最近のトラックバック

カテゴリー

リコヤンとファイナンス

そんなこんなで...にヒヤヒヤの巻

下記は725()の講義報告のつづきです。

-------------------------------------------------

土曜3~5限:ファイナンス応用研究⑬⑭⑮

1)グループ課題「企業価値評価と要約財務諸表」のレポートの中から、教授が選んだいくつかのレポートについてプレゼンテーション&質疑応答が行われた。⇒我がチームの発表をエースCYが「そんなこんなで...」なんとか務め上げました。(チームメンバーは多少ヒヤヒヤしましたが)

2)「実物投資決定」に関する講義があった。印象的な話は下記の通り。

 NPV:投資決定が企業価値や株主価値に与える影響を定量的に分析する方法としては、投資案件のStand Aloneの価値評価をDCF法で算出することが最も理にかなっている。DCF法によって評価した投資案件の価値をNPVと呼ぶ。

 NPV法は株主に対して説明しやすい!⇒Why? Because NPV positive. Positive NPV increases shareholders’ wealth!

 IRRInternal Rate of Returnの略。投資の収益率。NPVをゼロにする割引率。

 ・今1万円を預けてくれたら、講義終了時に2万円貰えるケースAと、今10万円を預けてくれたら、講義終了時に12万円貰えるケースBがある。貴方ならどちらを選ぶ?⇒NPVはケースA1万でケースB2万。でも、IRRはケースA100%でケースB20%

 ・回収期間法:投資資金の早期回収が好ましいという考え方。NPVがプラスであることが前提。現金商売では使いやすいが、R&Dでは使いにくい。

 ・リアルオプション:プロジェクトの途中で規模を拡大・縮小したり、撤退したりする選択肢。オプション料が必要なケースや、選択するまでの期間にライバル社に先行されるというリスクもある。

3)「実物投資決定(練習問題とミニケース)」に関する講義があった。印象的な話は下記の通り。

 ・為替スポットが110円=1ドル、金利水準が日本3.0%&アメリカ6.0%の場合、5年後の為替予想レートは110×(1.03/1.06)^5=95.3円となる。

 ・価値は投資の収益が資本コストを超えるときに生まれる。経営者はこの目標(価値創造)を達成するために経営戦略を策定し、事業活動を通じてそれを実行する。

4)期末試験⇒詳細は省略します!

-------------------------------------------------

ファイナンスについては全くのド素人でしたが、本講義を通じて、ほんのサワリだけかもしれませんが、ファイナンスの基礎について非常によく理解できたと思っています。教授!本当にありがとうございました。

バンドーです!(⇒似てね~)の巻

下記は718()の講義報告のつづきです。

-------------------------------------------------

土曜3~5限:ファイナンス応用研究⑩⑪⑫

1)グループ課題「企業の資本コストとその利用」「警備保障会社の買収価値」のレポートの中から、教授が選んだいくつかのレポートについてプレゼンテーション&質疑応答が行われた。⇒詳細は省略します!

2)Excelを使った「FCF予測と要約財務諸表」の演習を行った。⇒詳細は省略します!

3)バンドー化学の元CFO 福永久雄氏のゲスト講演が行われた。内容は「バンドー化学の紹介とM&Aの実例紹介」。印象的な内容は下記の通り。(ただし、内容が内容なだけに、あまり詳細には書けませんが...)

TRI社からのコンベアベルト事業営業権の譲渡受けのウラ・オモテに関する講演。

・営業権という目に見えないもの対価をどう評価したか?⇒営業権譲渡による年間の収益改善額の悲観値を予測し、その2年分相当額をベースに交渉を進めた。

・最終的には、2年間相当額+αで決着した。⇒+αを支払ってでも、ある製品の特許・ノウハウおよびI社との共同開発権が欲しかった!

・営業権譲渡受け後、販売高は約125%にアップ。業界シェア35%。(国内トップ)

・まとめ:①M&Aは経営戦略/事業戦略上の選択肢の一つ、②目的と目標の明確化と共有化、③コンサルを使うのは我々の方だ!、④教科書や正解の無い事に答えを出す、⑤説明責任は根拠性と説得性、⑥戦略・戦術上の不備、リスクは早い決断力と行動でリカバリー

-------------------------------------------------

今週末はファイナンスの期末試験...ちょっと不安だ。持ち込み可能らしいので、しっかり頭を整理してのぞみたいと思います!

ボケナス+役立たずな私...の巻

下記は74()の講義報告のつづきです。

-------------------------------------------------

土曜3~5限:ファイナンス応用研究⑦⑧⑨

4)「カネボウ株式買取価格決定申立事件」に関する講義があった。印象的な話は下記の通り。

・法的な株式の評価方法として、DCF法が採用された事例。

・本事件の争点は「永久成長率」と「割引率」の考え方の相違。

・鑑定結果は、過去10数年の間の年間小売販売額が減少していること等を理由に成長率を0%に設定。これに対し原告は、実質のGDP成長率2.1%を主張。

・また鑑定結果は、高度成長期を含む1955年から2005年までの統計データをもとに割引率を8.5%に設定。これに対し原告は、金融実務家が挙げている36%を主張。

・原告は「成長率は短期データに基づき、割引率は長期データに基づいている」という鑑定結果の矛盾についても指摘している。⇒本事件はいまだ決着がついていない。

5)「企業価値評価②乗数法」に関する講義があった。印象的な話は下記の通り。

EBITDA:税・金利・償却前利益(Earnings Before Interest, Tax, Depreciation and Amortization)⇒EBITDAはキャッシュフローの源泉!減価償却の方法や投資サイクルの局面に左右されない!

EV/EBITDA倍率=Enterprise Value(企業価値-非営業用資産)÷EBITDA

6)ケース「財務分析、株価分析、乗数法による価値評価」に関するチーム演習があった。

・投資ファンドの投資対象企業の特徴は?⇒①現預金・有価証券比率が高い、②有利子負債比率が低い、③PBRが低い(割安かも?)、④ROEが低い等

・企業価値や株式価値を評価する方法は、DCF法と乗数法である。

・乗数法(類似会社批准方式):株価指標や価値指標を同業他社と比較する方法。シンプルでわかりやすい。代表的な方法としてPERPBREBITDA倍率がある。

PERが高ければ、投資家は利益水準に比べて株価を高めに評価していると言える。

PBRPrice to Book Value Ratio:株価純資産倍率)=株価÷一株当たり純資産⇒純資産を下回る(PBR1を下回る)評価しかされていない企業は、過去から蓄積されてきた資金を上手く活用できていないことになる。将来性が乏しい、あるいは投資家が現状の経営を疑問視しているという解釈もできる。

-------------------------------------------------

そういえば、この講義ですが古いシラバスを見ていたことに5限目になって気付きました...ああ、やってもうた。という訳で、バンドー化学の決算短信を予習していたのですが、これも水の泡。事前課題やってない...しかし!ここでも「めくるめくくめ」リーダーの分析力と影の家電マニアAさん(ひょっとしてブログ見てます?)の情報収集力に助けられました。本当にありがとうございました。(他のメンバーの皆様もありがとうございました)

ファイナンスって面白い!の巻

下記は74()の講義報告のつづきです。

-------------------------------------------------

土曜3~5限:ファイナンス応用研究⑦⑧⑨

1)DCF法と現在価値」に関する講義があった。印象的な話は下記の通り。

 Valuation価値評価:将来の(確実・不確実な)CFが現在いくらの価値をもつか(現在価値)を算出すること。基本的な考え方はDCF法として完全に確立された。 

 ・現在価値の計算:Excelの活用(関数⇒財務⇒NPV

 DCF法:定率成長モデルPVCFの期待値EC1÷(割引率ρ-成長率g)⇒よく使われる!例えば、ブランドのある会社は安定した収益が見込め(EC1が大きく)、リスクが低く(ρが小さく)、成長率が高い(gが大きい)ため、価値評価が高くなる。

 ・定率成長モデルは、割引率や成長率のちょっとした違いによって、価値評価の結果が大きく変わるので要注意!

 ・今3年目、4年目から永続的に55億のCFを生み出す場合の継続価値TV55÷(1+r)^3÷rrは割引率)

 ・予想株価収益率(予想PERPrice Earnings Ratio)=株価÷予想1株当たり利益(予想EPS

2)「企業価値評価①DCF法」に関する講義があった。印象的な話は下記の通り。

 ・企業価値=事業価値(FCFの現在価値)+非事業資産価値(余剰現金、遊休地などFCFを生まない資産の価値)

 ・負債の継続価値と株式の継続価値を加算して求めた企業価値とFCFWACCで除して求めた企業価値は等しくなる。⇒よって、企業価値を上げるにはFCFを上げるか、WACCを下げる!

 ・最も標準的なFCFの定義:FCF=税引後営業利益+減価償却-運転資本増加額-設備投資額(投資支出)⇒グローバルスタンダード!

3)M&Aと企業価値評価」に関する講義があった。印象的な話は下記の通り。

 ・デュー・ディリジェンス:投資家が投資対象の適格性を把握するために行う調査活動全般のこと。

 ・外部アドバイザーは対価を払って使うもの、言いなりになるのでは意味が無い。専門知識が豊富だからといって、外部アドバイザーの意見を鵜呑みにしてはならない。最終的に判断するのは自分であり経営陣である。そして株主への説明責任がある。

 PMI(Post Merger Integration):買収後の企業価値増大に向けた統合作業を促進する一連のプロセスのこと。

-------------------------------------------------

つづく

祝100回記念!の巻 

今回で記事100件目です...目標は500回記念!下記は627()の講義報告つづきです。

-------------------------------------------------

土曜3~5限:ファイナンス応用研究④⑤⑥

2)「大阪ガスの資本コスト経営」に関する講義があった。印象的な話は下記の通り。

・大阪ガスは、エネルギー事業における競争が激化する中、20033月期から資本コストを織り込んだSVAと呼ぶ独自の経営指標を導入した。⇒「事業の取捨選択基準の統一化」と「株主重視の考え方を根付かせること」が狙い

SVAShareholder’s Value Added)株主付加価値:税引き後営業利益から、投下資本に加重平均期待収益率を乗じた額を差し引いた数値。

・会計利益が黒字でも、企業は株主に資本コストが支払えるとは言えない。株主の資本コストを上回る成果を出して、はじめてすべての利害関係者に報いたと言える。SVAは株主の資本コストまで考慮した価値指標。

・企業活動の成果が投資家の資本コストを上回ると価値創造。SVAがプラスであれば、価値が付加されたと考えられる。

SVAを高める方法は利益を増やすことと、資本コストを下げることである。資本コストを下げるための方法として、投下資本を少なくすることに目がいく。その結果、無駄がなくなり、資産効率が高まる。

・大阪ガスは、SVAを浸透させるのに①会計システムの整備、②投資決定基準を意識、③社内勉強会、④IR等での協調を行った。

SVAの短所①:資産効率にばかり目が行くと、無駄やリスクを忘れてしまう。一見、無駄に思えるものが、企業の収益源になったり、リスク回避に役立ったりする。また、資金面で取引先との関係を悪化させることもある。

SVAの短所②:SVA1年間の短期的な指標である。そのため、どうしても近視眼的な意思決定を行いやすくなる。⇒ゆえに大阪ガスは、比較的長期的な投資案件についてはNPVで判断している!

・株主重視の経営を実践し、企業価値を高めるためには、コーポレートファイナンスの理論が教える通り、資本コストを経営指標に実質的に組み入れていくしかない。

3)後日、下記用語について調べた。

・ボラティリティ:証券などの価格の変動性。標準偏差で示すことが多い。ボラティリティが大きいとは価格の変動性が大きいことを示す。

・内部留保:今期の税引利益から、税金、配当金、役員賞与など社外に払い出される分を差し引いた残りの部分のこと。企業内に留保され再投資される。

-------------------------------------------------

いろいろ教えていただきましたが、要は「資本コスト」「CAPM」「WACC」について理解すること!と勝手に思っています。 

※アレイさん、誕生日おめでとうございます!(先日の打上げではお祝いできませんでしたが...)

私をリコヤンと呼ぶなら、彼はリーマン?立志伝?の巻

ブログに強力リンク貼りました。その名も「サラリーマン立志伝」。知ってる人は知っている。知らない人は是非見てみてねん。これにて09MBA同期生の「ブログ部」正式立ち上げです!イエス!が、部員2名...部長と副部長のみ。サブいな~。部員募集中です!(新米課長?アサヤン?)

ちなみに「サラリーマン立志伝」は、本ブログより非常にわかりやすく授業の内容について纏めていますので、マジメな方は是非「サラリーマン立志伝」を参照下さい!(私のブログは、まあ暇つぶし程度で...)

さて、下記は627()の講義報告です。

-------------------------------------------------

土曜3~5限:ファイナンス応用研究④⑤⑥

1)「リスクとリターン:ポートフォリオとCAPM」「資本コストの推定」「資本コスト経営」に関する講義があった。印象的な話は下記の通り。

・資本コスト=投資家の期待収益率=DCF法の割引率=無リスク利子率(国債の利回り)+リスクプレミアム(リスクを負担することに対する報酬)

・平均が期待収益率、分散がリスク⇒リスク単位あたりのリターンで比較する!

・ポートフォリオ:複数の証券や資産の組合せ⇒うまく作るとリスクが小さくなる!

・分散投資は株主に任せ、企業は選択と集中に徹すればいい。(教授)

・ベータ係数β:TOPIXの変動率を1とした場合の個々の銘柄の変動率。⇒(参考推定値)保険会社1.82、サービス1.14、食品0.49、医療品0.42、電力ガス0.13

・資本資産評価モデルCAPM:個別資産のリスクとリターンの線形関係。株式資本コスト=無リスク利子率+β×マーケットリスクプレミアム ⇒式を覚えること!

CAPMの意味:個別株式はマーケットに連動していることがわかる。βが大きい証券はマーケットよりも変動が大きいという意味でハイリスク、βが小さい証券はマーケットよりも変動が小さいという意味でローリスクと言える。

・無リスク利子率:国債10年物利回りを採用することが実務的には最も多い。

・マーケットリスクプレミアム推定値=TOPIX平均収益率-国債10年物利回り平均

・加重平均資本コストWACC:負債比率×負債コスト+株式資本比率×株式のコスト

-------------------------------------------------

つづく

ちょっと、パない(ハンパない)んですけど...巻

下記は620()の講義報告つづきです。

-------------------------------------------------

土曜3~5限:ファイナンス応用研究①②③

2)「財務分析と財務戦略」に関する講義があった。印象的な話は下記の通り。(つづき)

・税・金利・償却前利益EBITDAEarnings Before Interest, Tax, Depreciation and Amortization)=営業利益+減価償却 ⇒キャッシュフローの源泉!

・インタレスト・カバレッジ・レシオ:フローの支払い能力の指標。ICレシオ=営業利益÷支払利息 ⇒ICレシオが継続的に低下し、恒常的に1を下回るとデフォルトの可能性が高くなる!

・負債比率が低ければ低いほど、またICレシオが高ければ高いほど格付けは高い。

・マージン利益率と回転率にはトレードオフの関係がある。どちらを目指すのか?

3)田崎真珠の取締役 飯田隆也氏のゲスト講演が行われた。印象的な内容は下記の通り。(ただし、飯田氏は現役の取締役のため、あまり詳細には書けませんが...)

・内容は飯田氏が2003年に田崎真珠へ移ってからの経営再建に関する話がメイン。

・キャッシュフローの重要性:①企業のステークホルダー(重要な順に顧客→債権者→社員→株主→経営者)はキャッシュでしかつながっていない。②キャッシュフローは企業の血流である。③ファイナンスはサポートするスキームにすぎないため、主役になってはいけない。

・サハダイヤモンドが大量に田崎の株式を購入し始めた頃から、ある銀行が経営状況の悪化に気付き始め、その半年後には多くの銀行が融資をとめた。主な原因は過剰な在庫と固定資産であったため、その後氏はファンドと共にその処理に奮闘した。

4)後日、下記用語について調べた。

WACCWeighted Average Cost of Capital加重平均資本コスト):負債コストと株式のコストを、負債比率と株主資本比率でウェイトづけて足した値。総資本コストやワックと呼ばれることが多い。

CAPMCapital Asset Pricing Model資本資産評価モデル):企業の総資本コストを求める標準的な方法。式で表すと(株式のリスク・プレミアム)=β(マーケットのリスク・プレミアム)。キャップエムと読む。

MMの無関連命題:ノーベル経済学賞を受賞したモジリアーニ教授とミラー教授は「企業価値は資本構成と無関連である」と主張した。

IRRInternal Rate of Return内部収益率):投資の収益率。IRRと呼ばれる。

-------------------------------------------------

ファイナンス応用研究は噂以上に面白く、そしてハードそうです。しかも、ゼネと違って講義内容がスッとは入ってこないため、予習&復習がメチャ大事になってくると思われます...っていうか、この事前課題の量はハンパない。もう笑うしかない?(笑う門には...?) 

得意科目は体育ですけど(開き直ってますけど)、何か?の巻

下記は620()からスタートした「ファイナンス応用研究」の講義報告です。

-------------------------------------------------

土曜3~5限:ファイナンス応用研究①②③

1)「コーポレートファイナンス概要」に関する講義があった。印象的な話は下記の通り。

・将来のことを予測するためには、リスクと時間を調整する必要がある。⇒DCF:Discount Cash Flow法の活用!

・企業価値評価の流れ:2000年代に入り、日本企業の間にもEVAEconomic Value Added経済負荷価値/資本収益から資本コストを差し引いた値)やEVAに類似した経営指標(大阪ガスのSVA、松下電器のCCM、三菱商事のMCVAなど)の導入が盛んに行われている。

・キャッシュフローの重要性:デルは投下資本利益率ROICとキャッシュコンバージョンサイクルCCCCash Conversion Cycle=売上債権日数+在庫日数-買掛債務日数)の数値目標を導入!⇒松下電器の財務改革もエッセンスは同じ

・資本コスト:お金を調達するコスト。資本の機会費用。投資家にとっては期待収益率や割引率 ⇒負債に対する利子や株式に対する配当+キャピタルゲインなど

・日本の株式市場で外国人投資家が定着。投資主体別では現在、外人持ち株比率が最も多い。外人投資家の投資動向が株式市場を左右すると言われる。

・なぜ株主が文句を言うのか?⇒株主は収益配分が最後にまわってくる。言わば、5人兄弟(取引先・従業員・債権者・政府・株主)の末っ子のようなもの。 ⇒声を大きくしないと収益がまわってこない恐れがある!

2)「財務分析と財務戦略」に関する講義があった。印象的な話は下記の通り。

・モノ言う投資家の例:スティール・パートナーズの「ノーリツ/企業価値向上のための提言」「江崎グリコ/企業価値向上のための提言」

・レバレッジ(負債比率):負債利用のメリットは①節税効果、②経営の規律づけ、③ある条件下ではROEが向上、④株式発行より手続きとコスト面で有利。一方、負債利用のデメリットは①倒産コスト、②フレキシビリティの欠如、③格付低下による資金調達制約。

PBRPrice Book value Ratio:株価÷純資産簿価)やM/Bレシオ(時価簿価比率Market to Book Ratio:(株式時価総額+負債簿価)÷総資産簿価)が高い企業はグロース株(将来の成長が期待できる株)、反対はバリュー株(割安株)と呼ばれる。

-------------------------------------------------

午前中の財務会計に加えて、この講義もヤバい匂いが...話が速すぎてついていけない...まさに苦手科目のオンパレード。こ、これはマズい...でも、あれ???私の得意科目って何???...私の得意科目は...ズバリ体育です!(小学生か!)つづく...

その他のカテゴリー

リコヤン(cchii)と環境経営 | リコヤン(MBAおじさん)とグローバル戦略 | リコヤン(MBAおじさん)とマーケティング | リコヤン(MBAおじさん)と人材マネジメント | リコヤン(MBAおじさん)と組織行動Ⅰ | リコヤン(shimicchoro)と戦略マネジメント | リコヤン(めくるめくくめ)と会計制度 | リコヤン(居眠り王)とネゴシエーション | リコヤンとM&A戦略 | リコヤンとRST | リコヤンとまさお | リコヤンとやさしい経済学 | リコヤンとアントレプレナーファイナンス | リコヤンとイノベーションマネジメント | リコヤンとオペレーションズマネジメント応用研究 | リコヤンとグローバル戦略 | リコヤンとケースプロジェクト研究 | リコヤンとコーチング | リコヤンとサーベイリサーチ法 | リコヤンとゼネラルマネジメント | リコヤンとテクノロジーマネジメント | リコヤンとテーマプロジェクト研究 | リコヤンとネゴシエーション | リコヤンとパリ | リコヤンとビジネスエコノミクス | リコヤンとファイナンス | リコヤンとフットサル部 | リコヤンとブリュッセル | リコヤンとブログ部 | リコヤンとマネジメントコントロール | リコヤンとマーケティング | リコヤンとロンドン | リコヤンと上海 | リコヤンと事業創発マネジメント | リコヤンと人材マネジメント | リコヤンと修士論文 | リコヤンと公益事業経営 | リコヤンと博士論文 | リコヤンと台北 | リコヤンと品質管理 | リコヤンと地震関連情報 | リコヤンと定性的方法論研究 | リコヤンと沖縄 | リコヤンと特別講義 | リコヤンと独り言(DBA) | リコヤンと第二論文 | リコヤンと管理会計勉強会 | リコヤンと組織行動Ⅱ | リコヤンと経営戦略応用研究 | リコヤンと統計解析応用研究 | リコヤンと製品開発マネジメント | リコヤンと財務会計応用研究 | リコヤンの今週の予定 | リコヤンの独り言 | リコヤン(shimicchoro)と国際経営