最近のトラックバック

カテゴリー

« 交渉術のフレームワークを学べ!の巻 | トップページ | 最後の方は魂込めて!の巻 »

BATNAって何だっけ?の巻

最近、いろいろあってスッキリしない日が続いております。何度言ってもわからない人って、どうしたらいいのでしょうね?そんなに難しいことを頼んでいる訳ではないのですが...さて、下記はハーバード交渉術のフレームワークの紹介のつづきです。
-------------------------------------------------
4)代替案(Alternatives)
・定義:相手の同意なしで、我々の利害を満足させること
・成功の尺度:合意案はBATNA(Best Alternative To a Negotiated Agreement)より、必ず良いものであること
・準備:「我々のBATNAを明確にする、そして改良する」「彼らのBATNAを明確にする、そして劣化させる算段をする」
・交渉戦略:「必要なら、相手を脅さないようにBATNAを開示する」「相手のBATNAが現実的か確認(テスト)する」
5)合意案(Commitments)
・定義:当事者が実行する、またはしないことについての意思表明
・成功の尺度:良い合意案とは「現実的である」「十分練られている」「実行可能(誰が、何を、いつ、どのように)」
・準備:「自分と相手の権限を確認する」「各ステージの合意案を計画する(進め方(プロセス)、基本原則、他)」
・交渉戦略:「初期段階で、問題の解決の進め方について合意する」「最終目標は、実のある合意案へ」「まずは話し合い、決定は後で」
-------------------------------------------------
BATNAについては以前研修で習っていたのですが、その意味についてはスッカリ忘れていました(笑)やっぱり、こういった研修は定期的に受講することが重要かもしれませんね。(つづく)

« 交渉術のフレームワークを学べ!の巻 | トップページ | 最後の方は魂込めて!の巻 »

リコヤンと特別講義」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BATNAって何だっけ?の巻:

« 交渉術のフレームワークを学べ!の巻 | トップページ | 最後の方は魂込めて!の巻 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ