最近のトラックバック

カテゴリー

« 今、100メートルを何秒で走ることができるのか?の巻 | トップページ | 今月中になんとか完成させるぞ!の巻 »

なぜ13秒近くかかってしまったのか?の巻

先日の100メートル走の続き。
あの後、やはり悔しくて敗因分析を進めています。自分の感覚的には、遅くとも12秒そこそこで走れるはずと思っていたのに13秒近くかかってしまったのはなぜか?
致命的な原因は、足首のバネが弱くなっていたことにあったと分析してます。つまり、サッカーでやってしまった踵痛(両踵の骨が飛び出てきて神経を圧迫)が悪の根源かと。足首を曲げると両踵が痛い。だから、足首をあまり曲げることができない。よって、バネをきかせた走りができなかった。
これを克服するには治療(手術)する、底の厚いスパイクを履くという方法があります。克服すれば、もう少し良いタイムが出るような気がします。
なんだか来年もマスターズに出たくなってきました(笑)でも、まずはしっかり踵を休めなければいけませんね。

« 今、100メートルを何秒で走ることができるのか?の巻 | トップページ | 今月中になんとか完成させるぞ!の巻 »

リコヤンと独り言(DBA)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179561/57415375

この記事へのトラックバック一覧です: なぜ13秒近くかかってしまったのか?の巻:

« 今、100メートルを何秒で走ることができるのか?の巻 | トップページ | 今月中になんとか完成させるぞ!の巻 »