最近のトラックバック

カテゴリー

« MBAおじさんの組織行動Ⅰ③の巻 | トップページ | はんさむへの道はまだまだ遠い...の巻 »

MBAおじさんの組織行動Ⅰ④の巻

年末年始と3連休に頑張って頑張って作成した投稿論文ドラフトを指導教官に投げたところ、3時間後に「なかなか辛い」とのコメントが返ってきました。いやあ、厳しいですねでも、これが「後期課程」といったところでしょうか。もっともっと頑張らねば。

さてさて、下記は「組織行動Ⅰ」の講義サマリーです。
-------------------------------------------------
土曜1~2限:組織行動Ⅰ⑦⑧
テーマ:キャリアという人生の道筋
 1)キャリアの道筋としては「総合職」と「専門職」があるが、日本のキャリアパスは50代になっても本当の意味での総合職になることができていない。米国は40代になるまでに様々な資格や学位を取得し、多くの会社で経験を積んで総合職になっていく。
 2)日本のキャリアステージ:欧米に比べてアイデンティティを捉える機会が少ない。そのまま大人になってしまう。職業を持ってから自己の意見を示すことができない。
 3)Jリーグでも、サッカー選手が引退するまで他のキャリアを積んでいないことを問題視している。本来は幼少期、高校大学時期に職業訓練を行ってから就職している。対応するためにキャリアサポートセンターを立ち上げた。
 4)キャリアのトランジション・プロセス①終焉:何かが終わったにも関わらずその終焉を後悔しうまく受け止められない時期
 5)キャリアのトランジション・プロセス②中立:このままでいたい、と変わりたい、という両極の間で揺れ動くどっちつかずの状態。
 6)キャリアのトランジション・プロセス③開始:気持ちを切り替えて、変化を前向きにとらえ新しいことを開始する時期。
 7)キャリアというものは、用意周到に計画することはできない。キャリアは、予期できない偶発的な機会によって変化するものである。よって、人はそうした偶発的機会が到来したときのために普段から準備をしていなければならない。→セレンディピティや節目理論から言うと、重要な転機はしっかり計画しなければいけないが、そのほかは「流れに乗る」こと。
 8)キャリアはデザインしなければいけない。キャリアプランニング・キャリアマネジメントが必要。しかし、人生のパタンが多様になってきた現代ではキャリア全体を見通してしっかり計画を立てることは無理である。
 9)よって、キャリアデザイン論にしたがって、人生の節目だけは計画してあとは流されてみる。
-------------------------------------------------
いやあ、勉強になりますね。「MBAおじさん」さん、本当にありがとうございました!

« MBAおじさんの組織行動Ⅰ③の巻 | トップページ | はんさむへの道はまだまだ遠い...の巻 »

リコヤン(MBAおじさん)と組織行動Ⅰ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MBAおじさんの組織行動Ⅰ④の巻:

« MBAおじさんの組織行動Ⅰ③の巻 | トップページ | はんさむへの道はまだまだ遠い...の巻 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ