最近のトラックバック

カテゴリー

« やっぱり継続は力なりですね!の巻 | トップページ | 月末の報告に向けて頑張ります!の巻 »

【ブログ部企画第四十八弾】親孝行

今回はブログ部企画「共通ブログタイトル」です。(※毎月26日9時は勝手に「ブログ部の日」としておりますscissors)今回で48回目!あと2回で50回です!今回のテーマオーナーはRugosa Roseさん。テーマは「親孝行」です。

---------------------------------

テーマは「親孝行」。親孝行と聞いてパッと思い出すのは7年前に他界した父親のことです。今回は私の父親について少しだけ書きたいと思います。
幼少時代、私は父親のことがあまり好きではありませんでした。いつも母親を泣かしていたからです。あまり詳しくは書きませんが、父親の怒声を聴きたくなくて、耳を塞ぎながら布団を被って一生懸命寝ようとした夜を今でも鮮明に覚えています。
しかしながら、そんな父親は子供たちに怒ることはありませんでした。それを象徴するある事件があります。
実は幼少時代、私は父親の財布からお金を盗んだことが何度かあります。ある日、私は父親に呼び出されました。お金を盗んだのがバレたのです。これはヤバい...今日こそはぶっ飛ばされる...私はビクビクしながら父親のもとに行きました。すると、意外なことに父親は泣いていました。あの父親が。そして、
「(父親)なぜお金が欲しいと正直に言ってくれなかったんだ?これからは正直に言ってくれ」
と言われました。私は泣きました。そして、その日以来、私は「今後父親には絶対に迷惑はかけまい」と心に誓いました。
それから数年が経ち、私は運よく有名私立大学に入学することができました。実は私の父親は中卒でした。それゆえ、父親は親戚から少し小ばかにされていた感がありました。私は子供心にその嫌な空気を感じ取っていました。そして、私はそれが本当に嫌でした。大学入学後、親戚の方々が「なぜあの父親からこの子が生まれたのか?」と言いました。だから、「私は間違いなく父の子です。これは遺伝です」と言い放ちました。おそらく、これがはじめての親孝行だったのではないか?と私は勝手に思っています(笑)
そんな父親も7年前に他界しました。病気がわかってからの最後の9か月、私はなるべく実家に帰り、父親といろんな話をするよう努めました。そして、幸いなことに、私は父親の最後の1週間を共に過ごすこともできました。
父親に対し、充分に親孝行したとは思ってません。しかしながら、あの最後の1週間が無かったら、今頃もっともっと後悔しているのでしょうね。そう思うと、今は母親をもっともっと大切にしないといけませんね。すごく大事な気づきを与えてくれた今回のテーマ選定者に深く感謝します。ありがとう。

« やっぱり継続は力なりですね!の巻 | トップページ | 月末の報告に向けて頑張ります!の巻 »

リコヤンとブログ部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179561/54029716

この記事へのトラックバック一覧です: 【ブログ部企画第四十八弾】親孝行:

« やっぱり継続は力なりですね!の巻 | トップページ | 月末の報告に向けて頑張ります!の巻 »