最近のトラックバック

カテゴリー

« あの頃僕は若かった!の巻 | トップページ | 知財部との懇親会!の巻 »

異様な空気が一気に流れ込んだ結果か?の巻

サッカー王国が準決勝という大舞台で、しかもホームで歴史的な大敗を喫しました。
何が起きたのでしょうか?エースとキャプテンがいなかった点が大きかったのでしょうか?それとも相手チームが強過ぎたのでしょうか?
私が注目したのは「空気」。ホーム圧倒的有利な空気は相手チームが2点目を取った瞬間に凍りつき、次の瞬間には今まで感じたことのないような、ある種異様な空気が一気に流れ込んだような感じを受けました。これぞ、サッカーの怖さか?
サッカーの試合を観ていてはじめて、「もうやめたってくれ」と心底感じました。選手や国民の気持ちを考えると本当に心が痛みますが、私にとっても非常にダメージの残る試合となりました。

« あの頃僕は若かった!の巻 | トップページ | 知財部との懇親会!の巻 »

リコヤンと独り言(DBA)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179561/56751415

この記事へのトラックバック一覧です: 異様な空気が一気に流れ込んだ結果か?の巻:

« あの頃僕は若かった!の巻 | トップページ | 知財部との懇親会!の巻 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ