最近のトラックバック

カテゴリー

« 【速報2】はんさむ、夜の関空に舞い降りる...の巻 | トップページ | 【番外編】初のリニアにウキウキウォッチング?の巻 »

【ブログ部企画第十四弾】プライオリティ

今回は皆さんお待ちかね(?)の「共通ブログタイトル」の日です。テーマは第一秘書:Rednoseさん推奨の「プライオリティ」。いやあ、なかなか奥が深いテーマですね!

---------------------------------

実はプライオリティと聞いて真っ先に思いついたのは、「プライオリティ・シート(優先座席)」。時々、若くて元気そうな方が優先座席に座っているのを見かけ、何とも言えない気持ちになることがあります。一方で、優先座席以外の席は一杯にもかかわらず、優先座席だけがガラガラなのを見て、「ああ、座りたい。でも、座れない...」という衝動にかられることもあります。フットサルなどで怪我をして、メチャメチャ足が痛い時に、本当は空いている優先座席に座りたいけど、

「(周囲の客)あいつ、若いのに優先座席に座ってるぜ、サイテー!」

と、影で言われるかもしれないと思うと、迂闊に座ることのできない優先座席。優先座席は奥が深い。(と、私は思っています)しかしながら、Rednoseさんから

「(Rednose)こんな文章を読むために、このテーマにしたのではありません!プンプン!」

とお叱りのメールがきそうな感じもするので、もう少し真面目な話を書きたいと思います。という訳で、「日々のプライオリティ」について。

私の場合、ここ数年は特に「仕事」「勉強」「家庭(恋愛)」「遊び」「スポーツ」の5つのバランスを保つことが人生にとって重要だと勝手に思い込んでいます。どれが欠けてもダメ。すべてをバランスよく。当然「家庭(恋愛)は常に一番重要!」ということとして(笑)、以下にその他の要素のプライオリティの変遷を振り返ってみたいと思います。

例えば、入社して1~2年目の時のファースト・プライオリティは完全に「遊び」。「仕事」よりも「遊び」優先。次に「仕事」→「スポーツ」の順番だったような気がします。この時期の特徴は「勉強」という概念がゼロだったということ。いや、むしろ「仕事=勉強」と捉えていたような気がします。

次に、ある程度仕事が任されるようになりつつあった3~10年目の時のファースト・プライオリティは「仕事」。この時期は妙に仕事を面白く感じた時期だったような気がします。次に「遊び」と「スポーツ」が同等。勉強という概念は相変わらずゼロでした。この時期、サッカーに真剣に打ち込むようになり、「文武両道(仕事とスポーツを両立)」という言葉を妙に意識していました。

本社部門に異動した11~14年目の時のファースト・プライオリティは「勉強」。本社部門に転籍して、「自分は一体何ができるのか?自分の武器が欲しい!」と強く思うようになり、目先の「仕事」より将来を見据えた「勉強」を優先し始めたような気がします。次に「スポーツ」と「遊び」が同等、「仕事」は最後になりました。

そして、MBAに在籍したこの1年半のファースト・プライオリティもやはり「勉強」。「遊び」や「スポーツ」はMBA生活に取り込むなど工夫しながら最小限とし、「仕事」も最小限の力で捌いてきました。今は完全に目先ではなく、将来を見据えてプライオリティを決めているような気がします。

つまり、時期によってプライオリティは変動していくということですかね。そして、個人的には目先のことから将来をより重視する傾向に変わってきたような気がします。大事なのは「今一番重要なものは何か?それはなぜか?」を定期的に考え、実行していくことなのかもしれませんね。

« 【速報2】はんさむ、夜の関空に舞い降りる...の巻 | トップページ | 【番外編】初のリニアにウキウキウォッチング?の巻 »

リコヤンとブログ部」カテゴリの記事

コメント

ありがとうございます!
優先席のくだりも好きです。
私より長いキャリアをお持ちで、
振り返られた、プライオリティの変遷と、
先を見据えた考え方に気づきがありました!

Rednoseさん、コメントありがとうございます。
参考になったみたいで嬉しい限りです。それにしても良いテーマでした。アッパレ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179561/38284567

この記事へのトラックバック一覧です: 【ブログ部企画第十四弾】プライオリティ:

« 【速報2】はんさむ、夜の関空に舞い降りる...の巻 | トップページ | 【番外編】初のリニアにウキウキウォッチング?の巻 »