最近のトラックバック

カテゴリー

« 【番外編】はんさむを育成するはんさむになりたい!の巻 | トップページ | 【番外編】みんな苦しんでいますね...の巻 »

【ブログ部企画第十三弾】ICE BREAKERS

今回は皆さんお待ちかね(?)の「共通ブログタイトル」の日です。テーマはHTスーパー係長推奨の「ICE BREAKERS」。ICE BREAKERSとは「緊張を解きほぐすもの」と言う意味らしいです。へえ×5

---------------------------------

ICE BREAKERS...私はこの言葉を聞いて、あるエピソードをすぐに思い出しました。

それは入社2年目、インドネシア駐在時。当時担当していたプロジェクトは私のせいで(っていうか、私がコントロールしていたインドネシアの設計会社のせいで)大幅に遅れていたため、毎日のように日本や建設現場にいる部課長クラスの方々から電話で怒られる日々を過ごしていました。肉体的にも精神的にも限界になりつつあり、すべてを投げ出したい衝動にかられていたある日、日本からプロジェクトマネジャーがやってきました。

「(リコヤン)ああ、また怒られるのか...」

と思っていたところ、到着早々

「(プロジェクトマネジャー)たまには美味いモノでも食いに行こう!」

と、私を日本食の店に連れ出してくれました。そこでは仕事の話は一切なく、終始たわいもない話をしたと記憶しています。そして、二次会はカラオケへ。

「(リコヤン)ああ、早く帰って仕事しないと...」

と、あまり乗り気でない私を尻目に、若い女性たちと異常に盛り上がるプロジェクトマネジャー。

「(プロジェクトマネジャー)ギャー!待て~!」

そして、それをからかう女性たち。

「(プロジェクトマネジャー)お前ら、俺のことバカにしてんのか?ははは!」

結局、その日は明け方までバカ騒ぎしました。次の日の朝...プロジェクトマネジャーは事務所に来るなり、私に対して一言。

「(プロジェクトマネジャー)リコヤン!困っていることを、遠慮せずに言ってみい。」

私はすべてブチまきました。もう怒られてもいいと、そう思いました。その中には単なる「不平・不満」も含まれていたような気がします。そして、かれこれ1時間ほどブチまいた後、プロジェクトマネジャーはその口を開いた。

「(プロジェクトマネジャー)これとこれは俺がなんとかしよう。これとこれは日本でやらせる。でも、これとこれはお前に頑張ってもらわんといかん。」

結局怒られるのか?と思った次の瞬間、一気に肩の力が抜けたのを今でも覚えています。

「(プロジェクトマネジャー)周りはギャーギャー言ってるかもしれないけど、気にするな。お前がやってる仕事は非常に難しい。でも、極めて重要な仕事だ。何かあったら、すぐに俺に言ってこい。まあ、大変だとは思うけど、もう少しだけ頑張ってくれ。頼むわ。」

食事に連れ出すタイミング、カラオケでのバカ騒ぎ、11での悩みの聞き出し方、そして、最後の「頼むわ」。自分の努力を認めてくれている。そして、こんな若い自分に「頼む」と言ってくれている。これで頑張らなきゃ、男じゃない!この人のためにも、もう少し頑張ろう!と、そう強く感じた日になりました。

結果、その後もフルパワーで走り続け、最終的には入院してしまいましたが、「あそこで腐らずに、更に頑張れたこと」は今の自分の原点だったような気がします。そして、今の自分は、間違いなくこの方の影響を大きく受けているようです。

« 【番外編】はんさむを育成するはんさむになりたい!の巻 | トップページ | 【番外編】みんな苦しんでいますね...の巻 »

リコヤンとブログ部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179561/37912440

この記事へのトラックバック一覧です: 【ブログ部企画第十三弾】ICE BREAKERS:

« 【番外編】はんさむを育成するはんさむになりたい!の巻 | トップページ | 【番外編】みんな苦しんでいますね...の巻 »