最近のトラックバック

カテゴリー

« リサーチデザインは2枚以内にして下さい?の巻 | トップページ | 今は論文に書くネタを整理するのみ!の巻 »

【ブログ部企画第二十四弾】私の発想法

今回はブログ部企画「共通ブログタイトル」です。(※毎月26日9時は勝手に「ブログ部の日」としておりますscissors)今回で24回目!今回のテーマは社会人再入門さん推奨の「私の発想法」です。

---------------------------------

今回のテーマは「私の発想法」。実は私は本社部門に移って2~3年間、この「発想法」について勉強していた時期があります。そこで今回は、その際に得た知識の一部を簡単に紹介したいと思います。
私は発想は「着眼点」だと思っています。着眼点を持つことで、いろいろなアイデアが浮かびやすくなる。であれば、アイデア発想は「どれぐらいその着眼点を持っているか」が勝負になると言えます。しかも、その着眼点を体系的に理解していれば、日ごろ結構役に立つことが多い。
ちなみに着眼点にはいろいろあると思いますが、私が日ごろ使っている着眼点は下記の通りです。
 ①自由(ブレーンストーミング)
 ②現物(三現主義)
 ③類似事例(ベンチマーク、テアダウン)
 ④問題点(なぜなぜ分析・ロジックツリー・特性要因図)
 ⑤機能(VE)
 ⑥知識データベース(TRIZ)
これは並ぶ順番にも意味があって、より気軽にアイデアを出したい場合は上の方を、より革新的なアイデアを出したい場合は下の方の「着眼点」を選択します。
ちなみにカッコ内は方法論の例を記載しています。この方法論については、特に説明しませんが、TRIZなどは結構勉強し応えがありますので、興味のある方は是非ともトライ下さい。(私は途中で挫折しましたが(笑))
以上、「発想は着眼点」というのが、私の持論です。って、エバって言うほどのことではありませんが(笑)→世の中では多くの人が同じようなことを言っています(笑)

« リサーチデザインは2枚以内にして下さい?の巻 | トップページ | 今は論文に書くネタを整理するのみ!の巻 »

リコヤンとブログ部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179561/43031668

この記事へのトラックバック一覧です: 【ブログ部企画第二十四弾】私の発想法:

« リサーチデザインは2枚以内にして下さい?の巻 | トップページ | 今は論文に書くネタを整理するのみ!の巻 »