最近のトラックバック

カテゴリー

« 居眠り王のネゴシエーション②の巻 | トップページ | 【番外編】もっともっと自分の成長につながることにトライしたい!の巻 »

【番外編】3ヶ国語を操るおじさん!の巻

今日はブリュッセル生活2日目のつづき。水の都ブルージュ。はんさむは水がよく似合う。

ランチ後、運河クルーズをしました。

Sn3m0045

運河クルーズは一つのボートに約30名の観光客が乗船。そこに運転者兼観光ガイド(キャプテン)が1名乗船。うちのボートのキャプテンはエラく太ったおじさんでした。

「(リコヤン)おいおい、ボート沈むんちゃう?」

と思わせるほどの巨漢ぶり。しかも、ムスッとしてちょっと怖い感じ。私の席は前から2番目。よく見ると、キャプテンのお尻は椅子からはみ出ている。巨漢だ~。そして、クルーズ出発!

思ったら、キャプテンはいきなりオランダ語でガイドを始めました。もちろん全くわかりません。

「(リコヤン)オランダ語は全くわからんな~。」

と思っていたら突然フランス語に切り替えました。おおっ!ちょっとだけ理解できる。そういえば、ベルギーの公用語はフランス語とオランダ語。

(リコヤン)やるな~、このおじさん。」

と思っていたら今度は突然英語に切り替えました。ここまでくるとスゴい!こんなに太っているのに!(関係ないか(笑))しかも、かなり流暢な英語だ。こんなに太っているのに!(関係ないか(笑))そして、またオランダ語、フランス語へと切り替える。なんか、カッコいい。よく見るとキャプテンは口ひげをはやしている。これもなんかカッコよく見えてくる。不思議だ ~(笑)

感心しているうちに、運河クルーズも終了。その後、ベギン会修道院へ行き、ICでブリュッセルへ戻りました。

« 居眠り王のネゴシエーション②の巻 | トップページ | 【番外編】もっともっと自分の成長につながることにトライしたい!の巻 »

リコヤンとブリュッセル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【番外編】3ヶ国語を操るおじさん!の巻:

« 居眠り王のネゴシエーション②の巻 | トップページ | 【番外編】もっともっと自分の成長につながることにトライしたい!の巻 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ