最近のトラックバック

カテゴリー

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

修士論文並みのラストスパート!の巻

明日、投稿論文を提出すべく、ここ数日は研究漬けです。修士論文並みのラストスパート(笑)とりあえず、頑張れるだけ頑張りたいと思います!

台風が逸れたのは良かったのですが...の巻

週末土曜日の午前中は会社関係のフットサルに参加。午後は久々に完全オフ。本当は百田さんの講演に参加しようと思っていましたが、台風だと思い、事前申込をしませんでした。読み違えた(汗)
昨日は大学の自習室で研究を進めました。あと1年ぐらい「山」が続きますので、今後もできる限り大学の自習室に篭ろうと思っています。さあ、今週も頑張りますよ!

【ブログ部企画第四十七弾】私のワーク・ライフ・バランス

今回はブログ部企画「共通ブログタイトル」です。(※毎月26日9時は勝手に「ブログ部の日」としておりますscissors)今回で47回目!今回のテーマオーナーは社会人再入門者さん。テーマは「私のワーク・ライフ・バランス」です。

---------------------------------

テーマは「私のワーク・ライフ・バランス」。

ワークライフバランスと聞いてパッと思ったのは、私にとってのワークライフバランスとは「仕事、勉強(研究)、スポーツ、遊びすべてを両立させることかな?」ということ。

生活の多くの時間を「仕事」に費やしていることを考えると、まず「仕事をどう捉えるか?」がポイントになるのでしょうね。という訳で、まずは私の仕事に対する考え方を整理したいと思います。

私の仕事に対する考え方ですが、一言で言うと「仕事は所詮仕事」です。仕事は私に貴重で重要な経験をたくさん与えてくれるので好きなのですが、仕事を愛するのはどうか?と考えています。要は「あなた一筋」はどうかと。

会社にいくら尽くしても、自分に何かがあった時、会社は自分を守ってくれないことを私は知っています。よって、私は仕事とは「ほんの少しだけ」距離を置くようにしています。(でないとのめり込んでしまうので)

そして、その残った余力で自分に対し、多方面で投資するようにしています。それが勉強(研究)であり、スポーツであり、遊びです。

40代にして「自分に投資」はいささか「遅い」感じもしますが(笑)、今後もバリバリ投資して、中高年になっても骨太な人生を送れるようにしたいものです。

2つの台風が日本に接近中!の巻

2つの台風が日本に接近中です。2つの台風が接近すると「藤原の効果」という動きが見られるかもしれないらしいです。それにしても、今年は台風が多くないですか?こういう時は屋内でジッとしておくのが一番ですね。

当会員も8名に!の巻

昨晩は当社MBA会に参加してきました。当会員もここ数年で8名にまで増えました、スゴい(笑)昨晩は修士論文、経営者教育、事業再生、テーマPJなどの話で大いに盛り上がりました。(最後の爆弾が一番盛り上がりましたが(笑))
来年も当社から数名の方が受験するようです。この流れがズッと続けば、当社も変わっていくかもしれませんね。

アンダルシアに憧れて?の巻

8月から近所のフィットネスに通っています。最初は週2回ぐらい通えれば、と思ってましたが、結局週3〜4回は通ってしまってます。
最近のマイブームはYouTubeで懐メロを聴きながらバイクを漕ぐこと。昨日はマーシーの「アンダルシアに憧れて」を聴きながら、バイクを漕ぎまくりました。いやあ、マーシーの曲はアガりますね!

シャンシャンと終わるよりは全然ヨシ!の巻

一昨日は全社の改善活動発表会。今年で9度目の事務局役でしたが、今までで一番役員レベルの議論が活発だったと思います。カンパニーごとの派閥争いらしきものがチラチラ見えましたが、何もなくシャンシャンと終わるよりは良かったかもしれませんね。

なんとか今週中に纏めナイト!の巻

さあ、いよいよ投稿論文を纏めなければなりません。という訳で、三連休は予定がちょいちょいありましたが、隙間を縫って大学の自習室に行ってきました。なんとか今週中に大幅修正を完了したいと思います。

MBAは経営トップを輩出しうるのか?の巻

昨日はMBA25周年記念イベントに参加してきました。テーマは「MBAは経営トップを輩出しうるのか」。非常に難しいテーマですね。
パネルディスカッションではいろいろな意見が飛び交いましたが、個人的には今のMBAコースはそのままに、新たにエグゼクティブコースを開設するのがよいのではと思っています。今のコースはあくまでミドル用ですが、将来の経営者候補を育てる上では非常に大事。経営トップを輩出するには経営トップに近い人を入学させるのが手っ取り早いでしょう。私ももう一度受講したいですし(笑)でも、教える側のリソースの問題もあるから、そう簡単には実現できないのでしょうね。

明日は大学でMBA25周年記念イベントがあります!の巻

本日午前中は会社関係のフットサル。午後は大学の自習室に行く予定。そして、明日は大学でMBA25周年記念イベントがあります。晩には同窓会もあり、とても楽しみです。

文書化するのが大変!の巻

現在、投稿論文ドラフトのディスカッションパートを修正中です。書く内容は大体決まったのですが、文書化するのに時間がかかってます。なんだかなぁ。まあ、焦っても仕方ないので、地道に頑張ります!

ダイバーシティ・マネジメント!の巻

先日、K大の公開講座「ダイバーシティ・マネジメント」を聴講してきました。平日の晩にもかかわらず、大勢の方が聴講してました。ちなみに講師は人材マネジメントのH野先生。主な内容は下記の通りです。
-------------------------------------------------
◎ダイバーシティ・マネジメント

1.ダイバーシティ・マネジメントとは?
 ・人材の多様性を競争優位の源泉として活かす戦略的な組織開発

2.ダイバーシティの3つのパラダイム
 ・①規範的パラダイム→②アクセス・正当性パラダイム→③学習・統合パラダイム
 ・大半の企業は規範的パラダイム。周りの企業が取り組み始めたからやってますという程度。
  こういう企業はトレンドが過ぎると静かに撤退していくことが多い。

3.ダイバーシティとパフォーマンスの関係性
 ・ポジティブ理論:情報と意思決定理論
 ・ネガティブ理論:ソーシャル・カテゴリー理論と類似性・アトラクション理論
 ・ダイバーシティには、ポジティブな面とネガティブな面がある。
  が、ダイバーシティに「理念学習」が加わるとパフォーマンスにポジティブに働く。

4.なぜ女性は会社の中で差別されるのか?
 ・20代は統計的差別で説明できる。
  つまり、男性管理職は女性が30歳前後で会社をやめる確率が高いことを知っている。
  ただし、全員がやめる訳ではない。しかし、誰が残るかはわからない。
  それを調べるのはコストがかかる。したがって、全員一括りで差別してしまっている。
 ・30代以降は嗜好の差別で説明できる。
  つまり、男性管理職は女性より男性に対し、より厳しい仕事を与える傾向にある。
  その結果、10年もすると男女に能力差が出てくる。
  したがって、優秀な女性社員は徐々に埋没していってしまう。

5.では、女性活躍推進のためにはどうすればよいのか?
 ・そのためには「両立(働きやすさ)支援」と「キャリア開発(働きがい)支援」が必要である。
 ・両立(働きやすさ)支援には「育児休業制度」「介護休業制度」「短時間勤務制度」「フレックスタイム制度」
  「在宅勤務制度」「復職制度」「労働時間削減の取組」などの施策が考えられる。
 ・キャリア開発(働きがい)支援には「男性管理職の統計的差別と嗜好の差別の払拭」
  「家族支援的な管理者行動」「家族支援的な職場風土」「女性社員ネットワーク」などの施策が考えられる。
 ・両立(働きやすさ)支援は「就業継続効力感」にプラスの影響を与える。
  キャリア開発(働きがい)支援は「昇進効力感」にプラスの影響を与える。
  したがって、両立(働きやすさ)支援だけでは不十分である。
  企業は「両立(働きやすさ)支援」と「キャリア開発(働きがい)支援」の両方を支援する必要がある。

以上

来年こそは大きく飛躍を!の巻

昨日は朝から工学系大学院にて「国際工学技術特論」の非常勤講師業務。夕方からは大学で指導教官と博士論文に関する打合せをしてきました。
ちなみに昨日はMBA修了式だったようです。あれから早3年が経過。多くのMBA同級生が次のステップへ進む中、私はズッと立ち止まったままです。が、来年こそは大きく飛躍するべく、今いろいろと仕込んでいます(笑)大きな飛躍に向かって、まだまだまだまだ頑張りたいと思います!

ベリーハードな週末です!の巻

本日午前中は関連会社の社長らと業務改革の上期総括に関する打合せ、昼から22時までは会社のセミナーハウスで新規事業の改革に関する集中討議。明日は朝から国際工学技術特論の非常勤講師業務、夕方からは大学で指導教官と打合せとベリーハードな週末です。でも、頑張りますよ!

相変わらず欲張りなのだ!の巻

昨日から2013年度下期がスタート。仕事も研究も盛り沢山ですが、新たな挑戦もしたいですね(笑)相変わらず欲張りな私ですが、日々一歩一歩進んでいきたいと思います。

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »