最近のトラックバック

カテゴリー

« MBA論文の位置づけをより明確に...の巻 | トップページ | 枯れた事業も実はおいしい?の巻 »

変化の見極めとスピードが重要!の巻

昨日は「定性的方法論」の講義を受けてきました。なかなか面白そうな講義ですので、サマリーをレポートしていきたいと思います。

さて、下記は4月9日(土)のゼネの講義報告です。ただし、この日はPh.Dオリエンテーションがあったため、3限は出席できませんでした。スイマセン。

-------------------------------------------------

土曜35限:ゼネラルマネジメント応用研究④⑤⑥

1)「ジャック・ウェルチが実践した企業戦略」に関する講義があった。はじめにNHKスペシャル「世紀を越えて-世界ビッグパワーの戦略-」を鑑賞した。

2)次に、上記に関するディスカッションが行われた。

・主なディスカッション内容は下記の通り。

http://rico-yuan246.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/1-e2bb.html

http://rico-yuan246.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/post-e67e.html

http://rico-yuan246.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/post-ecdb.html

・(ウェルチ)変化を見つけたら、そこには必ずチャンスがある!

・米国の製糖会社は今も存在しているが、かつての輝きはない。なぜか?経営が悪かったのか?これはマネジメントの良し悪しではない。時代の流れである。時代が求めているモノでないと、勝負にならないということ。企業は時代にあわせて看板をかけかえないと生き残れない。自分らの事業をモノで定義した企業はみんな落ちていった。世の中の変化を感じ、いち早く事業を変えていくことが重要。

・エジソンの名言「10日にひとつの小さな発明を、半年に一つの大きな発明を」⇒エジソンの時代もGEは「スピードを重視」していた!

-------------------------------------------------

この講義は何も聞いてもホント刺激になります。本講義のキーワードは「変化の見極め」と「スピード」。これらの能力をどうやって身につけていったらいいのか?常にアンテナをはって、訓練し続けることが重要なのか?いやあ、難しい問題ですね!

« MBA論文の位置づけをより明確に...の巻 | トップページ | 枯れた事業も実はおいしい?の巻 »

リコヤンとゼネラルマネジメント」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 変化の見極めとスピードが重要!の巻:

« MBA論文の位置づけをより明確に...の巻 | トップページ | 枯れた事業も実はおいしい?の巻 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ