最近のトラックバック

カテゴリー

« 文字起こし終了?の巻 | トップページ | 網羅的に書くか?掘り下げて書くか?の巻 »

めくるめくくめの会計制度⑰の巻

9連休の4日目、 修論提出まであと35日です(笑)今日も引き続き分析を行い、できれば原稿作成を進めたいと思います。さてさて、下記は 先々週の「会計制度応用研究」のつづきです。

-------------------------------------------------

土曜1~2限:会計制度応用研究⑫⑬⑭⑮

4)第13回の概要

・利益調整と投資戦略

5) 主な内容

・利益調整と投資戦略について論じる。

6) 内容の詳細

・会計発生高にはアノマリーがあるかもということで、いろいろな研究がなされた。その結果、会計発生高と裁量的は発生高から、将来リターンを予測することが可能であり、投資戦略として実用性があることがわかる。これは、投資家が利益の持続性を適切に評価していないことに起因すると考えられる。

・異常から、会計情報を分析することで、異常株式リターンを獲得できることを示唆している。会計情報の実際的有用性をこれは意味する。

7)第14回の概要

IR に関するMBA生からの発表⇒詳細は省略します!

8)第15回の概要

・講義のまとめ⇒詳細は省略します!

-------------------------------------------------

会計制度応用研究の講義サマリーも、今回で最終回です。 私は講義に出席しませんでしたが、めくるめくくめさんのお陰で大変よくわかりました。めくるめくくめさん、 本当にありがとうございました!(サプライズもありがとね!)

« 文字起こし終了?の巻 | トップページ | 網羅的に書くか?掘り下げて書くか?の巻 »

リコヤン(めくるめくくめ)と会計制度」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179561/35821325

この記事へのトラックバック一覧です: めくるめくくめの会計制度⑰の巻:

« 文字起こし終了?の巻 | トップページ | 網羅的に書くか?掘り下げて書くか?の巻 »