最近のトラックバック

カテゴリー

« ワインがジョッキで?の巻 | トップページ | 日本のインフラ輸出はなぜ苦戦しているのか?の巻 »

【ブログ部企画第八十九弾】マネジメントの本質

今回はブログ部企画です。(※毎月26日9時は勝手に「ブログ部の日」としております)今回は89回目。今回のテーマ選定は新米課長です。
---------------------------------
今回のテーマは「マネジメントの本質」。めちゃめちゃ難しいお題ですね。

マネジメントとは、「人を介して物事を成し遂げるためのノウハウ」と自分なりに解釈しています。また、マネジメントとは、「人・もの・カネを活かすこと」とも解釈しています。一方、マネジャーの仕事は、「個人や組織のパフォーマンスを最大化し、組織の目標を達成すること」と「部下を育成すること」だと思っています。

では、マネジメントの本質とは何なのか?マネジメントを実践する上では、人づくりと仕組みづくりが重要になると思うのですが、最近は特に「最終的にはやっぱり人だな」とつくづく思っています。

いくら優れた仕組みがあっても、人がイマイチだと組織として高いパフォーマンスを発揮することはできません(※)。逆に、優れた人がいれば、優れた仕組みをつくり、組織として高いパフォーマンスを発揮することが可能になるでしょう。(※人がイマイチだと組織として高いパフォーマンスを発揮することができない仕組みは優れた仕組みとは言わないかもしれませんが...)

そう考えると、やはり「いかに優れた人をつくるか」が重要であり、具体的には「いかに価値観や判断基準を共有した優秀な仲間や部下をつくるか」に尽きるのではないでしょうか。

非常に難しいテーマですので、今後も考え続けたいと思います。

« ワインがジョッキで?の巻 | トップページ | 日本のインフラ輸出はなぜ苦戦しているのか?の巻 »

リコヤンとブログ部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1179561/70456866

この記事へのトラックバック一覧です: 【ブログ部企画第八十九弾】マネジメントの本質:

« ワインがジョッキで?の巻 | トップページ | 日本のインフラ輸出はなぜ苦戦しているのか?の巻 »