最近のトラックバック

カテゴリー

リコヤンとイノベーションマネジメント

試験中に閲覧してもあまり役には立たないと思います...の巻

昨晩も飲み過ぎてしまいました...下記は529()の講義報告の続きです。

-------------------------------------------------

金曜6限:イノベーションマネジメント⑥

1)ポータブルオーディオの機能比較に関する講義の中で、印象的な内容は下記の通り。

・同じiPodであれば、顧客はより良い機能の方を選ぶ。しかしながら、現在の顧客はより良い機能を持ったWalkmanよりiPodの方を選ぶ。なぜか?⇒イノベーションは技術だけでなく、市場との結びつきも重要である!

2)ハウスのカレールウ開発に関する講義の中で、印象的な内容は下記の通り。

・こくまろカレー:潜在ニーズの掘り起こしに成功した開発事例。グリコの熟カレーに対抗する大人向けカレーの開発を進める中、マーケティングによって子供用・大人用カレーの作り分けの実態が明らかに。そこで、大人も子供も楽しめるカレーというコンセプトをマーケティング主導で開発した結果、こくまろカレーがうまれた。

・プライムカレー:技術部門主導で新たな商品コンセプトがうまれた開発事例。次世代カレーの開発を進める中で、低油脂化カレー技術を確立。当初、健康志向をテーマにしていたが、トップの香り立ちの良さという新しい発見があった。顧客の「健康=まずい」という思い込みもあり、商品コンセプトを再検討した結果、香り立ちの良さをコンセプトにしたプライムカレーがうまれた。

3)イシダ社のイノベーションに関するDVDを観た。DVDおよび教授のコメントの中での印象的な内容は下記の通り。

・イシダは京都に本社を置くはかりの会社。組合せ計量器は世界シェア70%

・はかりのデジタル化:昔、正確に量れるはかりというスーパーからのニーズがあった。ある日、タクシーの料金メーターを見て「これだ!」とひらめいた!(社長)

・デジタル値札:事務所PCで価格を入力⇒陳列棚やレジへそのデータが転送される!

・製品開発の見極め:ニーズが大きいものに関しては絶対に諦めない!(社長)

・組合せ計量器の開発:ほとんど重量誤差無く自動分別し、ピーマンやスナック菓子等を大量に袋詰めする機械。⇒昔は農家の女性がこの作業を手作業で行っていたため、これをなんとか解決しようと3年間考えたが、良いアイデアが出なかった。そこで再度現場に立ち戻り、作業を観察したところ、作業者がピーマンを大中小の3つに分けていることに気付いた。「これだ!」(社長)

Ishida_img_2

・大手メーカーの参入!ピンチへ!:はかりはメンテナンスに専門的な知識が必要であったため、イシダはサービスを充実させた。サービスセンターを設立し、連絡からトラブル解決まで3H以内を目指した。徹底的なアフターケアを実現させた結果(1軒1軒に対応等)、大手は対応できず撤退した。

-------------------------------------------------

本日、イノベーションマネジメントの試験があります...頑張ります!

あと数時間後に試験ですの巻

下記は、昨日のイノベーションマネジメントの講義報告です。ちなみにイノベーションマネジメントの補講は明日、しかも試験らしいです...(しかも、教授は来ないらしい...)

-------------------------------------------------

金曜5限:イノベーションマネジメント⑤

1)講義の中での印象的な話は下記の通り。

・科学と技術は何が違うのか?⇒科学とは、観察された事実と事実の関係を厳しく追及する理論発見のプロセス(普遍)。一方、技術とは、新しい科学的発見や技術の新しい組合せによってもたらされる知識の応用(陳腐化が生じる)。

・単なる新技術の追求だけがイノベーションではない。「市場に受け入れられる新しい価値」に結びつくことで新技術は新しいイノベーションとなる。

・非連続なイノベーション:「製品イノベーション⇒ドミナントデザインの成立⇒工程イノベーション⇒市場の成熟化」や「成熟化⇒脱成熟化⇒成熟化⇒...」のこと。

・非連続なイノベーションが生じると既存企業が持つ過去の蓄積が無意味になり、再び競合企業との間で対等な競争が始まる。

・能力破壊型イノベーション:違う技術でその市場を奪うこと

・能力温存型イノベーション:同じ技術をもって他の市場へ打って出ること

・クリステンセンの破壊的イノベーション:新旧の顧客のニーズの違いによって、イノベーションの非連続性がもたらされる。⇒フロッピーディスクの例

2)ニューリー社のイノベーションに関するDVDを観た。DVDおよび教授のコメントの中での印象的な内容は下記の通り。

・ニューリー社は京都のスキャナー会社。特殊スキャナー(1億画素のスキャナー&大型スキャナー&回転スキャナー等)を開発し、オンリーワンを実現している。

・以前はコピーに影が写るのはタブーであったが、人が見たままを残すことにニーズがあると信じ、影が残るようなスキャナーを開発した。当初ニーズは無かったが、ニーズの掘り起こしに成功した。⇒文化財の保存、映画に出てくる丸太など

・スキャナーの低価格化にともない、事業の縮小を余儀なくされた時期があった。⇒社長のもと「オリジナルスキャナーをつくって、下請けから脱却しよう!」と全社員が一致団結!「会社負担による社員旅行」「経営の透明化」「月1枚のアイデアシート」等の活動を通して危機を乗り切ることができた。

・センサーの位置に秘密がある。少し斜めから読み取ることで立体感(微妙な質感)を出している。⇒この点がアーキテクチュラル・イノベーションと言える!(教授)

・このイノベーションは温存型か?破壊型か?⇒注目するポイントによって異なる。つまり、技術で見ると温存型、市場との結びつきで見ると破壊型と言える。(教授)

-------------------------------------------------

金曜6限へつづく...

このケースのポイントは?の巻

下記は515()の講義報告の続きです。

-------------------------------------------------

金曜6限:イノベーションマネジメント④

1)テルモ社のイノベーションマネジメントに関するケースDVDを観た。DVDおよび教授のコメントの中での印象的な内容は下記の通り。

 ・テルモ社はディスポーザル注射器やカテーテル等の医療製品を主力とする超優良企業。そんなテルモ社も1990年代に3期連続の赤字を経験。当時のテルモ社は「指示待ち体質」「組織が硬直-営業が開発と話をすると怒られた」であった。

 ・業績不振時に存在した5つの壁:「売上の壁-1000億円の壁」「財務の壁-多額の含み損が発生」「海外の壁-早期に進出するも順調にいかず」「商品開発の壁-開発スピードが遅い、タテの壁が強い」「体質の壁-指示待ち体質、チャレンジしない」

 ・まず社長が意識改革を仕掛けた!⇒全国行脚(直接行って、直接語りかける)、全階層合宿(幹部・中間層・若手すべての改革が必要)、客船での表彰パーティー等

 ・若い人には好きなこと、納得したことをやらせるのがよい!⇒セル制度の導入。その良い例が「獣医市場」の立上げ。良いセルは表彰し、正式な組織へシフトする。

 TBU=テルモ・ビジネス・ユニットの発足:機能別に分割された組織に商品別の横串を差す組織ユニット。権限規定がハッキリしない組織図のない組織(マトリクス組織)

 13歳の少女の話:従来製品より細いガイドワイヤーを開発したことは、治療に大きく寄与しただけでなく、医療分野全体へ与える影響が大きかった!⇒このガイドワイヤーの技術は、他の追随を許さない圧倒的な製造技術!(テルモ社のコア技術)

 ・研究開発者30名を工場部門へ異動:研究開発者は担当製品を持って工場部門へ異動し、生産性UPの仕組みを考えることになった。この際、研究開発者は医療現場へ頻繁に足を運ぶようになり、患者・医者・看護士と直接話すことによって、自分らの製品が役に立っていることを実感できた。⇒目の色が変わり、意識が変わった!

 ・治療機器と診断機器:従来、日本企業は診断機器を得意としていた。治療機器は日本企業にも技術はあるが、リスクが高いため、やりたがらなかった。⇒テルモ社は、この治療機器に目をつけた。

 ・テルモメディカルトラネックス:医療機器のトレーニングの場を開設。その他、医者との交流の場・社内教育の場、機器の宣伝としても非常に役に立っている。

 B to B to Cのビジネスは、Bを通り越してC=お客様(エンドユーザー)にまで入り込み、考えることが非常に重要になってくる。(教授)

-------------------------------------------------

正直、この講義のポイントを纏めるのは非常に苦労しました。皆さんにとっては、どの辺りが印象的でしたか?(キチンと纏まってなくて申し訳ありません...)

突然の休校...の巻

突然ですが...昨日の講義は新型インフルエンザの影響により、午後から急遽休講になりました。インフルエンザについては、昨日まで他人事のように感じていましたが、これからはそういう訳にはいきませんね。まずは「うがい・手洗いの徹底」「人の集まる所ではマスクを着用」など、基本的なことを遵守していこうと思います。皆さん、体調管理にはお互い気をつけましょうね!さて、下記は515()の講義報告です。

-------------------------------------------------

金曜5限:イノベーションマネジメント③

1)講義の目的:イノベーションプロセスを遂行する組織とはどのように設計されるべきかなのか?について考える。

2)講義の中であった「キヤノンのデジカメ戦略」について印象的だったのは下記の通り。

C社は将来年間1億台になるであろう市場で30%のシェアが欲しいと考え、そのために必要な工場の生産能力UP(250万台/年→3,000万台/)を早期に着手した。結果、予測より数年早く1億台の市場になり、C社は見事トップシェアを取った。⇒皆さんは数年後の姿を描いて、何が足りないか?と考えたことがあるか?(教授)

Incremental Innovation(デジカメの場合は画素数UP)が無いと、シェアは取れない。C社は常に性能トップを目指し、かつヒットしても、それにこだわらず半年後には新製品を出す、ということを繰り返した!

・成功のポイントは2つ「その場その場でトップを狙う」「その場に安住しない」⇒キーワードは「スピード経営」「世界同時立上げ」など

3)講義の中での印象的な話は下記の通り。

・イノベーション創出のための組織能力の3要素:「コア技術」「事業システム」「組織プロセス能力」

・組織能力は何をもって評価するのか?⇒非常に難しい!あえて言うなら、企業の経営指標が長期的に伸びているか?減っているか?で評価できる(教授)

・商品での差別化「機能」「機能軸」「製品分野」は、組織能力での差別化「組織プロセス能力」「コア技術」「事業システム」の上に乗っている。

・組織プロセス能力の例:「参考文献 製品開発力 藤本隆弘著」⇒(本の要約)米国自動車メーカーに無く、トヨタにあったのは「コンカレントエンジニアリング」「少人数方式(下請けが設計したものをトヨタが承認する)」「重量級マネジャー(開発責任者)」の3点であった。

4)この講義のまとめは下記の通り。(教授資料より)

・機能部門別、プロジェクト重視組織のどちらが適切かは製品特性によって決まる。

・コンティンジェンシー理論:唯一無二の組織は無い...

-------------------------------------------------

6限へつづく...

イギリスでは靴下を試着するって本当ですか?の巻

そういえば(R1)このブログですが、先日の飲み会でMBA同期生に「意外と知られている」ことが判明しました。

冷静になってよく考えると、かなり恥ずかしい...

学校行っている間にオカンにエ○本のありかがバレて、元の場所から少しズレてたみたいな...そんな感じです。(左記、実話ではありませんので誤解の無いよう...)

下記は58()の講義報告の続きです。

※R1:F木リーダー突っ込みによる修正

-------------------------------------------------

金曜6限:イノベーションマネジメント②

1)タビオ社のサービスイノベーションに関するケースDVDを観た。DVDおよび教授のコメントの中での印象的な内容は下記の通り。

 ・タビオ社は、靴下の流通企業。理念は、お客様の足に優しい靴下を提供すること。「靴下は第二の皮膚である」がモットー。多品種少量戦略で他社と差別化をはかる。

 ・「売れるものを、売れるときに、売れるだけつくる」を追求。そのためには、商品企画から製造・販売まで一貫したサービスイノベーションが必要。

 ・糸選び・編み方まで研究することで、フィット感や肌触りを追求。(こだわり)

 ・靴下は流行サイクルが短い。常に売れ筋をチェックし、企画や製造に反映。また、POSはタビオ社だけでなく、物流拠点やニッターもリアルタイムで閲覧可能にした。

 ・しかしながら、ニッターにPOSは理解しにくい。故に、ニッターが棚を見て、数が減っていたらその分つくるという「数字の苦手な人でもわかる仕組み」にした。⇒在庫が大幅に減少!

 ・すべての情報は店頭に始まる。情報が一方通行ではCSは勝ち取れない。

 ・陳列にも工夫:週ごとに季節比率を変えている。毎週少しずつ品揃えが違う!

 ・店の雰囲気・接客マナーも非常に重要。お客様に「また来たい!」と思ってもらう。⇒本社教育によるバックアップあり

 ・従業員やニッターが、ものづくりの情熱をすべて活かせる仕組みづくり(インフラ整備)を構築したことが、今日の好業績につながっていると言える。⇒イノベーションは人が起こす!人の中にこそイノベーションのシーズがある!(教授)

 ・タビオ社はPOSを公開することで需要をつくっているのだ!(教授)

2)来週の講義までに「タビオ社のイノベーションの特徴を評価」したレポート課題(1000字程度)を作成し、提出せよとのこと。

-------------------------------------------------

キタキタキタキタ、レポート地獄。4月は読書地獄でしたが、5月はレポート地獄の予感が...しかし、結局DVDのポイントがつかめないまま講義が終了してしまいました。(なんかモヤモヤしてます)どのポイントがイノベーションなのか?(POSの活用は今日どこでもやっているのでは?)う~ん、頭を整理して、自分なりに再度考えてみたいと思います!

リコヤンって誰でしょうね...の巻

ああああああ、昨晩は飲み過ぎ+またやってもうた...少しハシャギ過ぎてしまいました。RST+αの皆さん、スイマセンでした。(でも楽しかった!)

さて、下記は58()の講義報告です。初めて金曜講義に参加してわかったこと⇒金曜で消耗してしまうと、土曜が更にグダグダになること...ちなみに金曜講義は18:2021:30と結構キツい。まあ...なんとか頑張りますけど...

-------------------------------------------------

金曜5限:イノベーションマネジメント①

1)講義の中での印象的な話は下記の通り。

・イノベーションを中国語に訳すと「創新」。でも、日本語だと「技術革新」と訳す場合が多い。なぜ「技術」とつくのか?このセンスがわからない。(教授)

・イノベーションは技術だけの話ではない。製品開発・生産・マーケティングすべてのプロセス、つまりビジネス全体を考える必要がある。

・経営活動におけるイノベーションは、経済学者:シュンペーターが提唱した「新結合:生産とは利用可能な物や力を結合することであり、従来とは異なるかたちで結合することを指す」が基礎となっている。

InnovationInventionの違いは?⇒イノベーションは経済効果を生まなければならない。つまり、イノベーションには「収益」と言う意味が含まれている。

・レベッカ・ヘンダーソンは、イノベーションを分類した。「Incremental InnovationImprovement(?)」「Destructive Innovation」など。

・携帯電話市場で日本企業が勝てないのは、イノベーションの被せ合いにより、CSと差が出てしまい、下からロープライスで攻められているからだ。(教授)

・商品がイノベーションによって進化し、成熟化してくるとコモディティ化へ向かう。つまり、イノベーションの反対語はコモディティと言える。

2)この講義のまとめは下記の通り。(教授資料より)

・イノベーションとは「何か新しいものを取り入れる、既存のものを変える」という意味を持つ。

・イノベーションは、企業、産業が発展するために、最も重要な要素である。

・イノベーションは製品開発面で重要な役割を果たすが、その他にも組織の制度、仕組みにおいても役割を担う。

・イノベーションは、企業家が実行する。そのプロセスは、国の制度や風土によって影響を受ける。

-------------------------------------------------

教授より「今日のポイントは、イノベーションは知識を生み、知識を活用する営みである、という点です!」と力強く言われましたが、正直あまりピンときませんでした...(モヤモヤしたまま6限へ突入!)⇒続く

その他のカテゴリー

リコヤン(cchii)と環境経営 | リコヤン(MBAおじさん)とグローバル戦略 | リコヤン(MBAおじさん)とマーケティング | リコヤン(MBAおじさん)と人材マネジメント | リコヤン(MBAおじさん)と組織行動Ⅰ | リコヤン(shimicchoro)と戦略マネジメント | リコヤン(めくるめくくめ)と会計制度 | リコヤン(居眠り王)とネゴシエーション | リコヤンとM&A戦略 | リコヤンとRST | リコヤンとまさお | リコヤンとやさしい経済学 | リコヤンとアントレプレナーファイナンス | リコヤンとイノベーションマネジメント | リコヤンとオペレーションズマネジメント応用研究 | リコヤンとグローバル戦略 | リコヤンとケースプロジェクト研究 | リコヤンとコーチング | リコヤンとサーベイリサーチ法 | リコヤンとゼネラルマネジメント | リコヤンとテクノロジーマネジメント | リコヤンとテーマプロジェクト研究 | リコヤンとネゴシエーション | リコヤンとパリ | リコヤンとビジネスエコノミクス | リコヤンとファイナンス | リコヤンとフットサル部 | リコヤンとブリュッセル | リコヤンとブログ部 | リコヤンとマネジメントコントロール | リコヤンとマーケティング | リコヤンとロンドン | リコヤンと上海 | リコヤンと事業創発マネジメント | リコヤンと人材マネジメント | リコヤンと修士論文 | リコヤンと公益事業経営 | リコヤンと博士論文 | リコヤンと台北 | リコヤンと品質管理 | リコヤンと地震関連情報 | リコヤンと定性的方法論研究 | リコヤンと沖縄 | リコヤンと特別講義 | リコヤンと独り言(DBA) | リコヤンと第二論文 | リコヤンと管理会計勉強会 | リコヤンと組織行動Ⅱ | リコヤンと経営戦略応用研究 | リコヤンと統計解析応用研究 | リコヤンと製品開発マネジメント | リコヤンと財務会計応用研究 | リコヤンの今週の予定 | リコヤンの独り言 | リコヤン(shimicchoro)と国際経営