最近のトラックバック

カテゴリー

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

なぜかちょっと恥ずかしい...の巻

今日で8月も終わりですね!
さて、今日は今から大学の「総合学力試験」を受けに行ってきます。それにしても、一般の大学院生に混じって試験を受けるのは、なぜかちょっと恥ずかしい(笑)
そこそこ準備はできたので、あとは落ち着いて対応したいと思います。頑張りますよ!

ひょっとしたら人生最後の試験?の巻

まだまだ暑いですねsun

さて、いよいよ明日、総合学力試験を受けます。ひょっとしたら人生で受ける最後の試験になるかも?smile受ける科目は「経営制度」。これがなかなか面白い!

現在、最後の追い込み中ですが、いいトシして「詰め込み」もなんなので、少し緩めに勉強してますpigこれで受かるかどうかは、かなり疑問ですが(笑)、なんとかまあ頑張りたいと思います!(おりゃpunch

2年前とは大違いだ!の巻

いやあ、まだまだ暑いですね!

さて、昨日はエースT村さんと「経営戦略応用研究」の授業にオブザーバー参加してきました。ちなみにケースは富士フイルム。

講義における気づきについては後日アップしますが、この講義は今聴くと、非常にわかりやすく、とてもGoodでした。2年前は課題やレポートが多く、授業をキチンと聴く余裕が無かったのかもしれません。

それにしても良かった。後期はMBAの講義にもバリバリ参加したいと思います!

【ブログ部企画第二十一弾】癒しのひととき

今回はブログ部企画「共通ブログタイトル」です。(※毎月26日9時は勝手に「ブログ部の日」としておりますscissors)今回で21回目!さあ、まだまだ続きますよ!さてさて、今回のテーマはHTスーパー係長推奨の「癒しのひととき」。皆さんは癒されていますか?pig
---------------------------------
今回のテーマは「癒しのひととき」。癒しと聞いて、最初は「自分にとってはフットサルかな?」と思いましたが、よくよく考えると「フットサル=癒し」はちょっと違う感じが。

次に頭に浮かんだのは「子ども」とか「ペット」。でも、これも自分にとってはちょっと違う。

次に頭に浮かんだのは「温泉(お風呂)」とか「マッサージ」とか「アロマ」。でも、これも自分にとってはちょっと違う。

では、自分にとって何が「癒し」なのか?「癒されている状態=最も気を抜いて、リラックスした状態」とするならば、それは「夕飯を食べながら、TVを見ている時」かもしれない。

元々、私は夕飯を食べるスピードが非常に速かった。「夕飯=エネルギー補給」としか捉えていなかったからだ。しかしながら、ここ数年健康に気を遣うようになり、夕飯は少量をよく噛んで、ゆっくり食べるようにしている。その際に、少し行儀が悪いかもしれないが、ゆっくりゆっくり食べるために、あえてTVを観るようにしている。

実は私はTVっ子。それがここ数年、仕事やら勉強やらで、ほとんどTVを観ない生活をおくっている。だからこそ、この夕食のひとときは至福の時間。できるだけバラエティを観るように心掛けていますsmile

多分これが私にとっての「癒しのひととき」。笑いながら御飯を食べるってホント癒されますpig

せめてこの学力試験だけは...の巻

連休明けから真剣に総合学力試験の準備をしています。受験する科目は「経営制度」。ようやく全体像が見えてきたので、あとは各コンテンツを一つ一つ理解していくのみです。
しかしながら、こういった詰め込み要素の強い(?)試験は年齢的にそろそろ最後にしたいなと思う今日この頃。
博士課程に進学して早5ヶ月。大したアウトプットを出せていないことに非常に苛立っています。だからこそ、せめてこの学力試験だけは突破して、博士課程1年前期の成果にしたいと思っています!やりますよ!(おりゃpunch)

さすがに息抜きも飽きた!の巻

9連休明けの朝をむかえました。この連休は久々にいろんな人と会えて、大変有意義だったのですが、ちょっと息抜きし過ぎた感あり。
さすがに息抜きもちょっと飽きました(笑)
という訳で、今日から気合い入れ直して、バリバリ頑張りたいと思います!まずは月末の総合学力試験に向けてラストスパートだあ!だあ!だあ!

勢いが違う!の巻

長期休暇8日目。この休暇中に何人かの後輩らと会いました。
彼らに共通していたのは、目標へ向かって進むエンジンの勢い。20代から30代前半の彼らの頑張りを聞くと、「俺もまだまだ頑張らないと!」と気合いが入ります。
彼らとはいつまでもお互い刺激しあえる仲でいたいものです。

ああ、青春の味だ!の巻

長期休暇6日目。一昨日は大学時代の友人らと会いました。
終始とりとめのない話だったような気がしますが(笑)、みんな変わらず順調である証拠。
そして、久々に二次会でラーメン屋へ。腹一杯で吐きそうになりながらも、無理して食べるラーメンの味はちょっぴり青春の味がしました。

すべてはFBのおかげ!の巻

夏季休暇4日目。昨晩は高校時代の友人らとの集まりに参加してきました。いつもは4~5名の集まりなのですが、昨晩は11名!すべてはFB(Facebook)のおかげですscissors中には20年ぶりに会う友人もいて、かなり楽しめました。医者に、弁理士に、研究者に、エリートサラリーマンに、寿司バーの経営者(笑)進んだ道はみんな違うけど、会えば一瞬で高校時代に戻るのだからいいですね。皆さん、次は年末に会いましょうgood

さあ、今日もゆる~く先行研究レビューと総合学力試験の準備を進めたいと思います!(おりゃpunch

ブログ部長の後継者がついに現れた!の巻

いつにしようか、いつにしようかとズッとタイミングをうかがっていましたが、そろそろ紹介したいと思います。機は熟したapple

右のマイリンクにブログを追加しました。その名も「MBA備忘録(仮)」。私のブログ同様、MBAの講義サマリーを漏らさず掲載しているブログです。当初は「いつまで続くのか?」とちょっと心配していましたが、ここまで続けば大丈夫でしょう(笑)ついにブログ部長の後継者が現れましたね!ブログ作成者のtakcさん、最後まで頑張って下さいねpunch

という訳で、MBAの最新の講義内容を知りたい方は「MBA備忘録(仮)」を、MBA修了後の修了生の苦悩や活躍(?)を知りたい方は「サラリーマン立志伝」「新米課長の国内MBA奮闘記」「PRIVATE DIARY」「一日一楽」「社会人再入門」「Rugosa rose's Daily Story」を、「MBAからDBAへ」という一連の流れを知りたい方はこの「リコヤンのDBA日誌」を是非とも参照下さい!

まだまだ心が弱い証拠...の巻

いやあ、毎日暑いですね!sun

さて、「最近、なんか最後の踏ん張りがきかない(夜遅くまで頑張れない)」と感じていたのですが、たぶん明日からの長期休暇(9連休)が原因だと思います。昔から長期休暇が見えてくると「そろそろガス欠かな...」というイメージが頭をよぎります。そして、「ここが頑張り時!」という時に、ガス欠という言い訳を武器(?)にして、アクセルではなく、ブレーキを踏む傾向にあるような気がします。まだまだ心が弱い証拠ですね、ブーpig

という訳で、明日から念願の長期休暇です。今回は久々にゆっくりと帰省しようと思っています。と言いつつ、昼間は図書館にこもり、先行研究レビューと総合学力試験の準備をガッツリ進める予定です!さあ...頑張りますよ!(おりゃpunch

さあ、嵐も過ぎて...の巻

さあ、嵐も過ぎて、ようやくモヤモヤしていたものが少しスッキリしてきました。今日からまた頑張りますよ!当面は、リサーチ・デザインの深度化と研究マップの作成、そして月末の総合学力試験です!さて、下記はハーバード交渉術のフレームワークの紹介のつづきです。もう少し続きます。
-------------------------------------------------
6)意思疎通(Communication)
・定義:明確で、かつ正確に、情報のやり取りを行う両者の能力
・成功の尺度:効果的なコミュニケーションを行い、効率的に合意に至る
・準備:「我々はどのような情報やキー・メッセージを共有したいのか?」「何について尋ねるべきか?」「注意して聞くべき情報は何か」
・交渉戦略:「双方向コミュニケーションを成立させる」「傾聴する」「あなたの理由(根拠とデータ)を相手に伝え、相手のものを尋ねる」
7)信頼関係(Relationship)
・定義:個々の実質的な問題を切り離して、話し合える両者の能力
・成功の尺度:「交渉が相互の信頼関係をより良くする」「またあの人と交渉をしたいと思う」
・準備:「望まれる信頼関係とは何か、明確にする」「交渉時に、どのようにして信頼関係を改善していくか計画する」
・交渉戦略:「人と問題を切り離し、個別に取り扱う」「人を攻撃せず、問題と取り組む」
-------------------------------------------------
つづく

自分の信じる方向へ...の巻

先週土曜日は指導教官渡米前の最後のゼミがありました。お陰さまで、当面の作業(研究マップの充実とリサーチ・デザインの深度化)が明確になりました。
そういえば、博士課程に入学して早4ヶ月。全く進んでないとは思っていませんでしたが、進捗に関してはかなり不安に感じていました。
「先輩方と比べて速いのか?遅いのか?」「このペースでいいのか?もっとアクセルを踏む必要があるのか?」
しかしながら、この晩の壮行会で、ある先輩から貴重な意見をいただくことができました。
「リコヤンさんは良いペースだと思いますよ。」
まあ、お酒の席でしたので、話半分だとは思いますが(笑)でも、今までのペースは「それほど悪くない」ことは、なんとなく確認できました。いやあ、ちょっと安心。
とりあえず、今後も今まで通り、自分の信じる方向へ全力で突っ走るのみですね!

最後の方は魂込めて!の巻

一昨日&昨日と社内の「海外ビジネス担当者研修/プロジェクトマネジメント教育」の講師を担当してきました。講師は私1名。研修は8時間×2日間。対象者は各カンパニーから選抜された入社2年目15名。全員技術系ではなく事務系。私はこの研修の立ち上げ時から面倒を見ており、今年で5年目になります。

お陰様で研修は無事終了しましたが、「これでもかっ!」というぐらいドロドロに疲れました。(2日連続21時に寝てしまった...ありえへんpig)グループ討議やビデオの時間はもちろん休憩できますが、それでも8時間の講師担当はかなりキツい。しかも、私の場合、話しているうちに徐々にヒートアップしてきて、結局最後の方は魂込めて「会社の将来のことは上層ではなく、我々が考えないとダメなんだ!」などとシャウトしているので、尚更かもしれません。

それにしても、若いって素晴らしい。彼らの可能性は無限大に広がっている。願わくは、若いうちに積極的に修羅場へ突っ込んでいって、ドンドンドンドン大きくなっていって欲しいものです。

BATNAって何だっけ?の巻

最近、いろいろあってスッキリしない日が続いております。何度言ってもわからない人って、どうしたらいいのでしょうね?そんなに難しいことを頼んでいる訳ではないのですが...さて、下記はハーバード交渉術のフレームワークの紹介のつづきです。
-------------------------------------------------
4)代替案(Alternatives)
・定義:相手の同意なしで、我々の利害を満足させること
・成功の尺度:合意案はBATNA(Best Alternative To a Negotiated Agreement)より、必ず良いものであること
・準備:「我々のBATNAを明確にする、そして改良する」「彼らのBATNAを明確にする、そして劣化させる算段をする」
・交渉戦略:「必要なら、相手を脅さないようにBATNAを開示する」「相手のBATNAが現実的か確認(テスト)する」
5)合意案(Commitments)
・定義:当事者が実行する、またはしないことについての意思表明
・成功の尺度:良い合意案とは「現実的である」「十分練られている」「実行可能(誰が、何を、いつ、どのように)」
・準備:「自分と相手の権限を確認する」「各ステージの合意案を計画する(進め方(プロセス)、基本原則、他)」
・交渉戦略:「初期段階で、問題の解決の進め方について合意する」「最終目標は、実のある合意案へ」「まずは話し合い、決定は後で」
-------------------------------------------------
BATNAについては以前研修で習っていたのですが、その意味についてはスッカリ忘れていました(笑)やっぱり、こういった研修は定期的に受講することが重要かもしれませんね。(つづく)

交渉術のフレームワークを学べ!の巻

先日、I社主催の「「ハーバード交渉プロジェクト」の教育にオブザーバー参加してきました。実は、以前から交渉学を学びたくて、良い教育は無いか、いろいろ調べていました。そして、最終的に辿り着いたのが、この「ハーバード流交渉術」です。そこで下記に「ハーバード交渉術のフレームワーク」を紹介したいと思います。
-------------------------------------------------
0)交渉の7要素
・On the Tableの3要素:「利害」「選択肢」「客観的基準」
・結果・出口の2要素:「代替案」「合意案」
・人間関係の2要素:「意思疎通」「信頼関係」
1)利害(Interests)
・定義:ニーズ、関心事、ゴール、希望、恐れなど、交渉の動機となるもの
・成功の尺度:各グループの利害を満足させる「我々:満足(Satisfied)」「相手:受容できる(Acceptance)」「第三者:許容できる(Tolerable)」
・準備:「利害を明確にする(我々、相手、第三者)」「利害を明確にする(共通、異なる、対立する)」「重要度を分析する」
・交渉戦略:「利害を識別する(ポジションでない)」「共通の利害、異なる利害を基に考える」「対立する利害には、客観的な基準と創造的選択肢を使用する」
2)選択肢(Options)
・定義:交渉者間で利害を満足させ、同意される可能性のある案、方法
・成功の尺度:価値の最大化(テーブル上には何も残さず、実現可能な相互利得を全て含んだ選択肢)
・準備:お互いの利害を満足させる選択肢を考え出す(ブレーンストーミング)
・交渉戦略:「お互いの利益になる選択肢を考え出す」「草案作りと意思決定を分ける」「共同で検討する」
3)客観的基準(Legitimacy)
・定義:合意は公正で、賢く、思慮深いものとして取り扱われているか、を判断する基準
・成功の尺度:「公正と認められる結果」「誰もごまかされたとは思わない」
・準備:使用可能な客観的な基準を探す「市場価格」「業界の慣行」「専門家の意見」「法律、ルール、規則」「先例」「標準運用手順」「地域社会の通念、習慣」
・交渉戦略:「選択肢の評価、選択肢の創出に客観的な基準を使用する」「なぜ公正なのか?と問う」「フェアーなやり方か?と問う」
-------------------------------------------------
今までモヤモヤしていた交渉学ですが、ようやく少しだけ頭を整理することができました。(つづく)

8月は気合い入れ直して!の巻

今日から8月!例年と比べ、気温は低いようですが、それでも暑いですねsun

7月はやや失速気味でしたので、8月は気合い入れ直して頑張りたいと思います。とりあえず、今週末のゼミに向け、加速します!(おりゃおりゃおりゃpunchpunchpunch

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »