最近のトラックバック

カテゴリー

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

高度成長期のスゴさを垣間見た!の巻

一昨日は当社技術士会の社外見学会に事務局長として参加。見学したのは、JF社の超大型プレスとJ社の転炉と厚板ライン。特に厚板ラインは初めて見たのですが、あまりの迫力に度肝を抜かれました。あの黒(自動化された暗闇の工場)と白(冷却時に出る蒸気)と赤(加熱された鉄)のコントラストは強烈過ぎて今晩夢に出てきそうです(笑)
それにしても、あんな工場をつくるなんて、昔の人って本当にスゴい。日本の高度成長期のスゴさをほんの少しだけ垣間見ることができたような気がします。

夜明けは近い!の巻

風邪をひいてから早10日が経過。いまだにスッキリしません。(特に鼻が)が、ぼちぼち完治しそうな感じですので、あと少しだけ大人しくしておこうと思います。夜明けは近いな(笑)

【ブログ部企画第六十弾】理想の上司

今回はブログ部企画「共通ブログタイトル」です。(※毎月26日9時は勝手に「ブログ部の日」としておりますscissors)今回は記念すべき60回目!いやあ、継続は力なりですね!さて、今回のテーマオーナーはmumuyau第二秘書、の予定でしたが、都合により部長である私が代行しました。テーマは「理想の上司」です。

---------------------------------

理想の上司。自分で決めたテーマですが、あまり書くことがない(汗)そういえば、MBA在籍時代に「すごいリーダーのストーリー」と「すごいマネジャーのストーリー」をまとめたことがあったな。というわけで、今回はそのレポートを代わりにアップしたいと思います。(手抜きじゃないよ)
【レポート】
<すごいリーダーのストーリー>
①背景事情は?
インドネシアのセメントプロジェクトでの出来事。当社が客先から工事を止めるよう要求されたのに対し、当社のプロジェクトマネジャー(すごいリーダー)は先陣切って客先のプロジェクトマネジャーの元へ足を運び、「工事を止めるのであれば、我々は全員日本へ帰る!」と怒鳴りつけた。
②誰が居合わせたか?
客先のプロジェクトマネジャーと客先のプロジェクト担当者が数名。こちらも当社のプロジェクトマネジャーとプロジェクト担当者が数名。
③何が効果的だったのか?
「(当社のマネジャー)なんで工事を止めるんだ!お前らにそんな権利はない!工事を止めるのであれば、我々は全員日本へ帰る!」
「(客先の担当者)まあまあ、落ち着いて...」
「(当社のマネジャー)我々はこのプロジェクトをフルターンキーで請け負っている!我々はこの世界で一番大きなセメントプラントを24.5ヶ月という速さで完成させなければならない義務を背負っているんだ!わかっているのか?」
「(客先の担当者)まあまあ、我々は同じボートの上にいるのではありませんか。ゆっくり話し合いしましょう。」
「(当社のマネジャー)うるせー!」
今考えると、あの時、当社のプロジェクトマネジャーは、わざと大声をあげていた(パフォーマンスであった)ような気がする。
④居合わせた人たちの感情は?
客先と喧嘩してくれるなんてスゴい!我々が困っていることを率先して解決してくれるなんて、本当に頼りになるプロジェクトマネジャーだ!
⑤どんな結末か?
その後、いろいろ交渉した結果、工事は止められずに済み、かつプロジェクトマネジャー同士も良好な関係を保つことができた。(我々の熱意が伝わった)
⑥なぜ「すごいリーダー」だと思ったか?
ひとの特徴:豪快、パフォーマンス、突破力
場面の特徴:部下が困っていた、助けてくれた、一人で乗り込んだ
<できるマネジャーのストーリ>
①背景事情は?
インドネシアのセメントプロジェクトでの出来事。私がいろんな悩みを抱えて現場を訪れると、自身も非常に忙しく、限界ギリギリだったはずの上司(できるマネジャー)はいつも笑顔で暖かく私を迎え、悩みを聴いてくれた。
②誰が居合わせたか?
プロジェクトの土木建築業務の責任者であった上司と一担当者である私。
③何が効果的だったのか?
「(上司)困ったことがあれば、いつでも言ってきなさい」
自身も限界ギリギリだったはずなのに、いつも私のことを気にかけてくれた。
瞬時に適切なアドバイスをくれた。相談し易い雰囲気を作ってくれた。
④居合わせた人たちの感情は?
忙しいにもかかわらず、自分のことを気にかけてくれて嬉しい。頼りになる。相談し易い。
⑤どんな結末か?
その行為は、上司からの期待に応えたいという気持ちにさせた。
⑥なぜ「すごいリーダー」だと思ったか?
ひとの特徴:穏やか、献身的、切れる
場面の特徴:部下が困っていた、助けてくれた、自身も限界ギリギリ
<個人シート>すごいリーダーとできるマネジャーの比較

すごいリーダー

できるマネジャー

性格面での特徴

豪快、攻撃的

若手には優しく、側近には厳しい

一見穏やか、でも熱い

バランス感覚に優れている

能力にかかわる特徴

人の心を掴むのがうまい

なんでもソツなくこなす

技能(スキル)面での特徴

専門性は高い(と思う)

専門性は高い

価値観における特徴

強烈な価値観を持っている(話の端々に出てくる)

価値観は持っているが、自分の価値観を人に押しつけない

行動特性

率先して動く、声が大きい

調和を図る、人当たりがいい

発想のパターンに見る特徴

動物的な発想、直感、ハッタリ

論理的思考

よく使う口癖、それ以外の特徴となる癖

女性好き

ムッツリ

部下たちに伝える座右の銘や持論

特になし

特になし

外観(体格、服装、動きなど)の特徴

動(身振り手振りが大きい)

IQ(知能)水準

高い

高い

知識水準(広さ、深さ)

業務領域の知識については広くて深い

業務領域の知識については広くて深い

少しだけペースを落として頑張ります!の巻

一昨日の晩はMBA2009の同窓会。我々は半年に一度、幹事はゼミ持ち回りで開催してます。修了して丸4年が経過。みんなドンドン進化しているみたいで、大変刺激になりました。
あとみんなから
「体は本当に大丈夫か?もう少しペースを落としたらどうか?」
とかなり心配されていることに改めて気づきました。いやいや、休みは十分に取ってますから(笑)でも、彼らが言うのだから、本当に少しオーバーペースなのかもしれませんね。だから、今後は少しだけペースを落として頑張ろうと思います!

Kさん、安らかに...の巻

7年間お世話になった前部門の上司Kさんがお亡くなりになりました。享年59才。いやあ、若い、若過ぎる...
Kさんとの思い出で一番残っているのは、MBA入学の際、学費を会社から出して欲しいと交渉した時のこと。
「(Kさん)出してあげたいけど、前例が無いからなぁ」
「(私)いやいや、このままでは一生前例なんて出来ませんよ!」
結局、この一言で自費での通学を決意したのですが、
「(Kさん)俺がポケットマネーで少し出そうか?」
と最後には言ってくれたKさん。(丁重にお断りしましたが)くそ真面目で、バカ正直で、誠実なKさん。本当にありがとうございました。安らかに、安らかにお眠り下さい。

風邪っぽいですが、頑張ります!の巻

今日から2日間は社内のプロジェクトマネジメント教育の講師。風邪がまだ治らない感じですが、なんとか頑張りたいと思います!

どうも数年ぶりに風邪をひいた感じ!の巻

どうも数年ぶりに風邪をひいた感じ。とりあえず、ゆっくり寝て一発で治さナイト!

従う誇りを持ち続けよ!の巻

先週、当社の生産職向け研修で講話いただいている顧問に挨拶した時のこと。
「(顧問)おおっ、新人か?」
いやいや、もう42才ですけど(笑)しかし、顧問の年齢を聞いてビックリ。
「(顧問)81才だよ」
マジですか!それにしても元気ありすぎ(笑)その後は「温室育ちは弱い」「薬は毒(になり得る)」「従う誇りを持ち続けよ」など、いろいろ教えていただきました。やっぱり年の功ってスゴい。そして、講話後に百貨店でショコラショーとチョコレートケーキをたいらげ、颯爽と懇親会会場へ。バイタリティとは、きっとあの人のためにある言葉だな(笑)

ようやく異動先の一員になれたような!の巻

昨晩は異動先幹部の歓迎会に参加してきました。昨晩をもって、ようやく異動先の一員になれたような気がします。今後は自分の強みを活かして、当社の発展に寄与していきたいと思います。さあ、今日も頑張りますよ!

やっぱり運動ってスゴい!の巻

11月から休学して少し気が抜けたことと異動によるバタバタが重なり、研究の方になかなか集中できていません。それに加え、現在ある方が必死に闘っているという噂を聞き、心の中はもうグチャグチャ。心なしか体も重い。やる気がちょっと低下しているかも。
というわけで、昨晩は体と心に鞭打ってジムに行き、いつもの倍のトレーニングをしてきました。すると、汗と共にモヤモヤも消え、スッキリしました。やっぱり運動ってスゴい(笑)
さあ、過ぎたことは仕方ない。気持ち切り替えて今日からまた頑張りたいと思います!やりますよ!

農業チーム、万歳!の巻

週末、大学は学祭だったため、自宅で研究を進めました。そして、一昨日の晩は我々と同じくテーマPJで農業経営について研究している現役MBA生らとの交流会に参加してきました。我々は中間1位、最終4位だったので、我々の分まで頑張って欲しいですね。農業チーム、万歳!

かなり手厚く送っていただきました!の巻

昨晩は前所属の私の壮行会に参加してきました。異動後の壮行会は微妙だなと思っていましたが、かなり手厚く送っていただきました。
一番感動したのは、なかなか人を褒めないベテランの方が「彼は人の見てないところで物凄く努力している。みんなもこの点を見習って欲しい」と言ってくれたことです。ホント、嬉しい限りですね。

博士論文初稿に対するフィードバック収集はひとまず終了!の巻

今日は夕方から大学で博士論文の副査H教授と打合せしてきました。お陰様で大変勉強になりました。
これにて博士論文初稿に対するフィードバック収集はひとまず終了。今後は修正の方向性を検討した上で、年末を目標に博士論文を修正していきたいと思います。頑張りますよ。

今日から完全移籍です!の巻

兼務期間が終わり、今日から本社の人事部門(HRD部門)に完全移籍です。兼務というやや中途半端な状態が続いていましたが、これからはようやくHRD業務に専念できます。というわけで、今日から新たな気持ちで、新入社員になった気持ちで頑張りたいと思います(笑)

休学生活がスタート!の巻

昨日から休学生活がスタート。でも、自分にとって休学は「休みつつ学ぶ期間」だと思っています。つまり、じっくり腰を落ち着けて、考えに考え抜くための休学であると。
というわけで、これからも変わらぬ生活が待っています(笑)しかしながら、逃げることなく、真っ正面からこの困難にぶつかっていきたいと思います!さあ、残り9ヶ月頑張りますよ!

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »