最近のトラックバック

カテゴリー

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

いよいよ世代交代の瞬間を迎えます!の巻

一昨日、昨日は博士論文用のデータ整理に没頭しました。少しずつではありますが、真理に近づいている感じがしています。地味な道ではありますが、焦らず粘り強く一歩一歩進んでいきたいと思います。
※そういえば、一昨日ケースプロジェクトの発表会があり、会社の後輩らが見事金賞&銅賞を受賞したらしいです。素晴らしいですね。あれから早8年。いよいよ世代交代の瞬間(とき)を迎えます。

【ブログ部企画第九十二弾】企業の生産性

今回はブログ部企画です。(※毎月26日9時は勝手に「ブログ部の日」としております)今回は92回目。今回のテーマオーナーはmumuyau第二秘書、テーマは「企業の生産性」です。
---------------------------------
今回のテーマは「企業の生産性」。

このテーマについては、12年前からズッと考えているテーマですので、言いたいことは山ほどあるのですが、時間の関係で手短に記します。

古くから、日本企業のホワイトカラーの生産性は、欧米先進国に比べて著しく低いと指摘されています。生産性は「付加価値÷投入資源」と定義されます。ということは、生産性を上げるためには、

1.投入資源を下げ、付加価値を維持
2.投入資源は維持、付加価値を上げる
3.投入資源は上げ、付加価値をそれ以上に上げる

といったような方法が必要となります。日本企業は「1」は割と得意だと思うのですが、それでも生産性が低いということは、「2」や「3」が出来ていないということになるでしょう。では、なぜ日本企業は「2」や「3」が出来ないのでしょうか。

1.いくら効率よく作業をしても、結果として生み出されている付加価値が低い。
2.付加価値が低い理由としては、他社との差別化が出来ていないから。つまり、戦略が弱い。
3.もう一つの理由は、戦略は悪くないが、組織内の意識決定が圧倒的に遅いため、他社に出し抜かれているから。もしくは他社にすぐ追いつかれているから。

ということは、日本企業の生産性を上げるために必要なのは、「戦略」と「スピーディな意思決定」ではないかと考えられます。たとえ一人一人の業務効率を上げても、戦略が古く、組織内の意思決定が遅かったら、付加価値は向上しないでしょう。

今年もMBAおじさんと!の巻

昨日は毎年恒例、T大学大学院の「技術経営特論」に参加。3コマの長丁場でしたが、MBAおじさんと二人で楽しんできました。学生もみんな真面目で、熱心に講義を聴いてくれました。
晩はこれまた毎回恒例の飲みまくり。最後は今年もJAZZBARでフィニッシュ。いやあ、楽しかったですね。

サイヤ人成長の原則?の巻

昨日から9連休がスタート。が、途中、半日だけ出社するので、正確には8.5連休。社会人院生にとっては大変貴重なまとまった時間になります。
しかし、昨日は不覚にも日中2度も昼寝をしてしまいました。いやあ、トシですね。これはイカンということで、夕方から研究の方もエンジン全開で取り組みました。そして、晩にはジムへ。休んだら鍛える。サイヤ人成長の原則ですよね(笑)

久々に自己啓発セミナーに参加!の巻

昨晩は久々に自己啓発セミナーに参加。東京はこのようなセミナーの機会が多くて本当に羨ましい。
昨晩の気づきは、自分は10年後の明確な目標が無いということ。大企業の変革的リーダーと社会科学の研究者を両方こなし、休みの日には海外旅行したり、フットサルやサッカーでバリバリ点をブチ込んでいる、とっても若々しい55歳になることと書いたら、隣のサラリーマンに笑われました(笑)

グローバル化は本当に正しいのか?の巻

昨晩はPh.D勉強会に参加。テーマは、グローバル化は本当に正しいのか。どの会社もグローバル化を課題に掲げているが、それは本当に正しいのか。非常に奥の深いテーマだと感じました。

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »