最近のトラックバック

カテゴリー

リコヤンと公益事業経営

小さくガッツポーズ...の巻

MBAコースも13週目が終了。残りは...約65週???いまだ1/6、マラソンで言うと7km地点!!!皆さん...マイペースで行きましょう!全力疾走では最後までもちませんよ!

さて、下記は626()のつづきです。

--------------------------------------------------

金曜5~6限:公益事業経営⑦⑧

2)「日本の私鉄経営」に関する講義があった。印象的な話は下記の通り。

・日本型国鉄民営化は世界の鉄道事業改革の成功例とみなされている。⇒()オランダの鉄道関係者による調査団の派遣(1999年以降)、イギリスやドイツの鉄道関係者による日本国鉄民営化の研究など

・鉄道需要は、ある目的を実現するために付随的に生じた需要である。(派生需要)

・日本の私鉄事業の特徴:①世界の多くの鉄道は運営費補助がないと成立しないが、日本の私鉄は補助無し、運賃収入のみで経営が自立できている。(独立精神)②多くの国ではインフラ整備は補助されているが、日本の私鉄は自前(運賃収入)で賄っている。③質の高いサービス(安全・正確・迅速・快適)を提供している。④列車サービスに留まらず、総合都市型サービス産業(バス・タクシー・百貨店・野球・劇場・旅行・住宅開発など)へ進化している。

・日本の鉄道サービスの質は非常に高い:①定刻運行、②多様な種類(特急・急行・快速・区間快速・普通など)の列車サービス、③高い安全性

・定刻運行が確保できる理由:①施設・車両・機械等ハードウェアの信頼性の高さ、②ある駅の停車時間を少し長めにする等の時刻表の工夫、③駅による退避スペース等の列車運行の工夫、④6扉車の採用等の乗降時間短縮、⑤運転技術の習熟、⑥定刻運行は当たり前だという文化の継承など

・鉄道事業者は、利用者を増やすためにいろいろな施策を実施してきた。⇒①バス事業を持ち、駅勢圏を拡大(フィーダーサービスの充実)、②ターミナル駅周辺の開発から駅ナカサービスへの進化、③沿線開発(ブランドイメージを変える:東急田園都市線、駅名によるイメージアップ:○○丘・○○学園・○○大学など)、

・鉄道サービスの生産に関連する事業の垂直的展開:(例)東急グループ:東急建設・東急軌道・東急車輌・東急車両サービス・東横車両電設

・結果として、沿線地域全体がビジネスシステムとして成り立ち、外部経済を生み出している!⇒今後の課題は「次のビジネスモデルをどうするか?」である。(教授)

3)81日までに最終レポートを提出すること。A45ページ以内。テーマは自由、公益事業にはこだわらない。(授業で学んだことであれば何でもいいらしい...)

--------------------------------------------------

昨晩、帰宅して「小さくガッツポーズ」した後から記憶がありません。どうやら私は心から「学生気分」を満喫してしまっているようです。もう37歳ですけど...何か?

昨晩ゆっくり寝たので大丈V!の巻

いやあ、今週はキツかった...特にファイナンスの事前課題は悶絶モノでした。(もう文章理解力が大幅に低下しているみたいです...)でも昨晩ゆっくり寝たので大丈V!今から土曜日の部に行ってきます!

さて、下記は626()の講義報告です。今回の公益事業経営は2回に分けて報告したいと思います。

--------------------------------------------------

金曜5~6限:公益事業経営⑦⑧

1)「企業の立地理論・戦略の経済学」に関する講義があった。印象的な話は下記の通り。

・重量低下型プロセス産業:原材料の輸送距離をできるだけ短くした方が全体の輸送費用が安くなるため、企業の立地は原材料地指向となる。(例:木材加工業)他に原材料地指向としては「容量低下型」「腐敗ロス型」「危険減少型」がある。

・重量増加型プロセス産業:製品を輸送する距離をできるだけ短くした方が有利になるため、企業の立地は消費地指向となる。(例:清涼飲料水製造)他に消費地指向としては「容量増加型」「腐敗増加型」「危険増加型」がある。

・都市化の経済:異なった種類の産業が特定の地域に集中立地することにより、その地域の経済活動の水準が向上し、生産が有利になる。(例:本社が大阪から東京へ)

・地域特化の経済:同業種がある特定地域に集中立地することによって、ばらばらに離れて立地するよりも生産に関して有利である。(例:秋葉原の電気街)

--------------------------------------------------

つづく

・・・+(^-^)(^-^)+・・・の巻(これ授業出てないとわかりません)

MBAコースも12週目が終了。頭のメモリー?が一杯になったのか、ついに授業中に頭から煙が出てきました。中だるみか?それとも疲れのピークか?とりあえず、今日はゆっくり休みことにします...さて、下記は619()の講義報告です。

--------------------------------------------------

金曜5~6限:公益事業経営⑤⑥

1)「プロジェクト評価」に関する講義があった。印象的な話は下記の通り。

・純現在価値NPV と便益費用比率Rとで評価が変わる場合があるので要注意!

・純現在価値法NPVの主なルール:①NPV>0でないと候補にはなり得ない。②固定の予算内でNPVが最大となるものを選ぶ。③予算制約がなく、お互いのプロジェクトが相互に排他的である場合には、NPVが正でかつ最大のものを選ぶ。

・埋没費用:あるものに投資をした結果、回収不能となった費用。⇒(例)恋人に送ったプレゼント。気持ちが変わってもプレゼントに投資したお金は回収できない!

・プロジェクト投資の評価・意思決定においては、過去の出来事である埋没費用は一切考慮に入れてはならず、評価時点以降に起こり得る費用と期待できる利益だけを判断基準とする。⇒これが結構難しい!

2)「民営化と競争政策」に関する講義があった。印象的な話は下記の通り。

・公共選択の理論:公共セクターは社会的利益を追求する主体ではなく、組織を構成する政治家などが自己利益を追求するものであり、結果、組織運営が非効率になる。

・所有権の理論:公共組織の非効率性の主要因は、所有権の曖昧さにある。⇒公企業にはたくさんの所有者がいるため、効率的に運営することができなくなる!

・鉄道産業における効率性の民営・公営の比較:設備投資のムダ遣いは公営鉄道の方が多いが、鉄道運行費用に関しては公営鉄道も民営鉄道もあまり変わらない。

・民間企業は効率性への志向が大きいので、利益が確保できない路線が廃止されていく可能性は大である。⇒特にバス路線!故に必ずしも民間企業が良い訳ではない!

・鉄道事業においては、ヨーロッパは垂直分離、日本は垂直統合が基本となっている。

・垂直分離のシステムと垂直統合のシステムの間には、有意な費用の差は存在しない。

・ヤードスティック規制方式:比較的需要条件が類似した企業を取り上げ、基準となる指標をものさしとして、その指標によって企業のパフォーマンスを評価する。

・(質問)民営化の対象となる事業について、市営の都市交通事業は民営化に適しているか?⇒(回答)市の事業の中では、最も可能性は高い。しかし、市の都市政策との連携ができるのかという懸念や、バス路線のいくつかの廃止が予想される。大都市中心部の公共交通政策で、東京メトロの民営化は初めての事例ではないか。

--------------------------------------------------

本講義のシラバスを読み返したら、最終レポートをA45枚程度にまとめ、81日までに提出しなければならないことに気付きました。A45枚って結構ありますけど...ふぅ。

社会人って面白いよね~(はるな愛風)の巻

いやあ...昨日のケースプロジェクト中間発表はいろいろ考えさせられましたね...とにかくフィリピン好きのNさん、本当にお疲れ様でした!プレゼンの出来は最高でした!次回は「絶対に」巻き返しましょうね!さて、下記は612()の講義報告です。

--------------------------------------------------

金曜5~6限:公益事業経営③④

1)「外部性」に関する講義があった。印象的な話は下記の通り。

・外部性:ある経済主体の活動が市場を通さなくて、別の経済主体に直接影響を与えること。外部性には、外部経済と外部不経済がある。

・外部経済:プラスの効果、つまり他の経済主体に望ましい効果を与えること。⇒()ミツバチの飼育によって、リンゴの生育が良くなる。

・外部不経済:マイナスの効果、つまり他の経済主体に望ましくない効果を与えること。⇒()自動車の移動によって、排気ガスによる公害が生じる。

・なぜ規制が必要か?⇒外部不経済が存在する場合には、望ましい水準との間に乖離が生じてしまうため、規制が必要。つまり、社会的に望ましい量以上のサービス量が供給されてしまうため、それを解決するための一つの手段として規制が必要。

・外部性を内部化する方法:①合併、②ピグー課税、③交渉(コースの定理)

・ピグー課税:政府が外部性を相殺するように課税する。

・コースの定理:企業に優先権があろうと、住民に優先権があろうと、選択される生産量は同じ結果になり、しかもその生産量は社会的に最適な生産量と同じになる。

・もし民間企業によって鉄道事業が行われるとすると、鉄道運賃が規制のもとにある場合には、鉄道整備によって沿線地域の地価が上昇するので、その上昇分を内部化するため、不動産会社を持つことで内部化を図ろうとする誘因が働く。

2)「公共財」に関する講義があった。印象的な話は下記の通り。

・公共財:非排除性と非競合性という性質を有する。道路、放送、消防、国防など。

・非競合性:ある個人一人が消費しても他の人も同時に消費することを妨げない性質

・非排除性:その財やサービスに対して支払いをしないからといってその財やサービスを受けられないことはない性質

・公共財の公的供給の理由:例えば消防サービスの供給が民間企業で行われると、フリーライダーが出現し、モラルハザードが発生するため。

・なぜ公共セクターが公共財供給を行うのか?⇒公共財を私的供給する場合には、最適供給の解と比べて過少供給となるため。

--------------------------------------------------

本講義では、難しい内容を簡単なモデルに置き換えた上で説明して下さるので、本当に助かっています。ただ、今回も質問攻めにあっている教授を見て、ちょっとだけ「せつなく」なってしまいました。教授!お疲れ様でした。

質問攻めでボッコボコの巻

いやあ...今晩は盛り上がりましたねぇ。しかし、ウェルカムパーティー中、ズッと「マヨネーズ、すべれ!」と念を送り続けていたせいか、既にグッタリです。三次会まで一緒に行ったF木リーダー、M浦くん、M井くん、お疲れさまでした。二次会まで行った同士の皆様、お疲れさまでした。そして、一次会で帰られた皆様、今度打ち上げしましょうね。

--------------------------------------------------

金曜5~6限:公益事業経営①②

1)冒頭に本講義の目的や授業の進め方等に関する説明があった。概要は下記の通り。

・授業の中で公益事業経営のエッセンスを理解して欲しい。(教授)

2)「公益事業と自然独占性」に関する講義があった。印象的な話は下記の通り。

・アイスクリーム店の競争:ビジネスエコノミクスの講義の時と同じ話!⇒企業は競争しているから、元の状態に留まってはくれない。だから規制を行う。

・公益事業とは:電力、ガス、交通、通信、郵便、放送、道路、ゴミ処理など。ただし、明確にここまでが公益事業である!、という範囲が決まっている訳ではない。

・公益事業が持つ特徴:①自然独占性が強い、②公共財としての性格がある、③外部性が存在している場合がある、④生活必需品が強い、⑤政策的配慮が要請される等

・公益事業の持つ特徴から、何らかの形で政府からの関与が必要になり、その方法の一つが「規制」である。その他の関与の方法としては公的供給、税制、補助がある。

・自然独占性:Natural monopoly!⇒規模の大きな企業ほどコスト優位になる。

・費用の劣加法性:全部あわせて生産した費用(例:1社で電力供給)<別々に生産した費用を全部あわせたもの(例:いくつかの会社で電力供給)

・なぜ規制が必要か?:社会的に望ましい水準よりも「サービスの供給量が少なく」また「価格が高くなってしまう」から。⇒例:規制が無いと、関西電力や大阪ガスは値上げするでしょ?

・固定費の割合が圧倒的に大きい事業は自然独占になりやすいと言える。(教授)

・自然独占型産業に関する経営の大きな問題は、規制という分野に守られていることによる経営の非効率性(X非効率)、新しいサービスを生み出すような革新性(イノベーション)が欠如していること、等が挙げられる。

3)「規制制度と規制の問題点」に関する講義があった。印象的な話は下記の通り。

・経済的規制とは参入規制、価格規制等。社会的規制とは安全衛生規則、環境規制等。

・参入規制によって超過利潤(レント)が発生する可能性がある。

・市場で決定するよりも価格抑制策や最低賃金制の方が総余剰が小さくなる場合があるので、価格抑制策や最低賃金制は社会にとって必ずしも望ましいとは言えない。

--------------------------------------------------

ミクロ経済の講義?というのが第一印象です。教授は難しい内容を単純化した上で、極めてわかりやすく説明して下さりましたが、単純化しすぎたからか、受講生からの質問攻めに会い、ボッコボコにされていたのが非常に印象的でした。教授!お疲れ様でした!

その他のカテゴリー

リコヤン(cchii)と環境経営 リコヤン(MBAおじさん)とグローバル戦略 リコヤン(MBAおじさん)とマーケティング リコヤン(MBAおじさん)と人材マネジメント リコヤン(MBAおじさん)と組織行動Ⅰ リコヤン(shimicchoro)と戦略マネジメント リコヤン(めくるめくくめ)と会計制度 リコヤン(居眠り王)とネゴシエーション リコヤンとM&A戦略 リコヤンとRST リコヤンとまさお リコヤンとやさしい経済学 リコヤンとアントレプレナーファイナンス リコヤンとイノベーションマネジメント リコヤンとオペレーションズマネジメント応用研究 リコヤンとグローバル戦略 リコヤンとケースプロジェクト研究 リコヤンとコーチング リコヤンとサーベイリサーチ法 リコヤンとゼネラルマネジメント リコヤンとテクノロジーマネジメント リコヤンとテーマプロジェクト研究 リコヤンとネゴシエーション リコヤンとパリ リコヤンとビジネスエコノミクス リコヤンとファイナンス リコヤンとフットサル部 リコヤンとブリュッセル リコヤンとブログ部 リコヤンとマネジメントコントロール リコヤンとマーケティング リコヤンとロンドン リコヤンと上海 リコヤンと事業創発マネジメント リコヤンと人材マネジメント リコヤンと修士論文 リコヤンと公益事業経営 リコヤンと博士論文 リコヤンと台北 リコヤンと品質管理 リコヤンと地震関連情報 リコヤンと定性的方法論研究 リコヤンと沖縄 リコヤンと特別講義 リコヤンと独り言(DBA) リコヤンと第二論文 リコヤンと管理会計勉強会 リコヤンと組織行動Ⅱ リコヤンと経営戦略応用研究 リコヤンと統計解析応用研究 リコヤンと製品開発マネジメント リコヤンと財務会計応用研究 リコヤンの今週の予定 リコヤンの独り言 リコヤン(shimicchoro)と国際経営

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ