文字起こしが完了。(なんと2時間分)キツかった~。これにて文字起こしは終了!と言いたいところですが、月末にインタビュー2件を追加することを決意しました!良い研究をするためには仕方ありませんね。
あとは今日と明日でコーディング&分析を進め、残りの日を使って論文を書ききりたいと思います!

修論集中ウィークに突入!の巻

修論提出まであと38日です(笑)そして、今日から9連休です、イエス!この9連休は「修論集中ウィーク」にする予定。早いところ原稿を完成させて、残りはゆっくり休みたいと思います!さて、今週の講義予定は下記の通りです。

---------------------------------

土曜日

3限:現代経営学演習:修士論文の検討(自習)

4限:現代経営学演習:修士論文の検討(自習)

5限:現代経営学演習:修士論文の検討(自習)

---------------------------------

本日は午前中フットサル。(暑そうだな~(笑))午後から自習室で修論を進める予定です。さあ、いよいよ書き上げますよ!

めくるめくくめの会計制度⑯の巻

修論提出まであと39日です(笑)現在、フォーカスグループインタビューの文字起こしに苦しんでおります...さてさて、下記は先週の「会計制度応用研究」のつづきです。

-------------------------------------------------

土曜12限:会計制度応用研究⑫⑬⑭⑮

3)内容の詳細(つづき)

<2>証券市場にもとづく動機

①新規株式公開仮説

IPO企業はIPO期において利益増加型の利益調整を行う。IPO期に裁量的発生高を多く計上している企業ほど、のちに大きな株価下落を経験する。

MBO仮説

MBOを目論む経営者は利益減少型の利益調整を行う。エクィティインセンティブが大きな経営者は利益増加型の利益調整を行う。

③利益ベンチマーク仮説

・米国企業の経営者は利益ベンチマーク(減益回避、損失回避、アナリスト予想値)を達成するために、利益調整を行う。一方で日本の経営者は減益回避、損失回避に加えて経営者予想値を達成するために、利益調整を行う。

-------------------------------------------------

つづく

20年来の好敵手!の巻

修士論文提出まであと40日です(笑)さあ、いよいよですね。

さて、今回は先日久々に逢った高校時代の友人についてちょっとだけ。彼は20年来の好敵手。つまり、ライバル(?)って奴ですかね。

高校時代、理系クラスのトップが私で2位が彼。しかも、高校1年の2学期以降で唯一試験で負けたのは彼。しかし、その後、立場は逆転する。

その後、私は指定校推薦でW大へ進学。が、彼は受験でW大に合格し、入学。私は土木工学科で、彼は王道の機械工学科へ。この辺りから、彼との抜きつ抜かれつというか、私が彼を一方的に追いかけるレースが始まる。

社会人になり、私が先に海外赴任の経験をする。その後、私を追うように彼も海外へ赴任する。私はインドネシアとモロッコ、彼はアメリカ。全くもって格で負けている。

彼は20代半ばで弁理士資格を取得。すぐにマネジャーへ昇格した。10年後、私は彼を追うように30代半ばで一級建築士と技術士資格を取得。が、いまだに係長クラスだ。

彼は米国の弁理士を目指して夜間の大学へ入学。その後、私が彼を追うようにMBAへ入学。ちなみに大学時代、私の方が先に彼女ができたような気がするが、結婚は彼の方が先であった。

こうしてみると路線は違いますが、同じような道で抜きつ抜かれつ、というか、私はズッと彼を追いかけているような気がします。そんなこんなで早20年。久々に会えば一気に昔の感覚に戻り、昔話に花を咲かせる。そして、今回はちょっとだけ「将来」についても真面目に語り合ってしまいました。

タクヤくん、珍しく仕事で悩んでいるようですが、すぐに道は開けると思いますよ。お互いいつまでも刺激しあえる仲でいれるよう、これからも頑張りましょう!

めくるめくくめの会計制度⑮の巻

修論提出まであと41日です(笑)昨晩、フォーカスグループインタビューに行ってきました。予想以上にいろんな話が聴けて、非常に有意義でした。ただし、これから2時間分の文字起こしが待ってます(笑)でも、頑張りますよ!

さてさて、下記は先々週の「会計制度応用研究」の講義サマリーです。今回もめくるめくくめさんが「善意」でサマリーを纏めてくれました。めくるめくくめさん、ありがとう!

-------------------------------------------------

土曜1~2限:会計制度応用研究⑫⑬⑭⑮

1)12回の概要

・利益調整の動機

2)主な内容

・利益調整を経営者がする動機について論じる。

3)内容の詳細

利益調整をする動機は、大きく二つである。契約にもとづく動機と、証券市場にもとづく動機である。

<1>契約に基づく動機

①ボーナス制度仮説

・利益連動型の報酬契約を結んでいる企業の経営者はボーナスの最大化を目指して利益を調整する。

②債務契約仮説

・債務契約で結ばれる会計数値にもとづく財務制限条項への抵触を回避するために、利益増加型の利益調整を行う。(例:日本航空は1994年に会計手続きを変更して、利益を調整し、倒産を免れた。良いか悪いかは別の話だが。)

③政治費用仮説

・政治コストが大きい企業の経営者ほど利益減少型の利益調整を行う。(例:イラク軍クウェート侵攻の際に石油が値上がりした際、石油精製会社は府の裁量的発生高を発生させた。)

④税コスト仮説

・税コストを削減するために、経営者は利益減少型の利益調整を行う。

⑤経営者交代仮説

・アメリカの研究では、新経営者は就任初年度において企業業績を成長傾向に持っていくために、ビッグバスを行う。

・首藤先生の研究(2010)では、日本においては、新任経営者のビッグバスは見られない。むしろ、新任経営者が企業外部から就任した場合、初年度において利益増加型の利益調整がみられる。

-------------------------------------------------

つづく

焦点を絞って絞って絞りまくります!の巻

修論提出まであと42日です(笑)→あと6週間とも言います

さて、今日は晩に修論関係のインタビューを「フォーカス・グループ」の形式で行う予定です。フォーカス・グループとは、グループ・ディスカッションの特殊系で、お互いに面識のない同等な集団メンバーが特定の話題について議論するものである。主な特徴は下記の通り。(ジェフ・ペイン ジュディ・ペイン著:キーコンセプト ソーシャルリサーチより抜粋)

 ①特定の話題に焦点をあてる。その話題は、あらかじめ決められた順番で、注意深く言い表された、自由回答形式の質問として導入される。

 ②グループは。通常6~10人で構成される。グループメンバーは、教育、社会的地位、職業、収入などが同じような人が選ばれる。参加者はお互いに面識がないようにすべきである。

 ③参加者が自由に語りその経験や意見を共有できるように、開催場所は快適な状態にすべきである。(軽食を用意するのが普通である)

 ④しばしば進行役とよばれる面接者は、一対一の面接とは違う技能と技術が必要になる。面接者は、いちどきに一人の人だけが発言するように注意しなければならない。

 ⑤他のディスカッショングループと同様にフォーカス・グループは。もし適切に運営されれば、潜在的な問題や意見を発見するのに役立つ。

しかも、誰が喋ったか後でわかるように、ビデオ撮影する必要があるらしいです。結構、大変。しかもしかも、今回はグループは3名ですし、お互いに認識もある。しかも、進行役(私)に特別な技能や技術はない。もうメチャメチャです(笑)しかし、より深い議論になり、研究にとってより良いデータを収集できることを期待して、なんとかトライしてみたいと思っています!頑張りますよ!

ワールドカップも終わり...の巻

修論提出まであと43日です(笑)

いやあ...皆さん、観ました?スペイン強かったですね!あそこでロッベンが決めていれば!とも思いますが、全般的にはスペイン優勢でしたね。スペインはホント良い選手が多い。(特にシャビ&イニエスタは鬼)しかし、ユーロ→ワールドカップ制覇するとは!これは当面、スペインの黄金期が続くかも、ですね。

さて...ワールドカップもTKサプライズ企画も無事(※1)終わりましたので、そろそろ修論に集中したいと思います(笑)今週はデータの整理&分析を更に進め、来週の9連休で一気に書き上げたいと思います!

※1 2~3の反省点はあるのですが(笑)→ねっ、mumuyauさん?

残り1.5ヶ月!の巻

修論提出まであと45日、つまり1ヶ月半です(笑)はやっ!さて、今週の講義予定は下記の通りです。

---------------------------------

土曜日

3限:現代経営学演習:修士論文の検討(自習)

4限:現代経営学演習:修士論文の検討(自習)

5限:現代経営学演習:修士論文の検討(自習)

---------------------------------

本日は午前中から大学へ行き、自習室で修論を進める予定。午後は教授と面談を行い、引き続き自習室へ。晩は修論提出前最後のゼミ懇親会に参加します。いやあ、懇親会楽しみですね!(どうなることやら、ねえニシケン!(笑))

一体いつまでこのサイクルを続けたらいいのか?の巻き

修論提出まであと46日です(笑)

さて、最近はワールドカップの合間に修論を進めている状況です。一応、5件目のインタビュー&文字起こしが完了し、最近はインタビューの解釈、カテゴライズ&コーディング、ロジックツリー作成に時間を費やしています。

最近の悩み事は、カテゴライズ&コーディングが進むと、インタビューで聞いてなかった点が明らかになり、再インタビューが必要だということが判明すること。そして、再インタビュー後は再度「インタビューの解釈、カテゴライズ&コーディング、ロジックツリー作成」に忙殺され、結果として再々インタビューが必要になることもしばしば。

一体いつまでこのサイクルを続けたらいいのか?

とりあえず、私の場合、7月17日(土)から9連休が控えており、ここで一気に原稿を書き上げたいと思っていますので、上記作業はその前までかな?と勝手に思っています。なんだかんだと結局、時間切れの感が否めませんね。

スペインvsドイツを観ながら!の巻

頑張って3時30分に起きて、スペインvsドイツ観てます。いやあ、スゴい試合ですね。全般的にはスペインが押してますが、全然点が入らない。既に後半10分。この展開はひょっとしてドイツ有利?

あああああああ、ゴール!スペイン先制だ!!!1-0。(後半28分)

しかし、スゴいヘッディングやったな。(プジョル?)やっぱスペイン強い!これでドイツは攻めるしかない。パワープレイに徹する?

えらく展開がはやくなってきた。スペインは必死に守ってカウンター?うわあ、ペドロ抜けた!なんで、フェルナンド・トーレスに出さない!あ~あ。スペインは1点損したな。ドイツは徹底してゴール前に上げてきますね。しかし、スペインはすごいパスサッカー。この時間帯でも全然質が落ちない。

ロスタイム3分。スペイン、初の決勝進出か。うわあ、試合終了。

これでワールドカップもあと2試合。ちょっと寂しい気もしますが、やっと修論に集中できそうです(笑)

めくるめくくめの会計制度⑭の巻

修論提出まであと48日です。5件目のインタビューの文字起こしが完了しました。今週&来週で分析を更に進め、ある程度結論を導き出したいと思います。さてさて、下記は先々週の「会計制度応用研究」のつづきです。

-------------------------------------------------

土曜1~2限:会計制度応用研究⑩⑪

6)内容の詳細(つづき)

・利益調整には、利益最大化・利益最小化・ビッグバス(極端な利益圧縮行動)、利益平準化などがある。

利益調整の見抜き方

①会計手続き選択を変更していないか、財務諸表の注記で確認→利益額に異なる影響を与える複数の会計手続き選択を併用している場合には解釈が困難になる。

②会計手続き選択のポートフォリオの研究→利益調整の影響を金額ベースで把握できない

③会計発生高の把握へ→会計発生高とは会計上の見積もりなどのキャッシュ・フロー以外の会計要素をすべて集約させたものである。会計利益は営業キャッシュフローと会計発生高の2つに分けられる。計算方法としては、直接誘導法や間接誘導法がある。ただ、減価償却の期間配分額や見積額を変更することはできてもゼロにはできないことから、会計発生高にも、裁量的な部分と非裁量的な部分もある。

④裁量発生高の把握へ→裁量的発生高を推計する方法として、さまざまなモデルがあるが、現在ではジョーンズ・モデルによる利益調整の把握が一般的。

-------------------------------------------------

めくるめくくめさん、ありがとうございました!

めくるめくくめの会計制度⑬の巻

MBAコースも64週目が終了。そして、修論提出まであと49日です。いよいよ50日を切ってしまいましたね。最近は「ノーストレス修論」を心掛けていましたが、そろそろ纏めないといけませんね。今週はエンジン全開で頑張ります!

さてさて、下記は先週の「会計制度応用研究」のつづきです。

-------------------------------------------------

土曜1~2限:会計制度応用研究⑩⑪

4)11回の概要

・投資戦略

5)主な内容

・利益調整:定義と見抜き方

6)内容の詳細

・利益調整とは、「何らかの特定の目的を達成するために、経営者によって行われる会計数値を対象とした裁量行動」とされる。

定義のポイント

①利益操作(不正会計)とは、GAAPの範囲内かそうでないかで、明確に区別される。

②定額法や定率法といった会計手続き選択だけではなく、見積もり等の調整も含まれる。

③裁量行動は、会計的裁量行動と実体的裁量行動に分類される。実体的裁量行動とは、企業活動自体を変更することによって、報告利益を操作すること(たとえば、研究開発費や広告宣伝費を調整するなど)。

④会計発生高は、反転する(←とても重要!!!)。GAAPの範囲内で行われる利益調整は平均回帰的な性質を有するため、報告利益を無制限に増加(あるいは減少)させることはできないのである。

-------------------------------------------------

つづく

修論提出まであと50日!の巻

修論提出まであと50日!いよいよ50日ですね、皆さん!

さて、今回はRednoseさんのマネのようで恐縮ですが...組織行動Ⅱレポートのフィードバックコメントについて少し書きたいと思います。

先週土曜日に組織行動Ⅱレポートの返却がありました。さすがリーダーシップやモチベーションの権威!と思わせるK井教授のコメントのオンパレードに、「話半分」とわかっていつつも、思わず感激してしまいました。特に感激したコメントは下記の通りです。

「お話を皆さんの前で聞かせていただいたからでなく、経験と内省の深さゆえに、最高のレポートです。The Most Admired Report of All. A+(A++ってないのですがA++です)」

なんだかな~。カッコ内の言葉にしびれました(笑)修論も今からリーダーシップの研究に変更して、K井教授についていこうかな~とさえ思ってしまいました(笑)→K原先生、スイマセン

ゼネとこの組織行動ⅡをMBA講義のキャップストーン科目に設定して本当に良かったな、と心から感じた瞬間でした。

心と体にたまった膿を出せ!巻

修論提出まであと52日。今週の講義予定は下記の通りです。

---------------------------------

土曜日

3限:現代経営学演習:修士論文の検討(自習)

4限:現代経営学演習:修士論文の検討(自習)

5限:現代経営学演習:修士論文の検討(自習)

---------------------------------

本日午前中は集中豪雨の中、会社関係の仲間とフットサルしてきました。いやあ、やっぱフットサルはいいですね!久しぶりに心と体にたまった膿を出せました。超スッキリ!

今日は夕方まで大学の自習室で修論。晩も修論を進めて、その後はアルゼンチン戦です!

めくるめくくめの会計制度⑫の巻

修論提出まであと53日。昨日は修論関係の作業リストを洗い出しました。あとはこれを一つずつ潰していくだけ...ですね。

さてさて、下記は先週の「会計制度応用研究」のつづきです。

-------------------------------------------------

土曜1~2限:会計制度応用研究⑩⑪

3)内容の詳細(つづき)

アクティブ戦略と会計情報(この話は面白い!!!

・アクティブ戦略とは、アノマリー等を活用して、市場平均を上回る投資収益の獲得を目指すものである。アノマリーとは、効率的市場仮説に反するような現象のことをいう。

Ou and Penman(1989)は、データマイニングの手法で、増益・減益に影響を及ぼす16の財務比率を特定し、増益しそうな企業の株を買い、減益しそうな企業の株を売るということをしたところ、平均異常投資収益率は14.5%であった(儲かった!!!)。

Ohlson(1995)は伝統的な割引配当モデルに、会計の「クリーン・サープラス関係」を考慮して展開した超過利益モデルを開発した。このモデルによる投資収益率は、なんと35!!。昔はすごい儲かった。

・このOhlsonというのは、本当に天才。倒産リスクに関するOhlsonモデルもこの人の功績である。

・ただ、今は、みんなこのモデルを知っていて、このモデルで計算しちゃうので、儲からなくなっているとのこと。残念。儲かると思ったのに。

-------------------------------------------------

つづく

めくるめくくめの会計制度⑪の巻

今日から7月。修論提出まであと54日です(笑)ここ1ヶ月はワールドカップを軸に生活していたので、修論はほとんど進んでいませんが、とりあえず来週末には今あるネタで一度完成させようと思っています。あとは7月中旬に9連休、8月中旬に9連休が控えておりますので、なんとかなるでしょう(笑)イエス!

さて、下記は先週の「会計制度応用研究」の講義サマリーです。今回もめくるめくくめさんが「善意」でサマリーを纏めてくれました。めくるめくくめさん、ありがとう!

-------------------------------------------------

土曜1~2限:会計制度応用研究⑩⑪

1)10回の概要

・投資戦略

2)主な内容

・証券投資意思決定における会計情報の有用性について検討する。

3)内容の詳細

会計情報と株価

・公表された利益情報が株価に影響を及ぼしていることが、Ball and Brown(1968)の研究で明らかになった。期待外利益(思ったより利益の出た企業)の収益をあげたところが、累積異常投資収益率が高いことを実証研究で示したものである。同様の研究は、元桜井ゼミの石川(2004)もしている。

・また、年次利益公表週の異常投資収益率の分散が最大であることを、Beaver(1968)が示しており、やはり年次利益情報が株式投資に有用な情報となっていることを示している。

・これら研究では利益情報の公表とほぼ同時に市場がその情報を株価に織り込んでおり、公表される利益情報を前もって入手した場合にのみ有用であることが限界である。要するに利益公表後に、情報を用いて儲かるということはできない。(残念)

パッシブ戦略と会計情報

・パッシブ戦略とは、ポートフォリオ・リスクに見合ったリターンの獲得を目指す、すなわち平均的投資収益の獲得を目指すものである。

・こうしたパッシブ戦略に、関しては会計情報は、次の意味で役に立つ。

・すなわち、不確実性という意味で投資リスクを定義した場合、最大のリスクは企業が倒産に陥るリスクである。こうした倒産に陥るリスクについては、会計数値に基づいた安全性の指標(損益分岐点比率、自己資本比率、負債比率、利益変動制、会計β値など)がデフォルト・リスクの予測に役立つ。したがって、会計情報がリスクの推計に役立つといえるのである。

-------------------------------------------------

つづく

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »