最近のトラックバック

カテゴリー

« 自分の研究分野のオタクになれ!の巻 | トップページ | ケース・スタディとドキュメンタリーは何が違うのか?の巻 »

【ブログ部企画第十八弾】キャリア・アンカー

今回は皆様お待ちかねの「ブログ部企画」です。今回で18回目!いやあ、「継続は力なり」ですね!さて、今回のテーマは私が選定しました。テーマは「キャリア・アンカー」。キャリア・アンカーはK井先生の「組織行動Ⅱ」の講義の時に一度扱いましたが、MBAを修了し、キャリアの節目を迎える中、アンカーに変化はあったのか?に興味を持ち、選定させていただきました。皆さんも是非アンカーを再確認してみて下さい。

----------------------------------

今回のテーマは「キャリア・アンカー」。今回の記事は、エドガーH.シャイン著『キャリア・アンカー 自分のほんとうの価値を発見しよう』を参考にしています。前回、自分のキャリア・アンカーを確認したのは、K井先生の「組織行動Ⅱ」の講義の時。結果は1位:純粋な挑戦、2位:全般管理コンピタンスでした。当時、この結果に妙に納得したのを強く覚えています。当時の感想としては

・MBA入学を含め、挑戦することに強く価値を感じていた時期だったので、アンカーの結果に妙に納得した。

・将来的に、スペシャリストではなく、ゼネラリストを目指していたので、この点も妙に納得した。

そして、今回改めてアンカーを確認したところ、少し変化が見られました。結果は1位:全般管理コンピタンス、2位:自律・独立。前回、圧倒的に高かった「純粋な挑戦」が一気に落ち、低かった「自律・独立」が急上昇してきました。今回の主な内省内容は下記の通りです。

・挑戦することに強く価値を感じている点については、MBA修了後もあまり変わっていない。(だから、博士課程や非常勤講師に挑戦しているのだpig

・ただし、「難しい障害をたくさん乗り越えていくこと」より、「乗り越えた先に何があるか?」をより意識するようになってきたような気がする。(闇雲に体を鍛えるステージは過ぎたような気がする)

・将来的に「自分の信じる道を、自分の意志で進むことができる立場」になりたいと強く思うようになってきている。そういう意味で、「全般管理コンピタンス」や「自律・独立」が高くなってきたのではないか。(かと言って、転職や独立する気は、今のところありませんが...)

いずれにせよ、MBAを修了して何かが変わりつつあります。今回、改めて自分自身変わりつつあることが確認できて、非常に良かったと思います。

« 自分の研究分野のオタクになれ!の巻 | トップページ | ケース・スタディとドキュメンタリーは何が違うのか?の巻 »

リコヤンとブログ部」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。私も(私でも?)MBA終了後、微妙にですが変化があります。実はMBAで学ぶことは、自分のキャリアや他のことと何も関連づけて考えて無かったし、「何か面白そう」くらいの動機で入学したのですが、修了してから徐々に「折角学んで、折角素晴らしい人達と知り合いになることが出来た」ことを何かに活かさないのはいけないのじゃない・・とボンヤリとですが考えるようになりました。すっごく大袈裟に言えば「世のため、人のため、自分のため」に活かさなきゃいけないんちゃうの?って感じです。でもまだ「だから?」ってところですが。。。

r-ponnさん、コメントありがとうございます。
やはり、そうですよね。私もわずかですが、何かが変わりつつあるように感じています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179561/39890023

この記事へのトラックバック一覧です: 【ブログ部企画第十八弾】キャリア・アンカー:

« 自分の研究分野のオタクになれ!の巻 | トップページ | ケース・スタディとドキュメンタリーは何が違うのか?の巻 »