最近のトラックバック

カテゴリー

« K社は元気な人が多い?の巻 | トップページ | ようやく調査デザインが纏まった?の巻 »

熱意が足りない人には教育を!の巻

さてさて、下記は4月5日のゼネ講義報告の続きです。
-------------------------------------------------
土曜3~5限:ゼネラルマネジメント応用研究①②③
2)General Managementの全体像に関する講義が行われた。(つづき)
・General Managementでは「PDCAの高速回転」がキーとなる。
・Plan:「覚えていられる長さで(1週間)」「可能な限り具体的に」「揺さぶり自立を促す」→目標を自ら立てる、紙に書く
・Do:「目標を意識して」「手順を工夫して」「ゆえある熱意で」→熱意が足りない人には教育を与える、実行から実考へ
・Check:「内省に浸り明日へ」「できたことは喜ぶ」
・Act:「成功は定着へ」「出来なかったら条件を変える」→矛先の鋭い転換へ、押してダメなら引いてみる
・良いコミュニケーションとは書くこと。そして、それを上司がキチンと添削してあげること。話すのは戯れているのと一緒。
3)『戦略暴走』のN社のケースについて討議が行われた。主な内容は下記の通り。
-------------------------------------------------
「熱意が足りない人には教育を」という言葉にハッとしました。
一見やる気のなさそうな人には「もっと知りたい」と思わせることが重要なのかもしれませんね。なるほど。

« K社は元気な人が多い?の巻 | トップページ | ようやく調査デザインが纏まった?の巻 »

リコヤンとゼネラルマネジメント」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熱意が足りない人には教育を!の巻:

« K社は元気な人が多い?の巻 | トップページ | ようやく調査デザインが纏まった?の巻 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ